12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2013-05-26 (Sun)

金戒光明寺に行った帰り、なんとなく立ち寄った京都市動物園
京都にハマって7年目にして初めて中に入りました!!



外から動物園の観覧車を見て「古めかしい動物園やな~」と思ってましたが
想像以上に古い動物園だったようで、なんと開園したのは明治36年!!
明治といえば、ザンギリ頭を叩いて文明開化の音が聞こえる時代ですよ(゜Д゜;)
そんな時代に市民の寄付と公費で建てられたそうです。



動物園は昼過ぎに行くもんじゃないな。
動物の大半がやる気なく寝そべり、動物園の花形であるキリンやカバは
建物の中に入って尻しか見えませぬ( ̄▽ ̄;)



今回ここに入ろうと思った理由でもある、ニシゴリラの赤ちゃんです。
ああ・・・・見れてよかった!!
ゴリラも睡眠中だったらもう何を見に動物園に来たんだか(笑)



父親のモモタロウ、動作や表情が人間のオッサンにしか見えないのは私だけ??



ゾウの美都は私よりもずいぶんお姉さんのゾウでした!!
ゾウの寿命って何年ぐらいあるんだろう・・・・



人だかりができてるから何かと思えば、ジャガーがお食事中でした。
そこには喰い千切られてバラバラになったニワトリさんの姿が・・・・!!
無残に飛び散ったトサカや足が凄まじくグロかった!!(T☐T;)


いや~動物園なんて久しぶりでなんか新鮮でした。
スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (左京区)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2011-03-06 (Sun)
 【宗 派】 臨西宗南禅寺派
 【山 号】 霊芝山
 【本 尊】 釈迦如来坐像(源信 作)
 【創 建】 1280年
 【開 山】 大明国師

【光雲寺の歴史】
 ★1280年、大阪の天王寺に建てられたが戦乱で荒廃。
 ★江戸時代、南禅寺の英中禅師が「この寺を京都に再建したい」と
  後水尾天皇と東福門院に相談をもちかける。
 ★1664年、現在地に光雲寺が完成。
 ★明治時代、廃仏毀釈で寺地を縮小




光雲寺は東福門院(江の娘)の菩提寺で、
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の放映開始にあわせて
初めて一般公開されました。
南禅寺の塔頭寺院で(南禅寺の境内からは離れてますが)
普段は南禅寺の禅道場として使われているそうです。



仏殿の中には見どころが盛りだくさんです。

 ◆仏像 
   釈迦如来坐像
    光雲寺の本尊。東福門院が寄進したもので、源信の作と言われている。
   弘誓観音
    船をこいでる珍しい観音像で、別名は「船乗り観音」「波乗り観音」
    なんとあの聖徳太子が造ったものらしいです!!
    室町時代には足利尊氏が保管していたのだとか・・・・

 ◆東福門院木造坐像
   東福門院の1周忌に造られた木造の像。
   死後まもなく造られているので、本人の面影がガッツリ
   残っているはず!(71歳で亡くなってるので、若かりし頃の姿かな?)

 ◆東福門院の念持仏
   運慶によって造られた聖観音像。
   厨子に納まってますが、厨子と台座は後から作られたものです。
   天井に龍の模様が描かれた立派な厨子ですよ。
   東福門院は徳川家に生まれ、天皇と結婚したので、
   葵と菊の家紋が彫られています。
   (葵・・・徳川家の紋  菊・・・天皇家の紋)

◆位牌がズラリ!
   東福門院やお母さんの江の位牌があるのはもちろんのこと
   徳川1代から14代までの歴代将軍の位牌がズラリと並んでいます。
   15代将軍・徳川慶喜の位牌がないのは、戒名が無いからとの
   ことでした。


ちなみに東福門院をとりまく関係図はこんな感じ。
省略して書いてますが明正天皇の他にも子どもはいます。



この素敵なお庭、実はちょっと前まで荒れ放題だったそうです。
昭和2年に7代目・小川治兵衛によって造られたものの、
その後誰も世話をしないまま荒れ果てて
つい最近まで放置されていました( ̄▽ ̄;)
2007年、「庭を造りなおそう!」ということになって、
2010年の秋にようやく完成しました。

秋の紅葉が素晴らしいとのことですが、
桜の名所・哲学の道が借景として取り込まれているので
4月もまた華やかな風景を見られるに違いありません!
ちなみに池の水は琵琶湖疎水を通して、琵琶湖の水を引っ張って
いるそうです。

お茶席も用意されているので、お菓子でも食べながら
のんびり庭園観賞するのもオススメです♪



一見ただの土管のようですが、加藤清正が朝鮮から持ち帰った
由緒正しき、メノウの原石でできてる手水鉢ですので
お見逃しのないように!



