12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-03-29 (Sun)
【竣工】 1904年
【設計】 松室重光


春の一般公開が行われてると知り、初めて京都府庁に行ってきました。
おお~ここが京都府の中枢なのですねっ



石造りの階段を上ると、カツーンカツーンと足音が響き渡ります。
なかなかいい音♪
味をしめてわざとカツーンカツーンと鳴らして歩いたりして(コラ)



窓から見える中庭の枝垂れ桜。
旧本館の窓ガラスは全て昔の手漉きガラスらしく、少し外がゆがんで見えたり
ガラスに気泡が入っていたりします。
壊れやすくなってるそうなので、ウッカリぶつからないように気をつけなきゃ!



重要文化財に指定されてる建物ですが、今も庁舎として普通に
使われてるのがスゴイです。
石造りの建物みたいですが実はレンガ造りなんですよ!
暖炉をのぞくとレンガ部分を確認できます。
でも重厚な木の扉の部屋が並ぶ赤絨毯の廊下に趣きを感じる一方、
「夜、残業するにはちょっと不気味やなぁ・・・・」と思いました(笑)
日が差し込まない場所はけっこう薄暗いのデス。



旧知事室も見学させてもらえます。ここは知事室の手前にある食堂
暖炉とか家具とか備品とか歴史を感じるものが普通に置いてあるっ!
しかも豪華なんです!
普通の棚かと思ってたら、右から見たら菱模様・左から見たら菊模様に
見えたりして、きっとそれぞれのものにこだわりがあるんだろうなぁ。
暖炉の装飾も部屋ごとに違うんですよ。



面白いなあと思ったのがコレ。なんだと思いますか?
これは知事と部長の登退庁を知らせる表示灯です。
こんなん使ってたんや・・・・



こちらが知事室。1971年まで使われていたそうです。
大文字が眺められる絶景のお部屋です!



ここで歴代の知事が仕事をしてたんですね。
知事室や食堂の他にもいくつか見学できる部屋がありました。



小川治兵衛作庭の中庭は、春には見事な枝垂れ桜が咲きます。
この桜、実は円山公園の枝垂れ桜の孫なんですよ!
円山の枝垂れ桜の種から育ったんだって。


他にも京都守護職屋敷跡とか、五条大橋の橋脚などがあるのですが
それはまた別のテーマで紹介させていただきます。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪




【場 所】 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
【最寄駅】 市営地下鉄「丸太町」
       市バス「府庁前」
【見 学】 春と秋の一般公開時(無料)
【URL】 http://www.pref.kyoto.jp/index.html

Return

スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (上京区)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-03-28 (Sat)

枝垂れ桜はほぼ満開ですが、染井吉野はほとんど開花していないので
まだ若干寂しい感じがします。


枝垂れ桜と染井吉野の両方が咲きそろう絶妙なタイミングを狙いましょう!


夜にはここからお座敷にあがってる舞妓さんが見えることもしばしば。


ライトアップは4月5日までですが、それまでに咲きそろうかしら??


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪
* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-03-28 (Sat)
京都御所の桜はもう見頃に突入しています。

【出水の桜】



【近衛桜】



8分咲きから満開といったところ。










まだ咲いてない木もあるので、まだしばらくは御所の枝垂れ桜を堪能できそう♪


桃林では桃も満開でした!
御所は今が一番華やかな時期です。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑今回はほぼ写真のみですが、よろしければ
  ポチッとクリックお願いします♪

* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-03-23 (Mon)

久々に二年坂を歩いていたら、こんな店ができてました。
京ねぎ焼きの店・ねぎまる
京都ねぎ専門業者直営店らしいです。
ねぎ焼きと言えば、ねぎタップリのお好み焼きかと思えば・・・・



・・・・・あれ?なんかお好み焼きと言うよりクレープっぽい?
このうっすらかかったソースは白味噌かな??
どれどれ、京都版ねぎ焼きのお味はいかがデショ?



