123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-04-29 (Tue)

延々と続く鳥居の下を歩き、いよいよ山の中に入ります。
これだけ鳥居があれば、地図が無くても迷いようがありません!


観光情報誌や参道商店街の地図に載ってない場所にも
ちょこちょことこんな場所があります。寄り道寄り道♪


しばらく行くと新池があります。そして新池のほとりにあるのが熊鷹社。
奥社からの第一チェックポイントといったところでしょうか。
ベンチや売店があるので池を眺めつつ一服するのもいいかもvv


ここのご利益は勝負事。
人生で勝負をかける日がきたら、ここにお参りしに来なくてはですね!
蝋燭の灯りに照らされるお稲荷さんは神秘的なような怖いような・・・・・


熊鷹社の周りには稲荷塚が集まっていて、まるでお稲荷様の集落です。


熊鷹社からは本格的に上り道。
階段が続くので運動不足さんな私はヒィヒィでしたよ( ̄▽ ̄;)
でも三ツ辻からは食堂もあるので、休憩場所には事欠きません。
なかなか眺めも良さそうvv
やっぱりというか、メニューにはきつねうどんといなり寿司が(笑)


歩いては止まり、歩いては止まりをくり返して、ようやく四ツ辻に到着。
ここは稲荷山で一番眺めが良いポイントです。
この景色を見ていると「登りきった~!」という気持ちが込み上げますが
まだまだ上に続いてるんですよね・・・・(←すでに相当疲れ気味)


四ツ辻は憩いの広場といった感じで、休憩してる人が多いです。
お弁当をお持ちの方はここで京都市を一望しながら食べるのがベストですよ♪


私もこちらの「仁志むら亭」でちょっと一服。


いい眺めの席です。


わらび餅(450円)。疲れた時はやっぱ甘味ですねぇ(*´∀`*)
シロップをかけていただくわらび餅で体力回復です!


これまた涼しげで心惹かれます。
稲荷山をグルッと回って汗いっぱいかいた後にグビッと一気飲み。
最高でしたヨ!!!


ここで体力回復して、再び山を登っていきます。
ただ、具合が悪くなって動けなくなっている方もおられましたので
決して無理はしないようにして下さいね。命あっての信仰ですから!
私が見た時は救急車を呼んでましたが、どうやって患者を下まで運んだんだろ?
担架を担いで下山したのかなぁ


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (伏見区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-04-27 (Sun)

伏見稲荷にやって来ました~!
新緑がキレイなので今日はハイキングがてら「お山めぐり」です。
参道からただようこの観光地っぽい空気!
それだけでなんだかワクワクしてきましたよ!(*^▽^*)


伏見稲荷の参道では、こういった神具を売ってるお店が多いのが特徴的。
あ、ちなみに門前名物の食べ物は「スズメ」と「狐煎餅」です。


楼門の前では大きなお稲荷さんがギラリと目を光らせていました。
でも、まだまだ序の口です。
だって稲荷山には無数のお稲荷さんがいるのですから・・・・・
(正確な数を数えた人っているんやろか?)


さすが全国に約4万社ある稲荷神社の総本宮なだけあって広いですねぇ。


初詣の参拝客の数が全国で5位以内に入ると聞きます。
元旦はきっとここが人で埋め尽くされるんだろうな~(^_^;)


そして、そしてっ
伏見稲荷の一番の見所と言えばコレでしょう!千本鳥居!!!
無数に並ぶ鳥居をくぐって奥社へ向かいます。
ちなみにここで道が二手に分かれてますが、どっちを通っても奥社に行けます。
2つの道が平行してるので、距離的にも違いはありません。


隙間無く並ぶ鳥居に、ただただ圧倒されます(*゜◇゜*)


さあ奥社に着きました。
ここでUターンする人も多いですが、やっぱり折角来たからには
稲荷山一周することをオススメします!


