123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2015-03-07 (Sat)
このブログをご訪問いただいてありがとうございますvv
京都にハマって以来、こちらの「古都ふらり」に京都情報を書き綴っておりましたが、
最近のパソコンの画面がえらくデカいので、それに合わせて写真サイズも大きく
しよう!!と思い立ちまして、下記のURLでリニューアルオープン(?)しました。

http://hanagasumi39.blog96.fc2.com/

ブログタイトルも 「古都ふらり~近畿拡大版~」 と安直に改めて
遊びに行ったところで「ええなぁ」と思うところがあればどこでも紹介するという
無節操さが加わっております( ̄∀ ̄)
(ついでにHNも「さくゆずき」から「すずめのしもべ」に成り下がりました。)
記事数はまだまだ少ないですが、今後ともよろしくお願い致しますvv
スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-07-12 (Sat)

ただ今、山鉾町では鉾建てが行なわれていて、着々と宵山の準備が進んでおりますvv
巡行では見られない骨組み部分やけど、縄の結び目もまた芸術的!


14時、函谷鉾から鉾の試し曳きといいますか「鉾曳き初め」が行なわれます。
若い頃は鉾曳きたさに炎天下の中、1時間前から待ち続けるという根性を
見せておりましたが、おばちゃんとなった今そんな体力気力があるはずもなく
5分前に行きました。当然やけど曳けませんわな~


狭い通りで行なわれる菊水鉾の鉾曳き初めはこんなド迫力の光景です。


あう、電柱に激突!!


私も鉾曳きに混じり込むことができたぁ(≧∀≦) 棚ボタ♪


でも何と言っても注目度が高いのは生き稚児を乗せて巡行のトップを行く長刀鉾!
あんだけいろんなところでテレビカメラが撮影してたのに、結局ニュースで使われるのは
長刀鉾の映像だけやしな(゜A゜;)
ここは人の数が半端なくて縄に近寄れもしなかった;
長刀鉾を曳くには他の鉾曳きを諦めて、長刀鉾の前で待ち続けとかなあかんね。


泰平の舞、近くで見ると恐ろしい角度です。
落ちる、その角度、手離したら絶対落ちるっっ!!
どーでもいいけど、
私の後にいたカップルが「花魁かわいいなぁ」とつぶやいてるのに
「吉原か!!」と心の中でタカアンドトシがひたすら叫んでいた。
稚児です。稚児なのですよ。


信号を折りたたむのも祇園祭ならではの光景。
* Category : 祇園祭
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2014-06-07 (Sat)

今日は雨やし、観光するには微妙やなぁ~と思って四条大橋を歩いてたら
うどん博物館なるもののビラを貰ったので好奇心全開で行ってみました。
なんでも全国のうどんが味わえるらしいですよ!
うどんに関する展示やおみやげ売り場もあり、まさに博物館!!!


入口こそ狭くて「ほんまに博物館かいな?」って疑ったりもしたけど
中はこんな感じで「京都的古民家」って感じ。
席数はめっちゃ多いけど、それでも満席という盛況ぶりです。
会話に聞き耳をたててると、コアなうどん好きも多く来てはるようです。


これだけの種類のうどんがあると何を食べようかめっちゃ迷う。
悩んだ末に群馬県の「おっきりこみ」といううどんを選びました。
値段は1000円~1300円ぐらいで、うどん1杯にしちゃ高い気もするけども
わざわざ現地に足を運んで食べることを考えたらまあ安いよね。

17時まではうどんを1杯注文した人に限り、1/3サイズのうどんを300円で追加
することもできるようですが、普通にお腹いっぱいで食べられへんわ( ̄▽ ̄;)
もっと胃袋の許容量が大きければ食べ比べしたかったナー。
17時以降は食べ放題もあるみたいですよ!
次はうどんスイーツも食べてみよう。
* Category : グルメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by みりおじ
へぇ~、中はこんなになっていたんですね。

最近、うどんのゆるキャラも付近に出没していたので、
気にはなっていました。

ラーメン博物館などではしごするかたもいますが、うどんは
なかなかはしご(というかここの場合は複数、ですか)できそうもありませんが面白そうですね。

情報、有り難うございました。

京都でうどん? * by TOSSY
京都でうどん ですか
多さKァならともかく 京都 何かぴんときませんわ
京都でうどんを食べたのは一度だけ 松葉で食べました
柔らかくてほそいうどんでした
讃岐のとはえらい違うなぁと思って食べましたよ

個別記事の管理2014-05-04 (Sun)
京都のお祭り大好きな私ですが、その大好きな京都のお祭りを差し置いてでも
毎年見に行ってるお祭りがあります。
それは

御影だんじり祭


御影にある弓弦羽神社の祭礼です。
羽生弓弦選手が「自分の名前に似てる」ってことでゲン担ぎに参拝して
金メダルを取ったってことでテレビでも注目された神社なので
ご存知の方も増えたのではないでしょうか?

