個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-08-29 (Fri)

寺田屋騒動の現場となり、また坂本龍馬を匿った船宿「寺田屋」
伏見を訪れた修学旅行生のほとんどはここを見学するのではないでしょうか?



寺田屋の前には「寺田屋殉難九烈士之碑」が、庭の方には
「寺田屋騒動記念碑」が建っています。

<寺田屋騒動ってナニヨ?>
 寺田屋には倒幕派の薩摩藩士が集まっていました。
 彼らは「幕臣も佐幕派の有力者も殺してしまえー」と、倒幕に燃えてましたが
 薩摩藩自体は倒幕の意思はないのに、そんなことされちゃ藩的には具合が悪い。
 そこで島津久光は 「そんなことはやめろよ」と、9人の藩士を説得に派遣。
 しかし説得に応じなかったため、薩摩藩士同士で斬り合いになりましたとさ。


まあこれが寺田屋騒動の大体の流れです(超適当)



寺田屋の庭は無料で入れました♪
「坂本龍馬像」、写真で見た時は円山公園にある像ぐらいに大きいものと
思ってましたが、ちっこいですね・・・・40cmぐらいでしょうか?
右の写真は「坂本龍馬の碑」らしいですが、何て書いてあるのか分からない汗



写真左は「女将お登勢と寺田屋由来碑」
思えば碑の多い庭だなぁ・・・・
写真右の井戸は維新当時からあったものだそうです。



中に入るとそこはもう龍馬まみれの世界です。
竜馬が竜馬の竜馬で竜馬だらけって感じ!
龍馬ファンには堪らないでしょうね!
写真下が龍馬が泊まっていた「梅の間」



レプリカではありますが、龍馬が使っていた刀やピストルが飾られています。
空いてる時間だったので、あぐらかいて座ったり、ゴロ寝してみたりして
龍馬気分を味わってみました☆



柱に目をやると生々しい弾痕や刀傷が!
(って、刀傷はちゃんと写せてないですけど)
ちょっと触ってみたら、やっぱり他の人もみんな触っていくんでしょうね、
磨耗してツルツルでした(笑)



これがかの有名な風呂と階段ですねっ!
龍馬の恋人・お龍が風呂に入っている時、龍馬を捉えようとする捕り方が
来たことに気付き、スッポンポンで階段を駆け上がって龍馬に危機を
知らせたとされています。愛ですね~
ためしに階段を駆け上がろうとしてみましたが、結構急なんですよコレ。


1階には寺田屋女将・お登勢の部屋はまた賑やか。
色紙やらポスターやら目をひくものがいろいろ飾られていました。
観光客の憩いの場にもなっているようです。
お土産売り場もあるのですが、何故か新選組グッズまで・・・・
龍馬からしたら敵なのに?( ̄A ̄;)


今でも宿として使われていて、予約したら宿泊することもできるそうですよ♪
龍馬ファンであれば一度は泊まってみたいお宿ですね!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【見学料金】 大人400円  学生300円  小学生200円
        (幼児は中に入れないのでご注意下さい)
【宿泊料金】 6500円(要予約)
【見学時間】 10:00~15:40
【定休日】 1/1~1/3 月曜不定休
【場所】 京都市伏見区南浜町263
     
大きな地図で見る

Return

スポンサーサイト
* Category : 幕末史跡
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-08-26 (Tue)
夏休みのイベントとして、夜の太秦映画村で「妖怪大祭」が開催されました。
イベントは2日間あって私が行ったのは2日目です。



メインストリートに並ぶのは妖怪グッズや、妖怪本など、妖怪関係の店ばかり♪
妖怪会議(有料イベント)に出演されていた作家さんが直接店頭で販売をしたり
サインをしたりする光景も見られましたよ!私は荒俣宏さんを見かけました。
作家さんに直接会えるなんて、ファンには興奮モノでしょうね。



他にも妖怪イベントはもりだくさん!

