123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-06-29 (Sun)

6月30日、京都の神社を訪れるとこんな輪が設置されて
いるのが見られます。
これ茅の輪っていうもので、これをくぐることで1月から
6月までの穢れを祓うのが夏越祓。
ちなみに茅の輪くぐりは6月30日に行われるものですが
車折神社なんかは6月初めぐらいから1ヶ月間は茅の輪が
設置されているらしいですよ。


夏越祓がどのように行われるのかは神社によって
違うのかもしれませんが、地主神社では御祓いの後
茅の輪を3回くぐって参拝し、全員に配られた人形(ひとがた)を
水に溶かすというものでした。


そしてこの日は厄払いの意味で、小豆が乗った外郎(?)を三角に切った
「水無月」っていう和菓子を食べます。
小豆は邪気払い、三角は氷を表してるそうです。



にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

スポンサーサイト
* Category : 行事&イベント
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 沙都
画像の伏見豊川稲荷って知りませんでした。
夏越祓ってあるのですね。
京都市内の茅の輪の画像を昨年から撮っているので、
来年にでも撮っておかないといけませんね。
伏見豊川稲荷の近くの荒木神社は6日(日)に夏越祭がありますよ。
茅の輪くぐり神事が13:00から行われます。

30日は、新日吉神宮/地主神社/天道神社/吉祥院天満宮/西院春日神社と行きました。
さすがにハードでした。
昨年、護王神社/市比賣神社と行き、
今年、西院春日神社に行ったので厄除うちわを3本揃えました。

ほんと、行事を撮るのって大変です。
京都は行事が多すぎますので。

Re → 沙都様 * by ゆずき
実は沙都さんに教えていただくまで、この画像が伏見豊川稲荷ってことすら
知りませんでした(殴)
昨年、初めて稲荷山に登った時に「なんか神社の前に輪があるわ~」って
ぐらいの感覚でいたんで・・・・写真も携帯です;
(携帯写真→自分的にどうでもいいけど、一応記念に残したい時に使用)

30日、すごいハードスケジュールですね;西へ東へ大移動じゃないですか。
行事にかける情熱・体力ともに尊敬します!
祇園祭なんかと比べて知名度は低そうですが、市内全域で行われる
大きな行事なんですね。
本当に、京都の行事を完全制覇するには何年かかるんでしょう?
母が老後、京都に移住して行事制覇するという野望をかかげていますが
無理な気がします。夏越祓だけでも制覇しようと思ったら数年(場合に
よっては10年以上?!)かかりそうですね。


*余談*
こんなとこでなんですが林原さんのTokyo Boogie Night、中学・高校時代と
よく聴いていたので、沙都さんのHPでその名を発見した時、嬉しくなりましたvv

個別記事の管理2008-06-26 (Thu)
今回は私が数ある京都の和菓子の中でも一番好きなお菓子をご紹介~♪
初めて宇治に行った日に一目惚れしたお菓子、宇治駿河屋「茶の香餅」です。
宇治に行く時は、観光よりも何よりもこれが第一目的!ってぐらい好きなんですよ(≧∀≦)
うちの家族全員大絶賛してます!




この通り、柔らかすぎず固すぎずのほんのり甘いお餅に
抹茶がふんだんにまぶしてあるんです。
これでも十分にお茶の味を堪能できるのですが、さらに抹茶きな粉まで
付属してて、まさに「茶の香餅」!
お餅がまた他で食べたことがないような独特の味と食感なんですよvv
お餅だけでも相当美味しいと思います。
値段は大箱(22個入り)が1380円、小箱(11個入り)が850円でした。

ただ日持ちしないのが難点で消費期限は3~4日程度。
だから買いだめできないんですよね~(TωT)
半年に1回ぐらいのお楽しみです。
日持ちするならまとめて10箱は買うのに・・・っ!

