123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-05-30 (Fri)

6月の第1日曜日、仏教の「殺生を禁じ放生せよ」という教えに基づいて
祇園巽橋で放生会が行われます。



放生会で何をするかと言えば、鯉の稚魚を白川に放流するんです。
大きな水槽の中には鯉の稚魚が無数に泳いでいました。



稚魚の放流には祇園の舞妓さんも参加します。
舞妓さんの周りには人だかりができていて、まるで撮影会のよう。



1時間30分ぐらい続いた式典の後、稚魚を白川に放流。
この時、巽橋の周りは人で溢れかえります。
チラッとしか見えなかったけど、見えただけでも恩の字かもしれません(^▽^;)



稚魚の放流は見るだけじゃありません!
式典関係者の放流が終われば、一般の方も放流できるんですよ♪
私も木桶に5匹の稚魚を入れてもらって放流してきました。



放流が終われば、たくさんの稚魚が気持ち良さそうに泳いでいます。
祇園の初夏の風物詩ですねvv


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【日時】 6月の第1日曜日
【場所】 巽大明神前
【プログラム】 11:00 奉納演奏
         11:30 法話
         12:00 祝辞
         12:20 奉修
              放流
         13:00 閉会  (※このプログラムは2007年のものです)
スポンサーサイト
* Category : 行事&イベント
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。