  ★写真上段は百鬼妖怪展(妖怪藝術展)
    手作りの妖怪や妖怪関係のアートが並んでて、近くで見るとなかなか
    気持ち悪いものもありました(><;)
    そして妖怪と言えば忘れてはならない「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者
    水木しげる先生直筆の絵も見ることが出来ましたよ♪
 
  ★写真左下は幽霊電車
    よく見ると行き先は「地獄」で、ふと横に目をやると閻魔様が電車を
    睨みつけているのデス。車内のあちこちに幽霊の写真が張られており
    ブラックライトで照らされています。

  ★写真右下はあるお店で見つけた妖怪のお面。
    妖怪を見るだけじゃなく、自分も妖怪になって記念撮影はいかがでしょ。

写真にはないけど妖怪ライブも行われてました。妖怪がバンド結成?!
食堂では「ゲゲゲの鬼太郎」にちなんだメニューも用意されてて
なにもかもが妖怪です(鬼太郎ラーメン、砂かけばばあアイス等)



夜間ということで見学できない場所が多いのは残念ですが
こういう機会でもないと見れない夜の映画村は新鮮で、見てるだけで楽しいです。


そして本日のメインイベント妖怪百鬼夜行



妖怪達が太鼓の音とともに映画村を練り歩きます。
ぬぼーんと歩く妖怪、撮影に快く応じる妖怪、ウガーーッと脅かしてくる妖怪など
様々な妖怪の行列に人だかりができていました。
あっ!鬼太郎もいる!タスキを見たら映画の宣伝っぽい。
子ども・大人を問わず大人気で、行列からはぐれてしまう場面もありました(笑)



観客を引き連れた妖怪達が広場に到着。
何が始まるの?



ギャー!一斉に踊り出した(゜□゜)!



今宵は妖怪も人間も、鬼太郎音頭にあわせて盆踊り!
子ども達はもう大はしゃぎ!妖怪に追いかけられて走りまわってます。



あ、そーれ♪踊る阿呆に見る阿呆~同じ阿呆なら踊らにゃ損ソン♪
妖怪も楽しそうですね。
ちなみに私は見る阿呆・・・ってか撮る阿呆。
え?私も踊れって?妖怪が不気味に手招きをして誘ってくれます。



楽しい夜はあっという間に更けて、妖怪達は帰っていきました。
妖怪大祭、それは妖怪に恐怖を感じるためのお祭りじゃなく
妖怪と人間の交流会でした☆
来年は是非とも妖怪になって参加してみたいものです(≧ω≦)


P1050881
・・・・びっくりした


ちなみに以前「絶対入るぞ!」と意気込んでたお化け屋敷はどうしたかと申しますと、
同行してた母が嫌がったため諦めました。
要は他に客もいないお化け屋敷に一人で入るのにビビって敵前逃亡。
小心者と笑いたくば笑うがいいさ!(TAT)ノ


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪
* Category : 行事&イベント
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

結構、面白かった。 * by 沙都
こんばんは。
妖怪百鬼夜行、行かれたようですね。
四条大宮で、あんなにも行列が出来ているとは~
こちらは、もう一つの車両の電車でしたので、違う妖怪でした。

百鬼夜行を撮りに行きましたが、
あんなに多くの妖怪が練り歩くとは、思っても見ませんでした。
年々、大将軍商店街の方や、妖怪愛好家さんなど、
参加規模が大きくなっているように思えます。

映画村の背景は綺麗ですが、人が多いから難しいですね。
最後には、盆踊りが。何故か人気があったのは、鬼太郎でした。

妖怪じゃないけど、地蔵盆の頃に行願寺(革堂)で、
幽霊絵馬供養って行われているのですよ。
撮影禁止でしょうから、行ったことはないですが。

8/31日は、下京ルネッサンスですかね。
事前予約の時間予約しか入れない飛雲閣と書院が、
この日だけは、一般に開放されますから貴重です。
たぶん、知らないであろう情報を一つ。
八坂神社で神前模擬挙式が11:00~と14:00~の2回、
約30分ですけど行われます。ブログネタにはなるかも。
夜にあれば、綺麗だったんだけど。

ルネッサンス、神前は昼・夜両方とも撮っているので、
こちらは、マイナーな行事を行きます。
では、また~

* by isshy
さくゆずきさん
家からも近い映画村。いつもはそんなに興味ないんですが、夏休みのナイターとこのお化けイベントには前から家族でと思っていましたが今年もいけなかったのです。面白そう・・・でも怖そう・・・
電車がまた妙に怖いです。笑