開けてビックリ玉手箱!!!!
九条ネギがパンッパンに詰まってました( ̄◇ ̄;)
端から端までネギ・ネギ・ネギ!
ロクにソースもかかっていない状態で、これだけのネギを食すのは
至難の技だわ・・・・(´ー`)と、遠い目になったのですが、
意外や意外。
よく味がしみこんでます。
濃い味じゃない。けど薄くはない。
すごく上品な味なんです。
アッサリしてるのにクセになる味で、「もっともっと!」と食べてるうちに
皿からねぎ焼きが消えてました(笑)
二年坂に行ったらぜひ食べてみていただきたい逸品です。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

【場 所】 京都市東山区高台寺枡屋町358
【営業時間】 11:00~17:00
【定休日】 水曜日 
【値 段】  400円

Return

* Category : グルメ
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-03-22 (Sun)
以前コメントにて、「鳥せいのラーメンがうまい!」と教えていただいたので
鳥せいに足を運んだところ、ありえないぐらいの混雑ぶり。
90分待ちなんてランチタイム終わっちゃうよ!
てか、お腹は90分も待ってくれないよ!
なんで?
なんで今日はこんなに人が多いの?!!と思って歩いていけば
なにやらイベントが行われている場所が・・・・



どうやら今日は蔵開きの日だったようで、地酒や日本酒関連商品などが
販売されてました。試飲もできて酒好きの人にはたまらないイベントです!
私も飲めないクセに、人生初の日本酒を試飲したのですが、
千鳥足になって、母に支えられながら歩くハメになりました(-_-;)



斉藤酒造でも蔵開きのイベントがあり、販売や試飲が行われてました。
酒造りの見学会も行われていたようですが、斉藤酒造に行ったのが
イベント終了30分前だったので、参加することはできず。



それでも梅酒の梅はしっかりつかみ取りましたよ!!!
300円で袋からあふれるぐらいの梅をゲットです☆
嬉しいけど重・・っ!!( ̄◇ ̄;)
この大量の梅、電車の中でぷぅ~んと酒の香をまきちらしたもんだから
若干気まずい帰路となりました。



・・・って、結局第一目的の鳥せいのラーメン食べれなかったし!!!
また出直しですね。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


* Category : 未分類
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-03-22 (Sun)

お酒と言えば伏見、伏見と言えばお酒!
ってなわけで月桂冠大倉記念館に入館して酒蔵見学です。
伏見の蔵元で一番古いらしいので、どんなところかワクワクします♪


入館料300円って安いな~!と、それだけでもちょっと驚いたのに
お土産に日本酒をワンカップもらってさらにビックリ。
300円しか払ってないのに、お土産まで貰っちゃっていいの?(´Д`;)
でも酒蔵見学に意気込んでおきながら言うのもなんですが、
私、お酒は全く飲めないのデスヨ。



そんな奴が何で酒蔵?と思われるでしょうが、第一目的はコレ。
名水「さかみづ」
実際に酒造りに使われている水で、その名称は「栄え水」が転じて
「さかみづ」になったんだとか。
名水と言っても、私の舌にはソムリエのような敏感な味覚は備わってないんで
味の違いは正直わかりませんが、名水でしっかり喉を潤しました。



月桂冠大倉本家発祥の地にある笠置寺の参道に
置かれたとされる笠置灯籠を復元したものです。



灯籠といえば、キリシタン灯籠なんてのもありました。
灯籠の下の部分にキリスト像が彫られてます。
キリスト教の弾圧がひどかった時代は、このキリスト像の部分は土の中に
隠されていたそうです。



酒蔵の中は展示室になっていて、酒造りの道具が展示されています。
酒蔵は明治に建てられたものだとか(中は改装してるみたいですが)
案内板がついているので、酒造りの工程もわかりやすいですよ♪
蔵の中には酒造りの歌(?)みたいなのが流れていて、往年の酒造りの
様子が偲ばれます。
第2展示室には酒瓶やラベルが展示されていました。
創業当時はラベルを作るのにも大変な手間がかかったんだろうな~