奥社奉拝所の奥にはこんなんがありました。
これからこんな風景を稲荷山のあちこちで目にすることになります。


奥社で人だかりができるのが、この「おもかる石」。
まず灯篭の前で願い事をして、灯篭の上に乗った石を持ち上げるんですけど
その石の重さが想像したより軽ければ願いが叶うって言われてるんです!
や、この石かなり重たいですよ。
こんなことを言ってるってことは、私の願いは叶わなさそうだったということで;


いかにも伏見稲荷って感じですね。キツネ型の絵馬。
原型は細目なのですが、多くの絵馬は目に加工(?)を施されてます(笑)
目元をプチ整形されたいろんなお稲荷さんを見て爆笑させてもらいました!


これはなんでしょう?参拝者が納めた旗でしょうか?
伏見稲荷には思わず目をひかれるものがたくさんあって退屈しませんね。


さて、いよいよこれから稲荷山を登って行きますよ!
長くなるかもしれませんがお付き合いいただけると嬉しいです♪


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

* Category : 観光名所 (伏見区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-04-26 (Sat)
来週の4月29日(火)、14時から城南宮で「曲水の宴」が行われます。
私は去年初めて行きました。


始まる20分前ぐらいに、貴族装束の参加者が出てきてズラリと並びます。
間近でみる衣装はとてもキレイですvv



子ども達、可愛いですね~(≧∀≦)
平安の庭に移動して、これからいよいよ宴の始まりです。



でも、宴を行う方々が庭に入るのを見送っていたら、肝心の宴が
見れなくなったりします( ̄Д ̄;)
結構狭い庭で、人が溢れかえってました。
後ろの方は全くと言っていいほど見えません(TAT)
なのでしっかり見たい方はかなり早めに言って場所取りをした方がいいと思います。


そもそも曲水の宴って何やねん!?という疑問もありましょうか?
この写真ではわかりませんが、庭には小川が流れているんです。
左端に写ってる子どもが川に盃を流すので、その盃が自分の前を通り過ぎるまでに
歌人はテーマに沿った和歌を詠まねばならないのですよ。
なかなかにプレッシャーがかかる遊びですね。
クイズ番組でもこんなんありそう。

てか、現地に行っておきながら宴を肉眼では見れなかったって・・・・
ジャンプしてようやく撮れた写真で、かろうじて宴の様子を知ることができました(笑)



ちなみにこの日は庭園も無料公開されます。


時期的に藤とツツジがキレイですよ。


【城南宮ホームページ】 
http://www.jonangu.com/


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

* Category : 行事&イベント
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-04-24 (Thu)

興味ない方には恐らくほぼ知られていない小さいお寺さん。
実はここ、新選組関連の史跡だったりします。


少し関連することを説明しておきますと
1864年、新選組に伊東甲子太郎(いとう かしたろう)が入隊して
参謀という幹部職に就いたのですが、思想の違いなどがあって
伊東の一派は新選組から分離。高台寺月真院に移ります。
そして新選組局長・近藤勇暗殺計画を企てる伊藤・・・・・・
新選組がそれを快く思っているハズも無く、伊東一派を暗殺しようとします。

【暗殺の手順】
 ①伊東を近藤勇の愛人宅に呼び出し、フレンドリーを装って大宴会!
   伊東をベロンベロンに酔わせておきます。
 ②酔った伊東が帰るところを襲って殺害
 ③その死体を油小路に放置
 ④伊東が死んだとの知らせを聞き、死体を回収しに来た伊東一派の7人を
   17人ほどでとり囲んで殺害


とまあ
この暗殺劇で伊東が絶命したのが、この本光寺の前なんですね。



門前には「伊東甲子太郎外数名殉難之跡」という碑石があります。
門の貼り紙には、「説明書は50円、拝観は100円」と書いてあったので
拝観させて頂きました。


本堂は見ることは出来ませんが、門を入ってすぐ右手に
「伊東甲子太郎絶命の碑」がありました。
伊東は最期に「奸賊ばら!」と叫んで絶命したそうです。
ここには伊東の無念が残っていそうな気がしました。