* by ゆずき
Re → 沙都様

四条大宮からということはもしや同じ電車に乗っていたのでしょうか?!
四条大宮であの行列は普段ならありえない光景ですよね。
通行人が「え?誰かいるの?」とキョロキョロしてましたもん!
映画村でも老若男女問わず皆楽しまれてる様子で、「妖怪」というジャンルの
根強さと人気をうかがい知ることができました。

幽霊絵馬と言えば、以前革堂まで行った時「どこにあるんやろ~」と
狭い境内を隅々まで探しまわった記憶がありますが、まさか地蔵盆限定の
公開だったとは・・・・見事に労力を無駄に使ってますね、私。

8/31の神前模擬挙式、もちろん知りませんでした!ああっ見に行きたい!
ですが・・・・
31日は本物の結婚式に参加するんですよ。
この日は京都遊びをお休みして、友人のために「てんとうむしのサンバ」を
熱唱してきます!

* by ゆずき
Re → isshy様

ご家族で映画村、楽しそうですね!実現したらお子さんもきっと喜びますよ。
特に妖怪イベントは大人も子どもも盛り上がってましたしね♪
妖怪大祭の1日目は別料金にはなりますが、怪談も行われたようですし・・・
小さいお子さんに限らず「おもしろ怖い」体験ができますよ。
ちなみに、映画村のお化け屋敷は純粋に「怖い」です。
悲鳴をあげる男子高校生もいるぐらいですから(笑)
暑い夏、ご家族で冷や汗を流すのも一興かもしれません。
来年は妖怪ツアーを企画してみては?

個別記事の管理2008-08-24 (Sun)

遂に乗りました、妖怪電車!
この日が来るのが楽しみで楽しみで、発車の40分前に
四条大宮に行ったのですが、楽しみにされてる方は多いようで
既に長い列が出来上がってました。
妖怪は運賃が50円ということで、妖怪扮装をしている人もいます。
電車の行き先は地獄・・・・ではなくて嵐山。



ブラックライトで不気味に照らされた車内。吊り広告も全部妖怪です。
普通は辛いはずの満員電車なのに楽し~♪ でも小さい子ども達は不安顔・・・・



天井からぶら下がる手や、空調から覗く顔。
PTA主催のお化け屋敷を彷彿させるレトロな演出ですが
不気味さアップですね。
運賃は大人・子どもに加えて「妖怪運賃」も・・・



車内をうろつく妖怪に、小さい子ども達は大パニック!!!
「うぎゃーーっ!!!!!」「おりる~~っ!」と泣き声の大合唱。
お父さん・お母さんは、そんな子ども達をわざわざ妖怪の前に出してみたりと
その表情はイタズラ心で輝いていました(笑)



こんなリアルな鬼が来たとあっちゃ、その恐がりぶりは凄まじいです。
それにしても揺れるし暗いし妖怪は動くしで、なかなか写真が撮れないなぁ・・・



・・・なんて思ってたら、妖怪がシャッターチャンスを
作ってくれました!思わず「あ、どうも」なんて(笑)
なかなか妖怪はサービス精神旺盛のようで、記念写真にも
快く応じてくれます。


太秦映画村の妖怪大祭に行くため途中下車。
では最後に音声だけですが子ども達のパニックぶりをご覧ください☆


P1010790


【京福電気鉄道HP】 http://www.keifuku.co.jp/


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪
* Category : 行事&イベント
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

の、乗りたい~!! * by piccola
はじめまして!いつも楽しく読ませていただいています。あなたのブログは写真みきれいですが、読み物としても面白いですね。京都生まれ・京都育ちの私も、勉強になることが多いです。
それにしても・・・・・妖怪電車が走っていたとわぁっ!ふ、不覚でした・・・
早く知っていれば、乗れたのもを・・・って、まだ走ってますかね?京福のHPで調べてみます。(子どもたちの泣き声、臨場感ありました!)

* by ゆずき
Re → piccola様

はじめまして!温かいコメントをありがとうございます。
そのように言っていただけると、ブ○もおだてりゃ木に登る・・・いえ、
きっとこのお調子物は空に舞い上がりながら狂喜乱舞することでしょう。
妖怪電車、残念なのですが24日が最終日だったんですよ~
私も最終日に飛び乗ったんで・・・・
でもネットを徘徊してみたところ、毎年行われてるイベントのようですので
是非来年乗ってみて下さい!本当に子ども絶叫・大人大爆笑の楽しい
電車の旅(?)になるので乗って損はありませんよ♪
話のネタにもなりますしね(笑)

個別記事の管理2008-08-22 (Fri)

近くに坂本龍馬ゆかりの寺田屋があったため、それにあやかって
「竜馬通り商店街」を名乗る商店街が伏見に存在します。



きっと坂本龍馬も実際にこの道を通っていたことでしょう。
短い距離ではありますが、そこはまさしく「竜馬通り」なのです!