しかしこのお寺はかなり展示に対してオープンです(笑)
東福門院の遺髪、肖像画、徳川家綱直筆の掛け軸など
「すっげー!」って思うような寺宝が、手に触れられる距離に
ペローンと無造作に展示してあるので、じっくりとお宝を
楽しめますよv(≧∀≦)v



今現在、光雲寺の敷地は1000坪だそうですが、
明治時代の廃仏毀釈で縮小されるまでは
山も含めて5000坪もある大きな寺院だったそうです。

【廃物稀釈】
 明治政府が「神道と仏教を分離させよう!」と神仏分離令を
 出したものの、だんだんと仏教排斥運動みたいになっていき
 全国で寺が潰されたり、仏像が壊されたりした



特別公開期間は2011年3月21日(月)までです。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑お気に召しましたらポチッとお願いします!
  いつも励みにしています♪

【場 所】 京都市左京区南禅寺北ノ坊町59

【最寄駅】 市バス「東天王町」・地下鉄「蹴上」

【拝 観】 非公開

【地 図】 地図を表示

Return

* Category : 観光名所 (左京区)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2010-12-31 (Fri)
お久し振りです。
昨年は「今年、何回更新しましたっけ?」ぐらいの
見事なご無沙汰っぷりであったにも関わらず、
いつも見にきてくださってありがとうございました!
来年の初詣オススメスポット紹介で、
2010年を締めくくらせていただきます。



今回ご紹介するのは平安神宮から歩いて行ける範囲にある岡崎神社。
勘の良い方は既に写真を見てピンときましたよね?!


そう、岡崎神社はウサギの神社!
岡崎神社ではウサギが氏神様の使いだと伝えられているんですよ。


こちらは子授けうさぎ像
ウサギは赤ちゃんをいっぱい産むので、子授けのご利益があると言われます。
このウサギさんに祈れば子どもを授かるかしら?
・・・・・・子どもだけ授かってシングルマザーになっても困るけど(笑)
恋愛運も一緒に頼みます!うさぎ様!!!


2010年に建てられた狛犬ならぬ狛ウサギです。
クリクリの赤い目がかわいくて思わずナデナデvv
癒し効果も期待できそう(●´∀`●)
本殿の前にもうさぎ像があって、左側のうさぎが金運担当、
右側のうさぎが恋愛運担当です。
セレブを目指すならどっちもよ~く拝んでおきましょう。


うさぎみくじ・・・・かわええ~


もちろん絵馬だってウサギですよ♪


卯年を満喫するのであれば、
岡崎神社前の道を西に10分ぐらい歩いたところにある、
聖護院八ツ橋総本店で販売されているウサギの餅(?)をおみやげにドウゾvv


では皆様、良いお年を!

【場 所】 京都市左京区岡崎東天王町51
【停留所】 市バス「岡崎神社前」下車
       (203・204・93系統)
【地 図】 地図を表示


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑ランキング参加中☆
  よろしければポチッと投票お願いします♪
* Category : 観光名所 (左京区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-11-03 (Mon)

八大神社は宮本武蔵が吉岡一門と決闘するにあたって参拝した神社です。



宮本武蔵ゆかりの神社だけあって、鳥居をくぐってスグのところには
武蔵のドラマ(かな?)のパネル展示がされてました!



「我れ神仏を尊んで神仏をたのまず」 とは武蔵の有名な言葉ですが
武蔵はここで決闘前に何を思ったのでしょうか?