住職さんが大変親切な方で、丁寧に当時のことを説明して
下さったんですよ(≧∀≦) なんと手作りのパネルまで登場!
写真を撮らせていただけるとのことだったので、お言葉に甘えてパチリ☆
大河ドラマ新選組!で伊東甲子太郎役を演じられた谷原章介さんと
藤堂平助役の中村勘太郎さんが本光寺にお参りに来られた時の
写真だそうです。

◆見学についての注意◆
住職さん、お腰を悪くされてるようでして歩くのも大変そうなので
決して無理を言ったりしないようにして下さいね(>_<)
見学には気遣い・思いやり・礼儀を必携でお願い致します!

冷やかし訪問防止という点から、今回は場所についての詳細は
明示しませんので悪しからず。



新選組と伊東派の激闘があったのはこの付近でしょうか。
翌朝、現場には死体や人間の手指が散乱して、壁には髪の毛がついたままの
肉片が張り付いていたそうですよ(´A`;;)
ひぃー・・・・・


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


* Category : 幕末史跡
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-04-21 (Mon)

岸では担ぎ手の方々が神輿の到着を待っています。


神輿が岸に近づいたら、担いで引き上げていきます。


再び神輿は陸を移動。
って言っても、河原にある斎場に移動するだけですけどね。


斎場まであとちょっと!威勢のいいかけ声が響きます。


川を渡り終えた後、盛り上がりは最高潮でした!


斎場に着いて神輿を置いた瞬間、「わぁっ」と歓声と拍手が起こります。


斎場には大宮社・月読社・櫟谷社・宗像社・三宮社・衣手社・四之社の
6基の神輿がズラリと並びます。
これは斎場祭の時に撮った写真なので、神輿のまわりに人がいませんが
斎場祭が始まる前は神輿に近づくこともできますよ♪
記念撮影する人で賑わってました。


6基が揃ったらすぐに斎場祭が始まりました。
まあ、内容的には神主さんが祝詞をあげるアレですよ。
青年会の会長さん達は参加していましたが、他の方々は休憩中。
力尽きて横たわってる人、ビールで一杯やってる人など、いろいろです(笑)

式典が終わったら即出発。
一番最後に到着した青年会は大変ですね(^_^;)休憩時間、少なっ!





これから神輿は各御旅所を目指します。
疲れたので追いかけるのはここまでにしましたが、神輿が御旅所に到着するのは
18時だとか!!!本当に1日がかりのお祭りで見ごたえがありました。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪
* Category : 行事&イベント
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-04-20 (Sun)
松尾大社神幸祭に行ってきました・・・・が、


松尾大社に到着した時には神輿が出発するところでした。


隣にいたおじさんが「これが最後の神輿だよ」と教えてくれたので
慌てて神輿を追っていきました。
あぁ~まだ松尾大社に参拝もしてないよーー(T◇T;)


神輿は2基ずつ移動していくそうです。
これから桂大橋を目指して歩いていきます。あ・・・暑い(´A`;)
担ぎ手の方もハンパなく暑そうでした。
ちなみに松尾大社前に「湯茶のお接待処」なるものがありましたが
そこを過ぎれば桂大橋まで休憩なしで神輿を引いていきます。大変だぁー(>_<;)


神輿にひっついて1時間近く歩いてきました。
ようやく桂大橋に到着です。
さて、これからがこのお祭りの見所ですよ!


なんとこの神輿、川を渡っていくのです!!!
担いだまま渡る?いえいえ、そんなことしたら溺れてしまいますから・・・・


こうして舟に乗せて向こう岸に渡すんですよ。
船頭さんがうまいこと、持ち上げられた神輿の下に舟を滑りこませます。
ちなみにこの舟、保津川下りに使われている舟だそうですよ。


無事に舟が乗りました。


担ぎ手の方々は川からあがって、先に舟で向こう岸に渡ります。
こちらの舟はモーター付で速い速い!