土産物店の横では龍馬さんとお龍さん(?)が伏見の名所を案内してくれます。
そしてもちろん店内は龍馬と幕末に彩られた世界



おや、こちらのお店では龍馬さんが鯖寿司の販売に勤しんでおられますよ。
勤王の志士チームと新選組チーム、どちらの方が売り上げが良いのでしょう?



竜馬通りの端にある安本茶舗で一服。
ここのソフトクリームは180円と安くて美味しいので大好きです。
お土産に買ったのは300円の「竜馬せんべい」
誰よ、「瓦せんべい」とか「たまごせんべい」とか言ってるのは。
竜・馬・せ・ん・べ・い!


【竜馬通り商店街HP】 http://ryoma-dori.com/

にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪
* Category : 観光名所 (伏見区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-08-21 (Thu)


伏見土産に日本酒ゼリーはいかがですかー?
京洋菓子司ジュヴァンセルの桃山店で見つけたのですが、
めっちゃ日本酒の味がして半分くらい食べたら酔っ払いそうな感じです!
それもそのはず、原材料を見たらしっかり「日本酒」と書かれてました。
さすが200円のゼリーともなると「日本酒風味」とかじゃなくて
本当の日本酒ですね!


【ジュヴァンセルHP】 http://www.jouvencelle.jp/


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

* Category : おみやげ
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-08-19 (Tue)

お腹を空かせてフラ~リフラ~リと彷徨っていたところ
目にとまったちょっと可愛い外観の店。
よし!ここに決めたっ!
なぜなら外に吊るされたメニューに唐揚げ定食の文字があったから。
今日はどうしても唐揚げの気分だったんです。


でも、中に入って「しまった!」と思いました。
店が狭い。しかもカウンター席。
それの何が「しまった!」なのかと言うと、目の前で調理をしてる、
つまりは「どうしたらいいかわからーん!」ってことです。
目が合った時、どうリアクションすればいいの?!!話すの?逸らすの?
しかも周りのお客さん、明らかに常連さんだよねぇ(TωT)
なんか場違いなとこに来ちゃったかなぁ・・・うぅ
本を読むという苦肉の策でなんとか乗り切ろうとしたら
この小心者にお店のご主人が話しかけてきた!ビクッ!


ところがまあ身構える必要など毛頭なく、
ご主人が気さくで良い感じの人なんだこれが!おっちゃぁ~ん(*´∀`*)
「おっちゃん、お客さんが入ってくるように店の前にオーラ張ってるねん」と
ジョークまで飛ばして下さって、一気に緊張がほぐれましたvv
よっぽど緊張した顔してたんかな私( ̄▽ ̄lll)
さっきまでの緊張はどこへやら、喋り放題に喋ってきました(笑)



唐揚げ定食登場~♪待ってましたっ!
なんとこういった定食には珍しくお刺身がついてますよ。
唐揚げはカラッとしてて美味しいです。皮もとってあるのがヘルシーで嬉しい。
唐揚げはお店によって差が出やすいので、店の料理のレベルが
推し量れるんですよね。
ひどいとこでは「ほとんど衣!しかも油でボトボトやん!」ってとこもありますし
でもこのお店は唐揚げ採点するなら◎!
「カラッとサクッとジューシーに」という唐揚げのツボを押えてます!


