12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-05-30 (Fri)

6月の第1日曜日、仏教の「殺生を禁じ放生せよ」という教えに基づいて
祇園巽橋で放生会が行われます。



放生会で何をするかと言えば、鯉の稚魚を白川に放流するんです。
大きな水槽の中には鯉の稚魚が無数に泳いでいました。



稚魚の放流には祇園の舞妓さんも参加します。
舞妓さんの周りには人だかりができていて、まるで撮影会のよう。



1時間30分ぐらい続いた式典の後、稚魚を白川に放流。
この時、巽橋の周りは人で溢れかえります。
チラッとしか見えなかったけど、見えただけでも恩の字かもしれません(^▽^;)



稚魚の放流は見るだけじゃありません!
式典関係者の放流が終われば、一般の方も放流できるんですよ♪
私も木桶に5匹の稚魚を入れてもらって放流してきました。



放流が終われば、たくさんの稚魚が気持ち良さそうに泳いでいます。
祇園の初夏の風物詩ですねvv


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【日時】 6月の第1日曜日
【場所】 巽大明神前
【プログラム】 11:00 奉納演奏
         11:30 法話
         12:00 祝辞
         12:20 奉修
              放流
         13:00 閉会  (※このプログラムは2007年のものです)

Return

スポンサーサイト
* Category : 行事&イベント
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-05-26 (Mon)
だんだんと暑くなってきましたネ(^▽^;)
こう暑いと、ついつい食べたくなってしまうのがソフトクリーム
今日は、先日嵐山に行った時に立ち寄ったお店のソフトクリームをご紹介します♪



渡月橋から三条通を西に歩いて行ったところにあるSaga Par
豆腐・黒胡麻・八つ橋・抹茶と、京都らしいソフトクリームが揃っていました。



ホントは全種類食べたいところなんですけど、今回は1種類で我慢!
ありそうであんまりない八つ橋ソフト(300円)を食べてきました。
パッと見た感じバニラですが、味はちゃんと八つ橋でしたよ♪
小さいツブツブが入ってたけど、これって八つ橋のカケラなんでしょうか?


他に5段のやたら大きいソフトクリームもありました。
メディアでも紹介されたそうで気になります(≧ω≦)


【URL】 http://www.sagapar.com/


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

* Category : グルメ
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-05-25 (Sun)
多くの観光客が行き交う円山公園から清水寺にかけての地域にあって
比較的静かで京都らしい風情がある場所といえばここ、石塀小路です。
石堀小路の名は、このあたりの町家の基礎部分が石垣状になってることに
由来しています。


細い道に石畳という風景になんだか気持ちがほっこりします。
この石畳、チンチン電車の敷石を再利用したものらしいですよ。


個人的には雨あがりがオススメ。
石畳が空の色を映していて、とてもキレイでした。
人も少ないのでゆったり京都風情を楽しめます♪


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【地図】
    
大きな地図で見る

Return

* Category : 観光名所 (東山区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-05-23 (Fri)

以前ご紹介した新福菜館の隣にあり、人気を二分しています。
店内は常連っぽいお客さんが多かったけど、おじさんばかりでなく
若い女の子が1人で来てたり、学生さんが集っていたりと
客層は広い感じ!
アットホームな雰囲気が印象的なお店でしたvv



ラーメンはあっさりした醤油味(600円)
でも第一旭のホームページを見てビックリ。
なんと、スープは豚骨醤油だったそうです!
豚骨醤油なのにこんなにサッパリ味になるの?!!と、豚骨醤油観をひっくり返されました。
豚骨独特の臭みが全くありません。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【店舗】 たかばし本店
【営業時間】 AM5:00~AM2:00 (木曜定休日)
【URL】 http://www.daiichiasahi.com/
【場所】 京都市下京区東塩小路向畑町845


大きな地図で見る

Return

* Category : グルメ
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-05-19 (Mon)

上賀茂神社から少し歩いたところ、北区の住宅街の中に大田神社はあります。


上賀茂神社の境外摂社で、祭神は天鈿女命(あめのうずめのみこと)です。
小さな神社ではありますが、緑に囲まれて心地いい空気が流れています。


この神社で注目したいのが大田ノ沢のカキツバタ群落。
国の天然記念物に指定されている名勝です (※拝観料300円)

 神山や大田の沢のかきつばた ふかきたのみは色に見ゆらむ
                                       藤原俊成


このように五社百首に詠われていることから、この場所には平安時代から
カキツバタが咲き乱れていたと言われています。


カキツバタ群落の見頃は5月中旬から下旬にかけてです。
これは18日の写真ですが、ちょうど見頃でしたよvv


大田神社前では上賀茂神社の門前名物「やきもち」が
販売されていました。カキツバタを眺めながら食べる
やきもちはまた格別♪


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪




【場所】 京都市北区上賀茂本山
     
大きな地図で見る

Return

* Category : 観光名所 (北区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-05-18 (Sun)
5月の第3日曜日、晴天の中で三船祭が行われました。