武蔵のブロンズ像も建っていました。



ガラスで反射して見にくかったらスミマセン。
武蔵と吉岡一門の決闘の場所・一乗寺下り松の「初代」です。
この木は武蔵の決闘を見届けたんでしょうかねぇ~



ちなみにこれが現在の一乗寺下り松ですが、松の木は
4代目で、武蔵VS吉岡一門の決闘の碑が建てられています。



八大神社、一乗寺下り松、狸山不動院と
一乗寺は剣豪・宮本武蔵を感じられる場所ですね。


【八大神社HP】 http://www.hatidai-jinja.com


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

* Category : 観光名所 (左京区)
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

はじめまして♪ * by okayamacity
はじめまして。

武蔵つながりでトラックバックさせていただきました♪

ぜひこちらにも遊びにきてください♪

* by ゆずき
Re → okayamacity様

はじめまして!トラックバックしてくださってありがとうございます!
この春に初めて岡山に遊びに行ったのですが、「宮本武蔵駅」なんて
あるんですね!知らなかったとは言え、見逃すとは惜しいことを・・・・っ
今度岡山に行く機会があれば、宮本武蔵を辿ってみたくなりました。
その時にはそちらのブログを参考にさせていただきますね!

個別記事の管理2008-11-02 (Sun)
狸山不動院に行ってきました。
山の中になるお寺なので、なかなか足腰にきますね~
入口に到るまでもけっこう坂道が続くのに、本殿に行くには250段の階段を
登らなきゃだめだなんて~(´Д`;)



入口付近にあった弁財天です。
伏見稲荷と竜宮城をかけあわせたような珍しい光景だなぁ・・・と
一瞬わくわくしたものの、その先に続く階段をみてゲンナリ



まあただひたすら階段ってわけでもなくて、途中には狸の置物やら
七福神やら、気を紛らわせるものはあるので思ったよりはしんどくない・・・・かな??
階段の中腹あたりでは弘法大師(迎え弘法)がお迎えしてくれます。
(腰のあたりにぶら下がってるのは小さな草鞋です)
が、この弘法大師、もちろん何をしてくれるわけでもありません。
いっそ上までおんぶして連れてってくれ~!



え?まだ続くの??



ようやく到着です!・・・っ、疲れた~
でも頑張った甲斐はありましたよ。こんな場所があったなんて!
迫力の本殿です!清水の舞台の小っちゃい版みたいですね。



本尊は不動明王だけど、う~ん・・・・なかなか見えない。
本殿内には不動明王パワー念珠なるめっちゃデカイ念珠があります!
それに触って不動明王のパワーを貰いましょう!



咤怒鬼(たぬき)不動明王を「他抜き」とかけて、必勝祈願に訪れる人も
いるようですが、絵馬(?)を見た感じではご利益は病気平癒なんかな?
それにしても本殿からの眺めはイイですねー!
「恋するハニカミ」のロケ地にもなった場所だそうですよ♪



境内も一望できます。
下の方から見ると木でできた大きな弓矢が見えますが、どんな意味が
あるんでしょう?



もう一つの見所は、宮本武蔵が修行したとされる滝です。
武蔵が吉岡清十郎一門と決闘することになった時、ここの滝に打たれて
なにやら心の悟りを得たようです。
この話を聞いて「武蔵が修行?!どんな滝なんやろ?」と思って来たんですど
・・・・・・ちょろちょろ?
そんな「ぬぉぉぉぉっ!!!!」て打たれる感じの滝じゃなくて、静かに心を落ち着かせる
感じの滝でした・・・・ってかあれは滝?



衣食住の神様が祀られる三社大明神の前にはタヌキがずらり!



男厄坂は42段、女厄坂は33段の階段です。
42と33は男女それぞれの大厄の年齢ですね。
男厄坂が花で飾られてるのは、翌日から行われる「はんなり花階段」って
イベントの準備がされていたからです。


この狸山不動院、10回訪れたら健脚証明書がもらえます。
足に自信がある方はスタンプを10個ためて証明書をGetしましょう!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、この記事がお気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【拝観時間】  9:00 ~ 16:00 (年中無休)
【拝観料】 無料
【駐車場】 有(無料)
【URL】 http://www.tanukidani.com

Return

* Category : 観光名所 (左京区)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。