このお店、「らくたび文庫」でも紹介されてたんですね!
ご主人が「本に載ったんやで」と仰ってたので、帰ってから読み返して
みたら、ほんまや!載ってる!
なるほど。唐揚げがサクサクなのはてんぷら屋の技だったのか。
きっとこの本を読んでいただいた方がわかりやすいと思いますので
今回は本ごと宣伝しておきます☆

京の定食いただきます! (らくたび文庫 No. 24)京の定食いただきます! (らくたび文庫 No. 24)
(2008/02)
不明

商品詳細を見る


買ったままで読んでなかったけど、当ブログで紹介したお店が
けっこう紹介されてます。今度はらくたび文庫片手に
定食屋巡りもいいかもしんない。


京極食堂奈於、味はもちろんご主人のお人柄もはなまるなお店でした。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪
* Category : グルメ
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by isshy
はじめまして、さくゆずき様
こういう定食屋さんいいですよねー。どこの町でもある車でいけるレストランより、こういうお店を応援して私も教徒の昼食を食いつないで生きたい。そう思います。
またお邪魔します。

* by ゆずき
Re → isshy様

はじめまして、コメントありがとうございます。
定食屋に足を運んだことは何回かあるのですが、これだけお店の方との
距離が近い定食屋っていうのは初めてです。
その辺のレストランみたいに丁寧な挨拶とか「こんなこともしてくれるの?!」
ってぐらいのサービスはないですが、上っ面だけのサービスじゃなくて
お客さんとの関係を大事にするっていう本当のサービスが詰まっている
ように感じました。だからこそ常連さんがご主人の人柄を慕って
集まってくるわけで・・・・最近は飲食店も入れ替わり立ち代わりですが
こういう温かい雰囲気のお店は長く続いていってほしいなと思います。
応援の意味も込めて(?)、ガツガツ食べて食いつなぎましょう!

個別記事の管理2008-08-18 (Mon)
今年の夏、私が密かに掲げてるテーマ、それは「妖怪」
ゲゲゲの鬼太郎の映画も公開されてることだし、ここはちょいと
妖怪でも追いかけて涼しい気分になろうという魂胆です。
んで、手始めに行ったのが高台寺で開催中の百鬼夜行展♪



ちょうど燈明会も行われてました。
いい感じに月も出ていて妖怪気分が盛り上がります。
(※いい感じの月=ちょっと霞んで不気味な感じになった月)



おっ♪さっそくきましたねー。
暗い中に佇む灯籠には妖怪の絵が入っています。
Googleのロゴも妖怪仕様とは、なかなか粋な演出をしてくれます。



展示は撮影負荷なので写真は無いですが、なかなかいいもん見れました。
なかなか不気味な幽霊掛け軸が2点展示されてて、その前には線香・・・・
不気味!不気味すぎるよ線香!
地獄絵は絵柄はまろやかでも内容は殺伐としたものです。
人が鬼に刺身にして食われてるところとか。
絶っっっ対、地獄には落ちたくないですね( ̄□ ̄;)
そんな中、百鬼夜行図はけっこう可愛い感じでほのぼのとしますよ。
地獄絵もそうですが、細かいところに注目して見るといろいろ面白いところが
見つかります。



最大の見所は庭です、庭。
庭園をスクリーンにして、妖怪の絵が映し出されるんです。
ちょっと不気味なBGMに合わせて妖怪がピョンピョンはねたり、時にはこちらに
迫ってきたりと、立体感が感じられるんです!!!
写真とか映像じゃちょっと分かりにくいので、やっぱり実際に見ていただくことを
オススメします!



この写真の方が分りやすいでしょうか。
すっかり見惚れて(?)しまって、長いこと庭を眺めてしまいました。
高台寺であまりにゆっくりしすぎて、清水寺の宵参りに行けずですよ。チッ。



期間中は奥の方もライトアップされてます。



暗いので階段を下りる時には注意しましょう。
というのも、自分が足を踏み外してスッ転んだからなのですが・・・・


高台寺の展示期間は8月31日までです。
妖怪巡り、次は乗るぞ妖怪電車ーーーっ!
太秦映画村の妖怪大祭にお化け屋敷だ、ゴーゴー!
残り少ない夏休み、燃え尽きようと思います☆


【高台寺HP】 http://www.kodaiji.com/


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪
* Category : 行事&イベント
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by みりおじ
へえ、夜はこんな趣向もやっていたんですね。

# 定期観光バスで、六道珍皇寺が六道参りで回れないから、と代わりに組み込まれていたのが高台寺だったんですよ。

昼間だったので、こんな仕掛けがあるとは気づきませんでした。

# 幽霊の絵、昼間見ても迫力ありました(笑)。

* by ゆずき
Re → みりおじ様

行事で定期観光バスのコースが変わることがあるんですね。
私も幽霊掛け軸等の展示だけを目当てに行ったので、こんな演出が
あるとは驚きでした。もしかしたら圓徳院の方でも同じような展示が
あったのかもしれないと思うと、共通券買っておけばよかった!と
ちょっと後悔するところもありますが、偶然に見れて良かったです。
また夜に拝観されたら、きっと昼間とは全然違う雰囲気を味わえますよ♪
幽霊掛け軸の迫力も増すかも・・・・?