でも遠方の方もご安心を!
この香餅、ネット通販されてますから!!!
(私は超浪費家ゆえネット通販に手を出さないだけで・・・・)



今回は「わさん葛餅」なんてのも買ってみましたが、こちらもまた絶品vv
さすが宇治茶の産地ですな(*´∀`*)




【場所】 京都府宇治市宇治蓮華41
【URL】 http://www.surugaya.co.jp/


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪
* Category : おみやげ
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-06-22 (Sun)
月初め、私は必ず祇園小石に足を運んでいます。
目的は祇園小石の飴を買うため。



祇園小石では毎月、その月限定の飴が販売されるんですよ♪

1月 御酒飴    5月 新緑茶飴    9月 青りんご飴   
2月 紅梅飴    6月 青うめ飴    10月 栗飴
3月 桃の香飴   7月 夏柑飴     11月 葡萄酒飴
4月 さくら飴    8月 すいか飴    12月 柚子飴


季節感があって価格も420円と手頃なので、ちょっとしたお土産にオススメです。
飴歳時記シリーズの他にもいろいろな飴が販売されていて、源氏物語を
イメージした飴なんてのもありましたよ!




【場所】 京都市東山区祇園町北側286-2
【URL】  http://www.g-koisi.com/


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

* Category : おみやげ
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-06-18 (Wed)

今回ご紹介するのは、宇治茶の香りただよう平等院参道にある
「ますだ茶舗」の抹茶ソフトクリーム(250円)です!
抹茶ソフトクリームっていうのは京都では定番ですが
ここの抹茶ソフトは一味違いますヨ。



ソフトクリームの上に抹茶の粉末がた~っぷりかかってるんです!
口に入れた瞬間、ソフトクリーム自体の抹茶味と抹茶粉末の味とで
口の中が抹茶味一色に染まっちゃいました(*´∀`*)
でも、あまりに抹茶がたっぷりなものですから、食べる時にケフケフ
咳き込んでしまったり、食べ終わった後に口のまわりが緑色に
なったりといったハプニングも・・・・(笑)
ソフトクリーム自体は氷が粗挽き(?)なのか、微かにシャッキリした
食感がありました。なんか普通のソフトクリームと食感が違います。


ソフトクリーム売り場の床に抹茶が積もって緑色になるくらい
いつ行っても観光客で賑わっているお店です。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪




【営業時間】 8:30~18:00
【場所】 宇治市宇治蓮華21-3
      
大きな地図で見る

Return

* Category : グルメ
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-06-15 (Sun)
今日は藤森神社のあじさい祭でしたね!
ホントはあじさい祭の日に行きたかったんですけど、用事があったので
私は昨日見てきました。


紫陽花はあじさい苑に入らなくても見れますが、やっぱり中に入りたいトコロ!
だって眺めが全然違いますって♪



紫陽花と紫陽花の細い隙間を縫うように歩いていると、紫陽花の森に
迷い込んだみたいな気分になります。



よくよく見るといろんな品種があるんですね。
こんな紫陽花は初めて見ました。ポップコーンみたい(*^ω^*)



第一あじさい苑には蛍も生息しているそうですよ。
水が澄んでてキレイです。湧き水かな?



本堂の裏手にまわると第二あじさい苑があります。
こっちはでっかいハチがブンブン飛んでて結構スリリング!
3年前に来た時もハチに追われて走り抜けた思い出があります(笑)



第一あじさい苑ほどは咲いてないけど、それでもなかなかのもの。


第一あじさい苑の前では「あじさい団子」なるものが販売されてるようですが
行った時間が遅かったので、ちょうど目の前で店じまい;
どんな団子だったのか気になる~(≧A≦)

紫陽花の咲き具合はちょうど見頃ですが、そろそろ枯れ初めてますので
見に行く予定がある方は急がれた方がいいかもしれません。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【開苑期間】 5月31日~7月上旬
【時間】 9:00~16:00
【入苑料】 300円 (第一と第二あじさい苑の両方で)
【場所】 京都市伏見区深草鳥居崎町609
【URL】 http://www.fujinomorijinjya.or.jp/

Return

* Category : 四季の風景
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 沙都
行事の内容を調べものしていると、ふと入ってしまいました。
藤森神社の紫陽花苑や三室戸寺は、今まで入ったことはないですね。
中は、こんな感じだったんですね。
あとは、三千院・松尾大社や植物園などカナ。
藤森神社には、15日に行きました。蹴鞠と雅楽・舞など撮りました。