去年は行列を見逃してしまったので、今年は車折神社の方まで
行ってきました。12時からの「お出ましの式」は見れなかったけど
行列が出てくる時間に間に合ってよかったvv
行列は音を奏でながら三条通を通って渡月橋へ向かいます。


行列に続いてたくさんの人が移動するので、裏道を通って先回りしたのですが
裏道ではカメラを抱えたおじさん達が、スタンバイさせてたレンタサイクルの
自転車にまたがって、猛スピードで船遊びの会場の方へ移動してました(笑)
準備万端、さすがです!
ちなみに私はマラソン・・・・( ̄▽ ̄)


牛車、本物じゃなかったんですネ(笑) 牛がカラコロ転がってきます。
他にも花傘やらお稚児さんやら、いろいろ続いてました。


って、行列追っかけてたら既に船遊び始まってるーー!!?
今年は停船してるところとか乗り込むところを見れませんでした(;ω;)


小唄の船や今様の船など、様々な船があります。


これは舞踊奉納の様子。
岸には人が大勢集まってますが、どこが一番のビュースポットかと言えば
やっぱ「貸しボート」でしょう!
三船祭の間も貸しボートはやってるので、間近に接近して見ることも可能ですヨ♪


船遊びは2時間の間、ゆったりと続けられます。
・・・・どうでもいい話だけど、トイレに行きたくなったらどうするんだろう?


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


【場所】 車折神社~大堰川
【日時】 5月の第3日曜日
     12:00 お出ましの式 (車折神社)
     13:00 行列出発  
     14:00 船遊び (大堰川)
     16:00 嵐山頓宮に移動
【URL】 http://www.kurumazakijinja.or.jp/mifunemathuri.html

Return

* Category : 行事&イベント
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-05-08 (Thu)
【宗派】 黄檗宗
【山号】 百丈山
【本尊】 釈迦如来
【創健者】 千呆
【創建】 宝永年間(1704-1711)

     

4月下旬に訪れると、八重桜やハナミズキなどの花々が出迎えてくれます。


本堂は大正4年と昭和54年に火災に見舞われたそうで
現在の本堂は昭和60年に建てられた、かなり新しい建築です。


ここの山門は禅宗様式の竜宮造。
小さくて可愛らしい感じの門ですね。


裏山に入ると、おびただしい数の石仏が・・・・
これが石峰寺の見所、五百羅漢像。


江戸時代の画家・伊藤若冲が下絵を描き、お釈迦様の一生を表しています。
石仏の表情は多種多様。
ちなみに、石峰寺の墓地には伊藤若冲のお墓もあります。


竹のサワサワという音しか聞こえない静かな空間で、誕生から賽の河原まで
お釈迦様の一生を辿って歩いてみると、気持ちまで静かになりますよ!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【場所】 京都市伏見区深草石峰寺山町26   ☆地図☆
【拝観時間】 9:00-17:00
【拝観料】 300円

Return

* Category : 観光名所 (伏見区)
* Comment : (1) * Trackback : (0) * |

ブログランキング新規オープン! * by ミツカルサイトブログランキング運営事務局 
このたび、「ミツカルサイト」がブログランキングをオープン致しました。
今ならまだ、登録人数が少ないので、ランキング上位を狙えます!
是非登録をお願い致します。
http://www.mitsukarusite.jp/ranking/index.html

個別記事の管理2008-05-05 (Mon)
生憎の天候でしたが、今日は地主神社の例大祭で稚児武者行列がありました。
13時開始と聞いていたのですが、待てど暮らせど行列が来る気配がなかったので
諦めて清水坂を散策し始めたその時、


ドーンドーンと太鼓の音が響いて行列がやってきました!
てっきり地主神社から出てくるもんだと思ってたけど、清水坂の方から上ってきましたね。
どこが出発場所だったんだろう?
武者姿の子ども達に観光客が立ち止まって魅入ってます。


行列には小学校高学年ぐらいの子もいれば、2歳ぐらいの小さい子まで
いろんな年齢の子が参加してました。お父さん、お母さんに手をひかれながら
テチテチ歩くおチビちゃんが可愛いのなんのって(≧∀≦)


大人はお神輿を担ぎます。


清水寺の前で記念撮影
観光客もここぞとばかりに便乗して写真を撮っています。
カメラマンの邪魔にならない位置からだったら、撮影しても大丈夫でしたよ。


この時は宮司さんの到着を待っていたのですが、小さい子ども達は
退屈になってきたのか、やや疲れた様子(笑)
やっぱ甲冑って重いんだろなぁ。


・・・・て、今思えばこれって稚児武者行列だったんでしょうか?
地主神社のホームページ見たら、もっと派手な行列なんだけど・・・(´Д`;)
まさかメインの行列を見ずして帰ってしまったんじゃ・・・と、今更ながら
心配になってきましたヨまあ、後のまつりですけどね;


【地主神社URL】 http://www.jishujinja.or.jp/


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



* Category : 行事&イベント
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-05-02 (Fri)

一ノ峯を通り過ぎると鳥居もまばらになり、山って感じになります。
でも舗装はされてるので歩きにくいということはないです。
緑いっぱいの道にはサワガニも歩いてましたヨ(^-^)