個別記事の管理2008-08-17 (Sun)

丸太町で大文字を見て、そこから猛ダッシュで見に来たのは壬生寺の
六斎念仏。六斎念仏と言われるものを見るのが初めてなので、どんなものか
楽しみ楽しみ~♪



見たのは途中からですが、いわゆる堅苦しい「念仏」ではなく
動きがあるので視覚的に楽しめるものですね。



太鼓を叩くにもこの動きの激しさ!
伝統を継承していくには体力も必要不可欠のようです。



こ~んなおちびちゃんも、周りのお兄ちゃんや大人たちを見ながら
一生懸命に太鼓をポコポコ叩いてます。かわいいっ(≧∀≦)
この子が出てくるたびに拍手喝采。まさにアイドル!
でも皆さん、こんな小さい頃から練習してこられたんですね。



棒振り囃子は棒を振るスピードがあまりに速くて、口がポカーンと開いて
しまいます。写真に棒が写ったのはゆっくり回してるこの1枚だけでした。



獅子舞?二人一組でやってるみたいですが、何がどうなってるのやら。
アクロバティックな動きです。中は組体操状態なんでしょうね。



恐らくこの六斎念仏の一番の見所であろう獅子VS土蜘蛛の
場面ですが、うまく写真が撮れなかったので、動画から
切り取った画像で勘弁して下さい(>_<;)
土蜘蛛のこの糸、どういう仕組みで出してるんだろう?
クラッカーみたいにピシュッと出てくるんですよ。
この演目が終わったらお開きになるのですが、皆さん土蜘蛛の糸を
拾いに行ってました。なんか神棚に飾るとか言ってる人がいましたけど・・・・
うちには神棚ないからなぁ~残念!


六斎念仏が終了したのは22時。
ここんとこ夜の行事が多くて午前帰宅ばっかりです( ̄▽ ̄;)


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

【日時】 8月9日 20:00~
      8月16日 20:30~ 
【場所】 壬生寺
【URL】 http://www.kyoto.zaq.ne.jp/mibu/

Return

* Category : 行事&イベント
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

次週も夜の行事かな * by 沙都
へぇ~、壬生寺に来られていたのですか。
こちらも途中から、撮りました。
上賀茂周辺で船形を撮っていたので。
人が多く、三脚を立てられず失敗しましたが。

六斎念仏のテープは。
白色のテープの(芯入り)3つを家の神棚に1週間おき、
その後、芯だけを取り、
財布に入れるとお金が貯まると言う風習が祇園で伝えられているのです。

角度的に、水掛地蔵付近から撮られていますね。
それにしても、良く、京都に来られますね。
タフと言うか、物好きと言うか、京都の魔物に取り憑かれたのか~

来週の週末は、主にこんなものかな。
22-23六地蔵巡り。
23-24妖怪百鬼夜行。千灯供養/あたご古道街道灯し。
23姉小路行灯会。市場、夏祭り。
24高瀬川灯ろう流し。
※他には、松上げや六斎念仏などが。
六地蔵巡り以外は夜です。
またもや午前様でしょうか。お疲れさま。

* by トレビアン・西
こんばんは。あなたのブログは京都人が見ても勉強になります。
私はずーっと京都に居ますが知らないことばかりです。

* by ゆずき
Re → 沙都様

なぬっ!財布に入れるとお金が貯まる?!!
そんな素敵なご利益アイテムだったなんて!やっぱり貰っておけばよかったっ!
神棚はない上に、私の財布の中には銭亀も住んでますけど。
まあ使わなければ確実に貯まるんでしょうけどね;