ちらっと他の行事も、見させてもらいましたが、
08年の三船祭は、ニアミスしていますね。
行事を撮るのって大変でしょう。
祇園放生祭なんて、舞妓さんの行事になっているので多くの人で~
自分なりに下調べをして、行事によっては場所取りも大変。
多いときは、何カ所も掛け持ちで回ったりと。

行事を撮っているうちには、また何処かでニアミスをするでしょうね。
では失礼。

* by ゆずき
Re → 沙都様

はじめまして。コメントありがとうございます!
沙都さんが仰るとおり、行事を余すところなく堪能するのは難しくて
毎度毎度苦戦しています。
何時から何処で始まるという情報だけで、後は何も調べずに行って
しまうので、予想外に時間がかかって次の行事に間に合わなかったり
陣取るポジションを間違えて、長いこと待ってたわりに何も見えずに
終わってしまったりと、いつも一人でドタバタしてます;
まあ下調べをすればある程度解決できる問題なんですけどね・・・・

藤森神社に行かれたとのことで羨ましいです!
蹴鞠だけじゃなくて雅楽や舞いまであったんですね。
もともとすごく行きたかったんですけど、なおのこと行きたくなりました!
三千院は秋に行った時に紫陽花もきれいだろうなぁと思ってたので
こちらもまた行ってみたいです。

個別記事の管理2008-06-15 (Sun)

いよいよ紫陽花も見頃になってきましたね!
晴れの日に見ても雨の日に見ても、紫陽花は変わらずキレイですvv
そんな紫陽花の名所、三室戸寺ではあじさい苑のライトアップが
始まりました!


三室戸寺の紫陽花の数はナント1万株(゜Д゜;)
あじさい苑を上から眺めた時、その数に圧倒されました!
観光客の数より多いでやんの・・・・
まるでレッドカーペットならぬ、紫陽花のブルーカーペット。


ゆずき的には開苑直後の空がまだ薄明るい頃が一番キレイだったと思います。
(完全に暗くなると、どうしてもライトが当たっていない紫陽花は見えなくなるんで)
でも幻想的な雰囲気を味わうなら断然暗くなってからの方がオススメですよ!


京都市の観光情報ページでは8分咲きとのことでしたが、十分見頃です!
むしろ枯れ始めてる花がなくてめちゃキレイでした(≧∀≦)


ブルー、ピンク、白など色とりどりの紫陽花がライトに照らされ
暗闇の中に浮かび上がります。
全体的には青色の紫陽花が多かったです。


立命館大学の学生さんによる演奏もありました。
優しい音色があじさい苑に響き渡ります。


あじさい苑のライトアップは6月14日~29日までの土・日曜日に行われます。
一味違う夜の紫陽花観賞はいかがでしょう?


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【開催期間】 平成20年6月14日~29日の間の土・日曜日  
         6月14日(土)、15日(日)、21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)
【時間】 19:00~21:00 (受付終了は20:30)
【入苑料】 500円
【場所】 宇治市菟道滋賀谷21 (駐車場あり)
【URL】  http://www.mimurotoji.com/

※本堂はライトアップされません。入場できるのはあじさい苑のみです。

Return

* Category : 四季の風景
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-06-13 (Fri)
淀城をご紹介した際に「戊辰戦争」について少し触れましたが
淀には戊辰戦争関連の場所が多くあります。
辿っていくと東軍戦死者の慰霊碑がほとんどで、旧幕府軍と
官軍の戦いの激しさや、両軍の兵力差がうかがえます。


【妙教寺】

戊辰戦争時のおもかげを残す史跡が少ない中、唯一当時の様子を
垣間見られる場所です。旧幕府軍は淀城に移る前はここに布陣したそうですが
官軍に攻められて、大量の銃弾を撃ち込まれました。
現在も本堂に銃痕は残ってるとのことですが、非公開みたいです。