山歩きして暑さを感じてきたらココがオススメです。
薬力社ってとこだったと思うんですけど、この水が流れ落ちてる
一角がかなり涼しいんですよ~♪


薬力社は喉の神様で、「おせき社」とも言われるそうです。
ちょっと一服するのにも良さそうなスポットでした。
神水でゆがいた薬力健康たまごってのが気になりますねぇ。


傘杉社→清明社→御膳谷奉拝所を通って眼力社へ。


なんせ社が多いので、これが眼力社だったかは覚えてないのですが
こんなうつ伏せのお稲荷さんがありました。
それとここにも無料おみくじがありましたよvv


この先の大杉社をすぎれば、四ツ辻です。
三ツ辻までは来た道を戻っていくのですが、そこからは
来た道と違う道を歩いてみました。


細い道に沿って、塚やら神社やらがズラリと並んでいます。


(写真左上) この旗自体が絵馬みたいなものらしく、願い事が書き込まれています。
(写真右上) 大学大神・脳天大神・運動大神など、いろんなご利益の神様が
         祀られてるようですが、やっぱ私は縁結大神です
        今年こそ良縁をお頼み申し上げます!
        と、祈りをこめて引いた恋みくじには「2~3年待て」という無常な言葉。
        いえいえ、もう二十数年待ってますから!
(写真下段) 荒木神社には口入人形なるものがありました。
         こちらも縁結びの神様で、口入人形は3体2000円で売られてます。
         家に祀って、願い事が叶ったらこちらにお返しすればいいそうなの
         ですが、これだけ人形があるってことはかなり願いが叶うって
         ことですよねっ!(≧▽≦)ワクワク



こちらは末廣大神ですが、何かお気付きになられませんか?


狛犬・・・え?カエル?狛カエル?!!!
しかも親カエルの上に子カエルが2匹乗っかっちゃってます!
極めつけは賽銭箱までカエルですから(笑)


ここは住宅とお塚が入り混じって不思議な雰囲気を持つ地域ですね。
お山めぐり最後の場所は産湯稲荷です。
「お山を巡拝して祈願した願い事が産まれる湯」として参拝されるそうですよ。
お産湯池の横を通ると、伏見稲荷納札所に戻ってきました。


巡拝というよりも観光気分のお山めぐりでしたが、これにて終了です。
お山一周は本当に見ごたえ十分で、楼門まで戻った時には達成感があります。
のんびりとした時間を過ごすにはオススメですよ~!
心がリフレッシュします♪
ただし、運動不足な方は翌日体がガタガタになるのは覚悟して下さいネ( ̄ー ̄;)
長々と伏見稲荷編にお付き合いいただき、ありがとうございました!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪
* Category : 観光名所 (伏見区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-05-01 (Thu)
【稲荷田中社神蹟】


四ツ辻から階段を上って1分ぐらいの場所にあります。


ご利益が何かは分からないですけど、なにやら簾にやたらと
名刺が差し込まれているのが気になります。
会社関係の多かったので、業種とか見ておいたらご利益が分かったかも・・・


参拝者が奉納した鳥居がたくさんぶら下がってます。
無料おみくじなるものもあったので、運試しに引いてみてはいかがでしょう!


【三ノ峰~一ノ峰】
四ツ辻から先は、道がグルリと1周しています。
どっち回りで歩かなきゃいけないというきまりはないようですが
私的には反時計回りに行ったほうが、階段を上るのが楽かと思います。


初めて来た時は、この鳥居がどこまで続くのかが分からなくて
ちょっと不安になりました。本当に延々と鳥居です。


しばらく登って三ノ峰に到着。ここが稲荷下ノ社神蹟です。
正面にお参りするところがあって、その周りを取り囲むように稲荷塚がありました。


細い通路を通って稲荷塚を見てまわりました。
稲荷塚の前では熱心に念仏を唱えてる人も・・・・・
・・・・・・ま、まさか稲荷塚って神道系の墓地?!!Σ( ̄Д ̄;)
めっちゃ写真撮りまくってしまったんやけど?!
売店には墓地説を肯定するかのようにお供えが販売されてて、ますます焦ります!


伏見稲荷のホームページで調べてみたところ
『稲荷大神様に別名をつけて信仰する人々が、石にそのお名前を刻んで
お山に奉納したもの』
ということでした。
ホッ。とりあえずお墓をバシバシ撮影してたわけじゃなかったのね(´ω`;)
そういえば稲荷塚の石には「〇〇大神」と、いろんな名前を刻んだ
碑がありました。
ちなみにこの稲荷塚、1万基ぐらい奉納されてるそうですよ!
この写真のお塚なんか、信仰が厚いのか鳥居で埋め尽くされてます。


三ノ峰には猫も多くて和みますvv
なんか時間の流れがまったりしてるなぁ~


二ノ峰(写真上段)と一ノ峰(写真下段)も似たような感じの風景です。
一ノ峰が一番高い場所ですが、残念ながら見晴らしはイマイチ・・・


鳥居の間から差し込む日の光はなんだか神秘的。
異世界に迷い込んだような気分になります。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

* Category : 観光名所 (伏見区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。