船形って上賀茂神社周辺で見れるんですね。
大文字とか左大文字はよく通るので大体どこからが見えやすいかは
わかるのですが、妙・法・船形のあたりにはあんまり行くことがないので
どこから見えるのかわからなかったんです。いいこと聞いちゃいました♪
やっぱり三脚があるのと無いのとでは全然違いますよね。特に夜は。
うちには三脚がないので夜景モードとか使い物になりませんもん。
三脚を立てようと思ったら早くから場所取りもしなくちゃいけないんですね。
私ははちょこまかちょこまか、忙しなく動いてる派です。
前の人が抜けたらササッと前に移動し、疲れたら後ろで休憩し・・・・
水掛地蔵から撮った写真は休憩中のものです。
タフと言えばタフですが、やはり私の人格基盤は「怠け者」なんで(笑)
でも9月になると休みがほとんどなくなるので、夏休み中は怠け者を封印して
ガンガン遊びまわろうと思います!んで9月から怠け者になると。
来週はたぶん妖怪電車に乗って映画村で妖怪達と戯れてることでしょう。



* by ゆずき
Re → トレビアン・西様

はじめまして!コメントありがとうございます。
京都人のトレビアン・西さんから、そのように言っていただけるなんて
嬉しいです。地元を知らず京都を知ってる大阪人です(笑)
って言っても、正直なところそんなには京都のことを知らないのですが、
京都テレビの番組とか、観光案内所で配付されてるフリー情報誌でゲットした
情報をもとにちょろちょろ動き回ってます。

個別記事の管理2008-08-17 (Sun)
昨日の夜は雨になるとの予報だったのですが、晴れてよかったですね!
五山の送り火もしっかり見ることができました。



夜になる前に一度、銀閣寺道まで行って大文字山を偵察。
近づいて見ると結構人がいるんですね!
ちなみにこの時は雨ザーザーです;雨ザーザー



大文字の観賞スポットと言えば出町柳!・・・・・なのですが
12年前でしょうか、出町柳に行った際、橋の上が大混雑して息もできないぐらい
だったので、出町柳を避けて丸太町へ。あの混雑はトラウマですよ;



でも丸太町の河原だって十分見えるじゃん!な~んだ☆
案外どこからでも見えるもんなんですね。
混雑もしてないし、けっこう穴場かも?
近くの高校でお祭りもしてて、楽しそうな雰囲気でした。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

* Category : 行事&イベント
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-08-15 (Fri)
ニュースで流れてたので既にご存知の方は多いかと思いますが
昨日14日から大谷祖廟で万灯会が始まりました。
お墓に提灯がたくさん下がってる様子をブラウン管で見て一目惚れ。
墓地を見学なんて不謹慎かなと思いつつも、行かずにおれませんでした!



お墓のところだけかと思えば、参道にも提灯がズラッ!
長い参道が提灯の灯りで浮き上がってます。



中は中でまたすごい!
「万灯会」って言っても実際は万も灯りは無いだろ~と思うのですが
大谷祖廟は数えたら本当に1万ぐらいの提灯がありそうですよ。
とにかく、そこかしこが提灯まみれの行灯まみれなんです。



階段も提灯・提灯。すごいですねー!
実は我が家もここに納骨してるので、まるっきり無関係ではないのデス。
しっかり廟の前で手を合わせてきました。
京都で遊びまくってるくせに毎回素通りしてゴメンネ、おじいちゃん(>_<;)
京都好きなあなたの孫も、今や立派な京都好きです☆
てゆーか故人の魂はこの時期、一体どこに在るのでしょう?
お墓?納骨先?仏壇?正直なところ何処を拝んでいいかわかりません



お・ぼ・ん・・・・・お盆ですね。
ここの花文字はいつ見てもキレイ!



墓地に到着!
・・・・・っ!言葉になりません!!!
上の方までポワンとした灯りが続いてて、墓にこんなこと言うのもなんですが
めっちゃ幻想的です!ロマンチック!(←墓にロマンて・・・
お墓だけどゴメンナサイ、1枚だけ写真失礼しますっ(>ω<;)
なんか分かりにくい写真だけど、お墓が写っちゃうんで今回は画像補正は
控えさせていただきますね。
墓を撮影しておいて今更無いも同然ですが、なけなしのモラルってことで・・・・
それにしても上の方にお墓がある人は大変だぁ( ̄◇ ̄;)



下から見ると結構ロウソクのバランスが危うい感じ(笑)
お墓に垂れない?!大丈夫?!!


明日はいよいよお盆の風物詩、五山の送り火ですね!
どこで見ようかまだ迷ってます。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪
* Category : 行事&イベント
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。