12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-01-31 (Sat)
【竣工】 1878年9月7日
【歴史】 新島襄は高松保実の屋敷(幕末期は御用大工棟梁・中井家の屋敷)の
      半分を借りて、明治8年に同志社英学校を開校。
      同志社が現在の場所に移った後、新島襄は高松邸を買い取り
      住居を建築




パッと見た感じは神戸の異人館を思わせる洋館ですが、
中は和をベースに洋を取り入れた建築様式なんだそうです。
めっちゃ西洋!文明開化万歳!って感じの部屋もあれば、
茶室があったり、畳の上に西洋家具が並べられてたりもします。



1階部分は特に、新島襄が生活していた当時の感じがそのまま残ってました。
当時、この書斎には本を求める学生が自由に出入りしていたとのこと。
本棚には難しそうな本がズラリ(※本はハリボテです)



ここは応接間
会議室や事務室、職員室にまで、かなり幅広い用途で使われたみたいです。



応接間には新島襄の奥さん・八重が弾いたオルガンが。
なんと自由に弾かせてもらえるんですよ!!!いいんデスカ?!
ドキドキして弾いてみたら、全然狂うことない綺麗な音色が聞けました。



台所にはカマド・流し台・室内井戸があり、床は板張りでした。
土間や外井戸が中心だった当時の最先端キッチンです。



2階はあまり家具がないのですが、寝室にはベッドが残されてました。
現在のベッドに比べると寝心地は悪そうですね



【新島襄旧邸のポイント】
  ①家具

    新島襄旧邸の家具は全て新島襄が住んでた当時のもの。
    全てが有形文化財です。

  ②暖炉(セントラルヒーティング)
    応接間にある暖炉は、その温風を1階の他の部屋や2階の部屋にも
    送れるような工夫がされている、当時の最新暖房器具です。
    他にも先に紹介した台所や板張りの洋式トイレなども、当時の最先端。
    新島襄は新しいモノ好きだったのかもしれませんね。



他にも茶室や食堂などのお部屋がありますが、後は訪問してのお楽しみ♪
同志社の施設なので無料で見学できますが、公開日が限られてますので
ご注意下さいね。



にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


【場所】 京都市上京区寺町通丸太町上ル松蔭町
【最寄駅】 市バス「河原町丸太町」
       京阪「丸太町」

【公開日】 3月~7月、9月~11月の水・土・日曜日(祝日は除く)
       春・秋 御所の一般公開期間
       11月29日 同志社創立記念日
【公開時間】 10:00~16:00
【入場料】 無料
【駐車場】 無
【URL】 http://www.doshisha.ac.jp
     (教育→研究所→同志社社史資料センター)

Return

スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (上京区)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-01-29 (Thu)
【宗派】 禅宗
【本尊】 千手観音菩薩(作:恵心僧都  角倉了以の念持仏)
【創建】 角倉了以



渡月橋から川を上流に向かって1kmほど歩いていったところにある大悲閣。
ここからさらに階段を上っていきます。



息も切れてきた頃、鐘に辿り着きました。
ここの鐘は自由に撞けるので、是非撞いてみて下さい。
絶景の中に響く鐘の音は最高ですよ!
ただ、木の棒がなんか腐ってますが・・・・これは一体・・・?



本堂がある場所まで行くと、手作り感満点のこの場所で
1人のお坊さんが作業をしていました。
普通に屋外ですけど・・・・
これは一体・・・・・???



こちら、大悲閣の仮本堂でゴザイマス。
中を覗けば台座もない仏像等が雑然と畳の上に置かれています。
・・・・・・・なんとなく状況が飲み込めてきましたよ。


この寺、実は荒廃してるデショ?!!(´□`;)



なんだか未来が残り少なさそうな未来堂
傾いた屋根がいっそう幸薄げな雰囲気を醸し出してますね。



この月見堂、亀山公園展望台から見るとたいへん趣きがあるのですが
近くで見ると趣きより傾きが気になります。



一応靴を脱いで上がるのですが、吹きっ晒しなためか砂が畳にジャリジャリと・・・;
ある意味、ここより神秘的なお寺は見たことがありません。



でもここから見る景色は最高です!
特に紅葉シーズンは絶景ですよvv
観光客も少なくて、なかなかの穴場です。



大悲閣のおっちゃん曰く「景色だけが自慢です」
そんな身もフタもない・・・( ̄◇ ̄;)



ではもう一つの言葉も失うぐらいの絶景を。
先程、絶景を堪能していた場所を真下からみたところです。
無数の亀裂に、ワイヤーでくくりつけられただけの添え木・・・・・
もはや倒壊寸前Σ( ̄□ ̄;)



されど境内には、夢窓国師が座禅を組んだと言われる座禅石
松尾芭蕉の句碑などが点在していて、見所も多いのデス。
観光地嵐山における秘境ですね。
渡月橋から大悲閣までの道のりも、それはそれは素敵な景色なので
時間があれば是非のんびり歩いてみて下さい!!!