予約をしたら「酒香房」で醸造装置も見せてもらえるとのことです。
知ってれば予約して見学したかったかも・・・・


【見学終了】

見学が終わると、お酒好きの方には嬉しいきき酒が待ってます☆
酒造りの工程を見た後だから余計に美味しいかもしれないですね。
お酒NGな私も、2回目の見学では日本酒を初体験。
3種類のお酒を飲みました。
ぐはぁっ!喉が焼け付くようだ!
(↑アルコール4%以上は未知の世界だったんで・・・)


【お土産】
売店では月桂冠のお酒や、お酒を使った商品が販売されていました。
私はお酒の入浴剤(150円)を購入。
初めて来た時はきき酒をスルーしたのですが、不憫に思われたのか、
売店の方が代わりに(?)月桂樹の葉っぱをくれました。
月桂樹の葉なんて見たこと無かったから、てっきり最初は枯れ葉かと・・・
すっごい美味しそうな匂いがするんですよvv


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


【開館時間】 9:30~16:30
【休館日】 年末年始・お盆
【見学料】 大人・300円  中高生・100円
【URL】 http://www.gekkeikan.co.jp/index.html
【場所】 京都市伏見区南浜町247
     
大きな地図で見る

Return

* Category : 観光名所 (伏見区)
* Comment : (6) * Trackback : (1) * |

* by トレビアン・西
こんばんは。大蔵さんに行かれたのなら、「鳥せい」は行かれましたか?
ここは山本酒造が経営してる焼き鳥屋です。雰囲気も最高、値段の安く、旨い鳥料理を食べさせます。私も過去に100近く行ったかな(笑)

* by ゆずき
Re →  トレビアン・西様

鳥せいには行ってないですが、鳥せいの横にある名水は汲みましたよ。
鳥せいって高級なイメージがあったのでいつも通り過ぎてたんですけど
安くて旨いとあっては、1回行ってみたいものです。
食欲という名の炎が胃袋で燃え上がってきましたよーv-41
それにしても100近くも行かれてるとは、かなりの常連さんですね!

* by 桜吹雪
鳥せいと聞けば黙っていられません(笑)
京都の定番の1つ、ランチタイムの鳥ラーメン。京都に行くと必ず1度はよります。
冬場の垂れ口が、またたまりません。最近は、夏でも垂れ口が飲めるようで・・・ここによると昼から飲みすぎてしまいます。
新参者ですが、よろしくお願いします。

* by ゆずき
Re → 桜吹雪様

お二人の方から「鳥せい」に関する熱いコメントを聞かされたとあっては
ますます気になりますね!ラーメン大好きなんで鳥ラーメン、もう絶対
食べたいです!!!食べずにいられようか!むしろ鳥ラーメンが私を呼んでいるっ!!
ちょうど明日は京橋に行くので、昼食時に間に合えば京橋店に立ち寄って
みようか・・・・なんて胃袋&財布と相談しています。

* by 桜吹雪
こんばんは。我がホムペに来ていただけたようで、ありがとうございます。

只今、飲んで帰って来た酔っ払いです。;(笑)
雷が鳴っています。
鳥ラーメンは本店だけかもしれません。京橋店では、無理かも・・・
第一旭とかアローンとか、むずむずしてしまうところが紹介されていて・・・(笑)
またゆっくりお邪魔させていただきます。

* by ゆずき
Re → 桜吹雪様

長らく留守にしてて申し訳ありません。
結局、京橋の鳥せいには行かずでした。
やっぱり攻めるべきは本店ですよねっ☆
次に伏見に行くときの楽しみにとっておきます!