境内の二箇所に碑が建っていて、うち1つの碑の文字は
あの榎本武揚が書いたものだとか!
お墓っぽい感じだったので写真は撮ってないですが・・・・


【八番楳木戦場跡】

京都競馬場の駐車場横にひっそりと佇む慰霊碑。
この辺りは「千両松」と呼ばれ、激戦が繰り広げられた場所です。
淀には新選組の歴史を追ってきたのですが、ここで新選組は
六番隊組長・井上源三郎を含む20名以上の隊士が戦死、
監察方の山崎烝も重傷を負い、後に死亡しました。

彼らの無念が残っているのか、この場所には新選組隊士の
幽霊が出ると言われています。
ここには現在の慰霊碑が建つ前にも戦死者の慰霊碑があった
そうなのですが、競馬場の工事で碑を移動させてからというもの
事故が続出して、新選組隊士の幽霊が「もとの場所に戻せ」と
毎晩のように工事関係者のもとに現れたという話です。
慰霊碑を建て直してからは幽霊騒動はなくなったそうですが・・・・
今でもお花が供えられてるあたり、単なる噂ではないんだろうな(´A`;)


【鳥羽伏見戦跡地碑】

歩道の真ん中にポツンと建つ慰霊碑。
見た目的にはお墓ですが、建立が昭和47年なので
たぶん埋骨地ではないのでしょう。
八番楳木戦場跡の慰霊碑の建立年(昭和45年)と近い年に
建てられているので、幽霊騒動に関連した場所なのかもしれません。


【長円寺】

戊辰戦争の東軍戦死者が埋葬されているお寺です。
門前(写真左側)に「戊辰役東軍戦死者之碑」があり
境内には「戊辰役東軍戦死者埋骨地之碑」が建っています。



【東運寺(左上)】
長円寺の隣にあり、こちらも東軍戦死者埋骨地。
墓地のほうに慰霊碑(お墓?)が建っていました。

【文相寺(右上)・大専寺(左下)】
同じく東軍戦死者埋骨地。
門が閉まってたので自由に出入りはできない感じでしょうか?

【光明寺跡(右下)】
お寺は残っていませんが、軍戦死者埋骨地碑は現在も
地蔵堂の脇にひっそりと残っています。
木の枝に埋もれて少し寂しい印象を受ける場所でした。


私は行ってないのですが、他にも愛宕茶屋埋骨地、
納所会館前の戦場跡碑などがあります。
結構広範囲に散らばっているので、結構な運動になるかもしれません。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【地図 (※拡大してご覧下さい)】

大きな地図で見る

Return

* Category : 幕末史跡
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by にぽぽ
さくゆずきさん、はじめまして にぽぽと申します。
にぽぽも戊辰戦争の址とたずねて、淀川をずーっと歩いたのですが、歩ききれなかったところを、さくゆずきさんに見せていただきました!次回京都に行ったときには、千両松から淀を歩きたいと思いました。ありがとう!!

* by ゆずき
Re → にぽぽ様

コメントありがとうございました!
淀って観光するにはマイナーで、しかも戊辰戦争なんてネタ的にマニアック
だし、これは最後まで読んで下さる方がいれば上等!っていう気持ちで
いたので、本当に嬉しいですvv
私は門が閉まっちゃってるところには入っていけなかったんですけど(←小心者;)
きっとどこのお寺とも参拝は可能だと思うので、是非、淀-千両松の戊辰戦跡を
制覇しちゃって下さい!

個別記事の管理2008-06-12 (Thu)
京都競馬場のすぐ近くに、城跡があるのをご存知ですか?



淀城は二代将軍・徳川秀忠が伏見城廃城に伴い建設した城で
秀忠・家光の時代は上洛時の宿所として使われてました。
そして後に、春日局の子孫である稲葉氏の居城になります。

戊辰戦争時には幕府軍の宿所になり、幕府軍はここから進軍して
いったのですが、ナントその間に淀藩は朝廷側(倒幕派)に寝返り
敗走して戻ってきた幕府軍は閉め出されてしまうのです。
・・・・・・幕府軍的には無念な話ですよね(´A`;)
その後、幕府軍は淀城に火を放って八幡の方へ敗走していきます。