【大悲閣のポイント】
  ①角倉了以と大悲閣

    大悲閣は角倉了以が河川開発工事に協力した人の菩提を弔うために
    嵯峨にあった千光寺を移して創建したものです。
    角倉了以は晩年をここで過ごし61歳で亡くなります。
    月見台には角倉了以像が安置されてました。

  ②そろばん
    大悲閣はそろばん上達のお寺でもあります。
    理系の勉学に励んでおられる方は是非お参りしましょう☆



にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑観光のご参考になりましたらポチッとクリックお願いします♪


【場所】 京都市西京区嵐山中尾下町62
【最寄駅】 阪急「嵐山」
       JR「嵯峨嵐山」
       嵐電「嵐山」
【拝観時間】 10:00~16:00(休日は5時まで)
【拝観料】 400円
【駐車場】 無
【HP】 無

Return

* Category : 観光名所 (嵯峨・嵐山)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-01-27 (Tue)
【祭神】 木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
【沿革】 平安時代初期は北山にあり、足利義満が金閣寺を
      建てた時に、綾杉の神木がある現在地に移された。
【ご利益】 安産、子授、家内安全、災難厄除、開運必勝、心願成就



わら天神宮は安産にご利益のある神社です。



祭神の木花開耶姫命は一夜で3人の子どもを妊娠した上に
火の中で出産したと言われる、なかなか壮絶な神様。
この神様に祈れば子どももスポーンと生まれそうな気がしますね( ̄▽ ̄)



賽銭箱の前には、安産祈願やお礼参りのよだれかけがいっぱい!
ミルクの缶も置かれてました。
どの子もすくすく育って欲しいなぁ。



わら天神が北山から移転してきた時、この地にあったとされる綾杉の神木
今残ってるのは根元だけとは言え、その迫力に圧倒されます!
めっちゃ太い・・・・



六勝稲荷社は試験合格のご利益があるそうですよ!
受験生はしっかり拝んでおきましょう!



【わら天神のポイント】
  ①わら占い

    お守りとして授けられるわらに筋が入っていれば男の子、
    入ってなければ女の子が生まれる
とする占い。
    もともとは神様にお供えする時に使われたわらの器から、
    わらの一部を持ち帰って身につけた風習からきているとか。

  ②安産までの道のり
    妊娠5ヶ月の戌の日に参拝して、安産のお守りや腹帯などをゲット☆
    妊娠9ヶ月9日に再び参拝し、授乳祈祷された甘酒をゲット!
    これで母乳対策もOKです。
    お礼参りはやっぱりよだれかけ?

  ③うぶ餅
    わら天神の名物菓子
    戌の日と、毎月9日には境内にうぶ餅茶店が出るそうですよ!
    私はこれを知らずに行って食べそこねてしまいました(TAT)
    (販売元:笹屋守栄 http://www.sasayamorie.com)

  ④清盛塚
    どこにあるのかわかんねーーーー!!!!
    地図で見たら最初の鳥居からスグの左手なのですが・・・・
    見つけられた方、どこにあったのか教えて下さい!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑観光のご参考になりましたらポチッとクリックお願いします♪

【場所】 京都市北区衣笠天神森町10
【最寄駅】 市バス「わら天神」下車
【HP】 無

Return

* Category : 観光名所 (北区)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-01-25 (Sun)
1ヶ月間、ご無沙汰してました。
ああ・・・・京都に来るの久しぶりや~(T∀T)


やって来ましたのは毎年1月25日に行われる初天神!
終い天神に劣らぬ賑わいぶりです。



天神市にはズンドコズンドコと太鼓の音が響きます。
梅もチラホラ咲いてきましたね♪



筆始祭で書かれた書き初めが飾られているところに、新年を感じます。
思えば2009年になってから1回も京都に来てなかったんだなぁ



1m歩けば使い道のよく分からん不思議なものに遭遇します。
「コレ誰やねん!」とつっ込みたくなるような一般家庭の家族写真とか、
誰が誰に書いたとも知れない古いハガキとか・・・・
首の無い人形、誰か買う人は現れたんやろか・・・・( ̄ω ̄;)



骨董ばかりじゃなくて、食べ物も安いんですよね♪
「庵」って店のちりめん山椒、こんな大盛りで1000円だったんですよvv
あと壬生菜の漬物と、和柄のコサージュが今日の戦利品です!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑10000打突破、ありがとうございます!
  励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックよろしくお願いします♪



【日時】 毎年1月25日の終日
【場所】 北野天満宮
     (京都市上京区馬喰町)
【URL】 http://www.kitanotenmangu.or.jp/

Return

* Category : 行事&イベント
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by isshy
すごい人でしたね。今年の初天神。
日曜やら不景気やらイロイロ重なって・・・
戦利品がいいですね。
TBさせてください。これからもおじゃまさせてください。