個別記事の管理2009-03-20 (Fri)

ちょっと遅くなりましたが、今年も東山花灯路に行ってきました。



今年は今まであんまり足を運ぶことがなかった青蓮院方向から散策。
大楠のあたりは車両通行止めになってるし、人通りも少なめなので
ゆったりと灯籠の灯りを楽しめます。



今年は円山公園の枝垂桜の前に、お花のような灯籠が!
これは一般公募された灯籠デザインの中から、最優秀賞に選ばれた作品です。
光の花畑みたいで「花灯路」の名にふさわしい灯籠ですね。



毎年見てますが、幽玄の川は幻想的で大好きです。
電気の灯りじゃなくて、ロウソクの灯りってところがポイントです。



円山公園では路上パフォーマンスが行われたり、芸術系の学校に通う
生徒さんの作品が並べられたりしています。



毎年恒例の生け花プロムナード。
同じ生け花でも昼と夜とで受ける印象が違うのが面白いところです。



思うに「花灯路」は京都だからこそできるイベントではないでしょうか。
京都の風景には灯籠がよく似合います。



これも恒例の「狐の嫁入り」
毎年、一般公募で20名の女性が人力車に乗る狐の花嫁に
選ばれるそうです。
これに選ばれると良縁に恵まれるとのことなので、
私も来年応募してみようかな♪



今年、特に思い出に残ったのは舞妓さんとの記念写真です。
毎日100組限定で舞妓さんと記念写真を撮ってもらえるんですよ♪
本物の舞妓さんと写真を撮ることなんてないから嬉しいvv
中には毎日並んで、いろんな舞妓さんと写真を撮ってる熱心な人も・・・・


今回、時間がなくて二年坂まで行けなかったんですよね;
最終日までにもう一度行くことがあれば、今度は二年坂~清水寺を散策だー!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

* Category : 行事&イベント
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-03-11 (Wed)

西陣にある明治中期創業の地鶏水炊き専門店・鳥岩楼
その地鶏水炊きのお値段は6000円と、なかなか庶民には
お近づきになりにくいものなのですが、12~14時だけは
親子丼が800円
で食べられるんです!!!!


されど表には「親子丼あります」の札がかかるのみ。
え?値段は??
こんな店だから時価ってやつかもしれん!!!
と、最初に来た時は値段が明らかでないのが不安で
スゴスゴ通りすぎてしまいました(笑)



勇気を出していかにも高級そうな店内に入ると、
店の人はおらんし、名前を書く紙も見当たらない。
待ってる人も列に並んで待ってるわけでもない・・・・・(´・ω・`;)
不安な感じで待っていると、どうやら店の人が通りがかるたびに
「お次、何名様?」と聞いて案内している様子。
なので順番は自己申告です。
順番ぬかしをしたりされたりしないよう、自分が誰の次に
入ったかを記憶しておきましょう!



廊下を進むと「親子丼のみ注文の方は2階へどうぞ」との案内が。
坪庭があったり、部屋が趣きのある座敷だったりで大興奮ですが、
小さな正方形の机は、相席になったらかなり気まずいカモ・・・・



親子丼目的の客は全員この部屋に通されるので、注文せずとも
どんどん親子丼が運ばれてきます。
うっは~卵たっぷりでおいしそ~o(≧∀≦)o
でも親子丼を食べる前に、まずはスープを堪能しましょう!
薄味のスープなので、親子丼を食べてから飲むと味がわからなくなります。
味は薄いのにすごいダシ(?)の濃厚さを感じさせるこのスープ・・・・
なにやら並々ならぬこだわりが伝わってきます。
何のスープなんやろ??



親子丼はたっぷりの卵の上から、さらにプルプルの生卵が乗せられた
”つゆだく”ならぬ”たまごだく”
味がしっかり染みこんでて、タクアンの必要性を全く感じないほどです!
鶏肉の味に関しては、他の鶏肉との違いがいまいちわからず・・・・・
私なんぞに高級地鶏はもったいないという結論に到りました(笑)


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、よだれが垂れましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

【場所】 京都市上京区五辻通智恵光院西入南側
【営業時間】 12:00~21:00 (※親子丼は12:00~14:00)
【定休日】 木曜日
【予算】 800~6000円
【HP】 http://www3.ocn.ne.jp/~mao_utty/toriiwa/

Return

* Category : グルメ
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

スープ * by TOSSY
親子どんぶり 長いこと食べたことがありません
そういえば 長浜にも 行列の出来るお店があるようですね
以前に友達といったときに前を通りました
その友はわざわざ 行ったそうでしたが