天守閣などは既になく、現在は城壁が残るのみ。



城壁の内側にはポツンと碑が残っていました。
中は木が茂ってて、ちょっと寂しい感じの場所です。
人通りも少ない(てか誰もいなかった)ので、女性が一人歩き
するには微妙かも


近くには戊辰戦争関係の場所が多いので、戊辰戦争を辿って
歩くことをオススメします。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【場所】 京都市伏見区淀本町
      
大きな地図で見る

Return

Theme : おこしやす!京都 * Genre : 地域情報 * Category : 幕末史跡
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-06-11 (Wed)
大田神社に行こうとして迷い込んだ深泥池(みぞろがいけ)。
一見どこにでもある池ですが、なんと国の天然記念物なんだそうです!


どこがどう天然記念物なのか

 ①氷河時代以来の動植物が生息中
 ②冷温帯にできるはずの高層湿原が、なぜか温暖帯の京都にある


植物についての詳しい知識どころか基本的な知識すら持ち合わせてないですが
案内板にこう書かれていると、なんだかスゴイんだなぁと妙に納得。
池の中央には、池全体の1/3の大きさを占める「浮島」が浮いてるそうなのですが
池が大きくてどこが中央だかわから~ん(´A`;)
浮島は14万年前から既に存在していたそうですよ!
古都の伝統文化なんて相手にならんほど長い歴史ですねぇ~


さてさて、ここからは背筋の凍る話をば・・・・・・


実はこの深泥池、京都の怪談スポットなんですって
貴船の奥深くに棲む鬼の出入口・・・・という伝説はさることながら
現代でも幽霊目撃談があって、池の北側の道は「幽霊街道」と言われてるとか・・・・


ヒーーーーッΣ( ̄Д ̄;;)
迷い込んだのが昼間でヨカッタ!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


【地図】
     
大きな地図で見る

Return

* Category : 観光名所 (北区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-06-10 (Tue)
「八坂の庚申さん」として親しまれている八坂庚申堂(正式には金剛寺庚申堂)
庚申、申(さる)の名の通り境内のいたるところにお猿さんがいます。



門の上を見て下さい。日光東照宮で有名な三猿(見ざる・言わざる・聞かざる)が
ちょこんと乗っています。知らなかったらうっかり見逃しそうですね。
私は人力車の車夫さん情報で初めて知りました。



境内はそんな広くないけど、3月に行った時は梅がキレイでしたvv
芸能人目撃率も高い場所です。



本堂の前にある小さなお堂には大量の「くくり猿」が。
庚申堂周辺の民家の軒先でも、くくり猿が吊るされてるのが見られます。



よく女性が「かわいい~」と言ってるのを耳にしますが
この形、両手足を縛られたお猿さんを表してるんですよね。
そう思うとなんかエグい・・・・( ̄□ ̄;)
くくり猿には「欲望が動きまわらないようにくくりつける」という意味があります。
願い事を書いて奉納するんですけど、努力を怠ることのないよう
この縛られたお猿さんの姿を思い出して自戒しなくてはいけないんです。
願い事を叶えるのは自分自身ということなんですね。



本堂にも大小様々のくくり猿がわちゃわちゃとぶら下がってました。
くくり猿に埋もれてますが、三猿も並んでいます。
色のはげ具合が歴史を感じられて、なんとも言えずいい感じvv



東山花灯路の時なんかには夜間ライトアップもあります。
赤く照らされた庚申堂、昼とはまた違う雰囲気でした。


また、庚申堂では庚申の日に「こんにゃく炊き」が行われ、
ここで祈祷されたこんにゃくを病人の頭の上に下げておいたら
病気が治ると言われています!
でも病院で吊り下げたらお医者さんがビックリするかなぁ(^▽^;)
あと「指猿」っていうお守りが珍しいかも。
持ってると手先が器用になるそうですよ!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【山号】 大黒山
【本尊】 青面金剛
【開基】 浄蔵貴所
【創健】 平安時代(本堂は1679年に再建)

【URL】 http://www.geocities.jp/yasakakousinndou/
【場所】 京都市東山区金園町390
     
大きな地図で見る

Return

* Category : 観光名所 (東山区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。