神輿を乗せた舟も後から出発。
船頭さんが棒で漕ぐのですが、神輿の重みですごくバランスが悪そうでした。
舟が左右にフラフラ揺れてます!!!!
おまけに昨日までの雨で川の水は多いし、風もけっこう強い・・・・だ、大丈夫??!
それでも転覆させずに川を渡っていく船頭さんのテクに惚れぼれデス(´∀`*)


こうして神輿は向こう岸に渡っていきます。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


【日時】 4月20日以後の日曜日
【URL】 http://www1.neweb.ne.jp/wa/matsuo/index-1/index.html

Return

* Category : 行事&イベント
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-04-19 (Sat)
「京都のラーメンの元祖」といった噂を聞いて、哲学の道への
お花見ついでに立ち寄ったのですが、本店と思われる店舗は
あいにくの定休日!!!(TAT)
だもんで、バス停銀閣寺道の真正面にある白川店に入りました。



食事時にはまだ早いというのに、店内には既に10人ぐらいの
列ができていました!さすが評判のお店です。
座席数は少なくて、10席程度のカウンター席とテーブルが2つ。
多くても20席ぐらいだったように思います。
なんか人がみっちみちに入ってる印象が・・・・
でも、「こりゃ相当待つなぁ( ̄◇ ̄;)」と覚悟したんですけど
回転が速くて20分ぐらいでラーメンにありつけました♪



ラーメン並(600円)です。
こってりラーメンと聞いていたものですから、もっと脂がドロッとした感じの
スープを想像していたのですが、浮いてる脂の量にしては喉ごしはサラリとしてました。
脂がこってりというよりは、味がこってりなのかな?
私には結構辛いスープで、ちょっと喉が渇く感じに思われました。
けど・・・・・辛いと思いつつも飲み干してしまうんですよね(´▽`;)
味は間違いなく絶品ですvv
チャーシューも引き締まってる~♪

調味料も充実してましたが、やっぱそのまま味わうのが美味しいハズ!
隣に座ってたおっちゃんは、奥さんが「かけすぎとちゃうの?」と止めるのも聞かず
「全部入れんと気がすまんのや」と、ありとあらゆる調味料を麺が隠れるぐらい
ふりかけて食べてましたけど、さすがにあれは全く別モノのラーメンに
なってたやろなぁ・・・・凄かった!(笑)


「ますたに」は東京にも店舗があるそうなので、関東圏の方も
ゼヒ味わってみて下さい☆


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、「美味そ~(´∀`*)」と思われましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【店名】 ますたに白川店
【場所】 白川通沿い・銀閣寺道バス停前(スミマセン、住所わかりません)
【地図】
    
大きな地図で見る
     画面中央のバス停のところです


【店名】 ますたに(本店?)
【場所】 京都府京都市左京区北白川久保田町26
【営業時間】 10:00~19:00 売り切れ次第閉店(←さすが!)
【定休日】 月曜日、第3火曜日

Return

* Category : グルメ
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-04-18 (Fri)
今年の展示テーマは女房装束でした。
女房装束、とっても華やかでしたよvv


これは「投扇興」っていう遊びの模様です。
今でもお座敷遊びに残ってるとか聞いたことがあります
御所の説明板によると
『台の上に「蝶」と呼ばれる銀杏の形をした的を立て、少し離れたところから
 開いた扇を投げてこれを落とし、扇と的の落ちた形を源氏五拾四帖になぞられた
 図式に照らして採点し、優劣を競う遊戯』

とされていました。
単に的を落とせば勝ちじゃないんですね。
源氏物語になぞられた図に照らすってあたりが、なんとも雅な遊びです。
でも、扇を的に当てるだけでも相当難しそう・・・・(´ー`;)