とにもかくにも今日は御影が1年で一番熱くなる日なのです。


宮入では「とばせっ!とばせーーーっっ!!」という掛け声とともに
だんじりが石段に向かって猛スピードで突っ込んでくるので
最前列で見てるとめっちゃスリルがあります(*゜∀゜*)


屋根の上ではハタキのような棒を持った兄さん達が踊ります。
御影っ子なら一度はこの屋根方の兄さんに憧れ、家の掃除用ハタキを持って
踊った経験があるハズ・・・・ってそんなんしてたん私だけかな??

 
弓場のだんじりだけは、屋根方は棒ではなく扇子を持って踊ります。
ここは命綱つけないんですよー(゜Д゜;)
いつも踊ってる方がいなかったので代替わりでもされたのでしょうか?
てゆーか砂ぼこり凄い!油断するとカメラやられちゃう!
(↑ 数年前に砂埃でカメラ1台ブッ壊れた)


御影の街中は2日間だんじり囃子でにぎやかになります。
阪神百貨店のBGMすらだんじり囃子なのが、街全体でだんじり祭を楽しんでる
感じがにじみ出ていて和みました( ̄▽ ̄)

* Category : 兵庫の旅
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

だんじり大好き * by TOSSY
こんにちは 弓弦羽神社のお祭りに行かれたのですね  私は何年か前5月4日に岡本で各地区のだんじりが一同に集まるだんじり祭には行ったことがありますが 神社のは住吉さんのに行っただけです
弓弦羽神社には 春浅い頃に行きました
社庭に集結するだんじり いいですね
来年はぜひ行ってみたいです

西宮市山口町のだんじり祭にもぜひ行ってみてください
田園地帯のだんじり いいですよ
http://kannnon.blog11.fc2.com/blog-entry-848.html

Re → TOSSY様 * by さくゆずき
レスが大変遅くなってしまい申し訳ありません。
岡本もだんじりなんですね。
住吉も御影もですし神戸市はだんじりが主流なんでしょうか?
(そういえば神戸で神輿ってあんまり聞かないなぁ・・・)

西宮山口町のだんじりのお写真、拝見させていただきました。
観光化されていない地元密着のだんじりも雰囲気がいいですね!

個別記事の管理2014-05-04 (Sun)
今日は蹴上浄水場のツツジを見て、京都御所にてヨガを嗜みつつ
一本歯下駄をはいてお掃除をし(?!)、そこから下鴨神社の流鏑馬神事を
見に行くという怒涛のスケジュールでGW後半初日をブッ飛ばしてきました!


時間に間に合わないっ!と御所からマラソンしたものの、13時からは本殿で
神事が行なわれるとのことで、実際に流鏑馬が始まったのは14時ぐらいでした。
な・・・なぁんだ(´Д`;)
でも最前列をキープするにはやっぱり11時ぐらいから待たないとダメみたいですね。


待つこと1時間、いい加減に足腰が疲労してきたところで
ようやくお馬さんが馬場に入場し流鏑馬の開始です!!・・・・って


早っ!!!Σ(゜☐゜;)


馬が目の前を通り過ぎたのは一瞬すぎて写真に収まらず。
しかも皆さん身を乗り出して見てるので、人間の頭しか写らず・・・・
場所を変えてみるものの、どこもかしこも人だかりで全く見えんっっ!!(TAT)
終盤にやっと3枚だけまともな写真を撮ることが できました。
一瞬の模様です。

3・2・1







スピード感とパコーンと的が割れる時の音は爽快ですねぇ!
このスピードで走る馬に手放しで乗るだけでもすごいのに、そこから弓で的を
射抜くこの技たるや!!中には高校生の射手もいてビックリw(゜Д゜)w


流鏑馬神事で見事に射られた的は、お守りとして3000円で販売されます。
高っ!!!と思ったけど、並んで購入する人はいっぱいいてはりました。


流鏑馬が終わると一気に人がはけていったけど、その後の行列も平安絵巻と
いった感じで見ごたえがあります!!
人も少なくなったので最前列で楽しませていただきましたよvv


今年は以前に見た時より人が多いなぁという感じがしたのですが、
やっぱり馬年だからかな?
2500円の有料観覧席チケットを購入するのも長蛇の列でした。
これから京都は葵祭に向かって盛り上がっていきますね!

* Category : 行事&イベント
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。