スープは 水炊きに使う鳥からとったスープではないでしょうか

* by 訪問者axe
ブログ村からきました
素敵なブログですね~
観光ガイドにかなり使えますね!
グッジョブですd(^_^)
応援ポチっ☆

* by ゆずき
Re → TOSSY様

はい、後日に調べてみたら水炊きのスープでした。
なんでも10時間煮込んだスープだそうです!
それにしても長浜の親子丼気になりますね。
長浜って滋賀県の長浜ですか?
わざわざ足を運ぶほどの親子丼ってどんな味なんでしょう。
想像しただけでヨダレが・・・っ

* by ゆずき
Re → 訪問者axe様

応援ポチありがとうございますvv
これからもガイドブックとは違う、一観光者の目線から観光案内を
していきたいと思いますので、応援宜しくお願いします♪

個別記事の管理2009-03-08 (Sun)
京都御所の梅は200本と数はそんなに多くないので、あんまり期待は大きく
なかったのですが(←失礼)、行ってみたらすごく良かったです!!!


御所の梅苑は柵で囲われてないので、梅を間近に見れるのが魅力ですね。
開放感があって自由な楽しみ方ができます。
梅の木の下にゴロリと寝転がってみると気持ちいい♪(服は汚れたけど・・)



御所はただいま梅満開



メジロも梅の花を堪能してました。



御所の梅って、他で見るより全体的に木の高さが高い気が・・・・
それだけ樹齢が長いんでしょうか?
ちょっと桜みたいに見えますね。



でも低いところはうんと低い。
腰を曲げて通ってみると梅のトンネルみたい。



すごい枝だなぁ(´・ω・`)
横にグイーーンって伸びてる!



猫もポカポカ、春うらら。
のんびりとした春のひとときを楽しみましたvv


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


* Category : 四季の風景
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2009-03-07 (Sat)

先週見た時もすでに梅の花は咲いてましたが、
今週はさらに開花して、梅苑はまさに今が見頃です!



全体として見れば見頃ですが、散ってる木もけっこうあります。
先週の雨がなければもう少しもったのかもしれませんね。



じっくり見れば、いろいろな種類の梅があるのがわかります。
同じ色のでも微妙に違ってる。



御土居側の梅も満開♪



枝垂れ梅、心なしか昨年より短くなってるような・・・・・?
剪定されたんでしょうか?
昨年はもっと華やかだった気がする・・・・



梅苑に入らなくても梅は堪能できますvv
だって北野天満宮の梅は市内ではダントツの2000本!



いたる場所で咲き乱れる梅の花。
でも自分が好きな梅は大体決まってるようで、気づけば昨年と同じ梅の
写真ばっかりになってました(笑)



3月15日まで、本殿前では北野天満宮の今昔展が行われていて、
現在と100年近く前の北野天満宮の写真を見比べることができます。
北野天満宮もずいぶんと変化してるんだなぁと実感しました!



梅苑に入ると老松のお菓子とお茶がもらえるのですが、
それとは別に、北野天満宮バス停前にあるお婦久軒梅もち(126円)を買いました。
餅は口の中でほどけるぐらい柔らかくて、あっさりした味の梅餡も美味でした
餅も餡もほんのりピンク色で梅っぽい♪


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

* Category : 四季の風景
* Comment : (3) * Trackback : (0) * |

* by 飴屋
こんにちは。
すごくきれいですね。京都に行った気分になりました(^^)

* by みりおじ
見事な梅ですね。

梅越しにみる社殿も素敵です。

最後のお菓子も美味しそう。

春を感じました。素敵な写真、有り難うございました。

* by ゆずき
Re → 飴屋様

京都の空気を少しでもお届けできたようで嬉しいです!
北野天満宮は右を見ても左を見てもキレイな梅が咲き乱れる、
京都が全国に誇れる梅の名所です!


Re → みりおじ様

お婦久軒の梅もちはなかなかの絶品ですよ♪
帰りに買ったのですが、最初に買って梅を眺めながら食べれば良かったと
悔やまれます(花より梅もち?!)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。