こちらは「投壷」という遊びです。



その字が表す通り、壷に投げるんです。
中央の壷に矢を投げてより多く壷にシュートできた人が勝ち☆
こちらのルールは単純明快ですね。現代でも白熱しそうな遊びです。



以上紹介したものは諸大夫の間に展示されていたものですが
小御所には様々な女房装束が展示されていました。



采女・・・・天皇の陪膳の時などに着る


小袿・・・・普段着。


五衣・小袿・長袴・・・・正装に対する略装


十二単・・・・正装

でもどの衣装もめっちゃ重そうですよね( ̄Д ̄;)
肩こりそう・・・・
十二単なんて20kgはあるって聞いたことあるけど、当時の女性って
結構筋肉がムキーンだったのかも?!!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


* Category : 行事&イベント
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-04-16 (Wed)

もう終了してしまったんですけど、京都御所の春季一般公開に行ってきました!



御所の桜はもう終わりかと思いきや、いろんな種類の桜があって
今が満開の桜もありました。



こちらの桜は、枝にくす玉みたいな丸い花の玉がポタンポタンについてます。
なんていう品種の桜なんでしょう?



京都御苑には茶店も出ていて賑わっています。



手荷物検査を終えて、いよいよ御所へ。
さすがに宮内庁管轄の建築物だけあって、一般公開とはいえ警備も厳重!
御所の中では御所のオリジナルグッズが販売されています。
御所グッズに加え、皇室グッズや源氏物語千年紀グッズもありました。
京都御所限定キティーちゃんなんてのもありますよ♪



ちょうど蹴鞠が始まるところでした。
特にチェックしてなかった催しなので、偶然見れてラッキー☆



蹴鞠と言っても、すぐに鞠を蹴り始めるわけではないのですね。
鞠を枝から取り外す儀式を行ったり、鞠の調子をチェックしたりと
蹴り始めるまで10分ぐらいはかかります。



これはコート(?)に選手(?)が入場してるところです。
一人ずつ順番に入っていきます。



全員そろったらキックオフ☆
ボールと違って鞠はあんまり跳ねないためか、すごく難しそう・・・・(´Д`;)
なかなか長くは続きません。
当時の人々はどれぐらい続けられたんでしょうね?




蹴鞠の話が長くなりましたね(^▽^;)
展示の様子はその2で紹介させていただきます!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

* Category : 行事&イベント
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-04-15 (Tue)

哲学の道など染井吉野メインの桜の名所は、今はもう寂しいことになってますが
この時期に満開の桜を楽しめるスポットがここ、半木の道です。


府立植物園にそって紅枝垂桜の桜並木が続いていました。


染井吉野より少し濃いめのピンクが可愛い桜ですvv


「桜のトンネル」と感じる場所はいくつか見てますが、ここほど「トンネル」という
表現がふさわしい場所は無いのではないかと思いました。
垂れた枝が頭上を通り、土手の方に垂れ下がってカーテンみたいになってるんです!
道が桜に包まれてる感じですよー♪
そんな木が半木の道に延々と植わってるんですから、美しさにただ感動(≧∀≦)


枝が垂れ下がって地面につきそうです(実際、ついてる場所もありました)


12日(土)・13日(日)と「鴨川茶店」なるイベントが開催されてて
土手のほうはお店がズラリとならんで賑やかでした。


ここでもやっぱり花より団子?
いえいえ!私はアイスを食べながら花も愛でる「花も団子も派」です!!!
桜アイスを頬張りながら歩く半木の道は、また格別☆


野点も行われてましたよ。こりゃまた風流ですね。


今話題の「ゆるキャラ」というやつでしょうか?
なんかモリゾー(愛地球博)にツノ生えたような・・・・
あまりのゆるさに何のキャラかも分かりません(゜∀゜)
でも憎めない愛らしさがありますね。


半木の道は今が満開!
この日が小雨だったこともあるかもしれませんが、意外に人も少なくて
穴場だと思います♪


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


* Category : 未分類
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。