* by ゆずき
Re → isshy様

こんにちは!コメント&TBありがとうございます。
京都の行事は土日と重なるとすごく混雑しますね!
かなり遅い時間に行ったのですが、もう少し早く行ってれば
もっといろんな戦利品があったかもしれません。

個別記事の管理2009-01-14 (Wed)

相国寺境内にある宗旦稲荷にまつわる伝説をご存知でしょうか。

「千利休の孫、宗旦が相国寺の茶会に招かれて出かけていったところ
相国寺境内に棲んでたキツネが宗旦に化けて、茶会に出席しており
見事なお手前でお茶をたてていた」


おおむねこんな話ですがこのキツネについては、周辺で人助けをしてたとも
いろんな茶会に出てきては食べ物を食い荒らしていたとも言われてるようです。
宗旦狐の話はいろいろな形で伝わってるみたいですが、その宗旦狐が
開運の神として祀られているのがこの宗旦稲荷というわけなのです。
鐘楼の陰にあって、見落としてしまいそうな小さな社ですが、
伝説を知って見ると見方も変わるのではないでしょうか?

茶会が行われていた相国寺塔中・慈照院には、宗旦狐が逃げた窓が
あるそうなのですが、残念ながら非公開とのこと。
こちらの窓も見てみたいものです。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【場所】  京都市上京区相国寺門前町701 (相性国寺境内)
【最寄駅】  地下鉄烏丸線「今出川駅」
        市バス「同志社前」
【HP】  http://www.shokoku-ji.or.jp


大きな地図で見る

Return

* Category : 観光名所 (上京区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-01-13 (Tue)
京都ブログなのに、今日ご紹介するのはインドです!
ここのシェフは、インドの5つ星ホテルで20年働いてたとか!


店内に入ってみるとスタッフは全員インド人で
オーダーを通すのに飛び交う言葉はインド全開!
日本語通じるかしら・・・・?と心配になりましたが、大丈夫でした。
(でも複雑な日本語は若干通じにくいのかもしれません)



1つのカレーをたっぷりじっくり味わうのもいいですが、オススメはランチメニュー!
790円~1400円でインドを堪能できますよ!
私が食べたAランチ(980円)では以下の料理が食べられます。


・カレー2種類(野菜、チキン、羊肉、ほうれん草から)
・ナンorライス
・ターメリックライス
・スープ
・サラダ
・タンドリーターメリックカバブorシークカバブ


ナンで注文しましたが、これが結構大きくてお腹が膨れました~
でも出来立てのナンのモッチモチ感はクセになりますよ!
ナン専用の窯があって、焼いてるところが外から見れます♪



にんじんとトマトのスープは、なかなかスパイシー☆
でもカレーにしてもそうなのですが、後味がサッパリして残らないんですよね。
普通、カレーを食べたらいつまでもゲップにカレー味が残りません??


寒い冬、スパイスの効いたカレーを食べて芯から温まってみませんか?
あ、全然激辛とかじゃないんでご安心を!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑ポチッと応援していただけると喜びます


【場 所】 京都市東山区祇園町2北側267 祇園了郭ビルB1
【最寄駅】 京阪「祗園四条」
【営業時間】 11:00~14:30
         17:00~22:00(L.O.)
【定休日】 ?
【駐車場】 
【HP】 無

Return

* Category : グルメ
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-01-12 (Mon)

前々から行ってみたかった京都大学のカンフォーラ。
今日の目当ては総長カレーです!



てゆーか、なんだこのオシャレな店内は!
生協レストラン・・・・つまりは学食ですよね?!!
カウンター席にソファー席、店に入ればスカーフ巻いたウェイターさんが
「いらっしゃいませ。こちらのお席へどうぞ」とメニューを渡される。
わぁー呼び出し用のブザーまであるよ・・・・

私も某国立大に通ってましたけど、イスはパイプ椅子、その椅子はシミだらけで
机はガタガタ。常に食堂のおばちゃんが慌しくレジと調理場を行き来しており
当然セルフサービスで常に大行列・・・・・
なんだこの差は!同じ国立とは思えん!!!



カルチャーショックを感じながらキョロキョロしてるうちに、ををっ!
やってきましたね。これが噂の総長カレーですか!
このカレー、ヤバイです!
「肉inカレー」じゃなくて、「カレーin肉」って感じですよ!
肉デカッ!!!スプーンからはみ出すぐらい、4cm角の肉がゴロゴロ入ってます!
しかもめっちゃ柔らかくて、口の中でトロ~リvv
こんなカレー、初めてですよ。
学食のカレーなんて「肉が入ってたらラッキー♪」ぐらいやのに・・・・
しかも私みたいなやつにも分かるぐらい、いろんなスパイス使われてます。
学食とは思えないこだわりですねぇ。これで値段は700円だから嬉しい♪


雰囲気と味はレストランだけど値段は「学食」なので、気軽に食べられます!
場所は京都大学正門を入ってスグのところです。


【カンフォーラHP】 http://www.s-coop.net/time/shop_camphora.htm


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、この記事がお気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪
* Category : グルメ
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。