123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-06-10 (Tue)
「八坂の庚申さん」として親しまれている八坂庚申堂(正式には金剛寺庚申堂)
庚申、申(さる)の名の通り境内のいたるところにお猿さんがいます。



門の上を見て下さい。日光東照宮で有名な三猿(見ざる・言わざる・聞かざる)が
ちょこんと乗っています。知らなかったらうっかり見逃しそうですね。
私は人力車の車夫さん情報で初めて知りました。



境内はそんな広くないけど、3月に行った時は梅がキレイでしたvv
芸能人目撃率も高い場所です。



本堂の前にある小さなお堂には大量の「くくり猿」が。
庚申堂周辺の民家の軒先でも、くくり猿が吊るされてるのが見られます。



よく女性が「かわいい~」と言ってるのを耳にしますが
この形、両手足を縛られたお猿さんを表してるんですよね。
そう思うとなんかエグい・・・・( ̄□ ̄;)
くくり猿には「欲望が動きまわらないようにくくりつける」という意味があります。
願い事を書いて奉納するんですけど、努力を怠ることのないよう
この縛られたお猿さんの姿を思い出して自戒しなくてはいけないんです。
願い事を叶えるのは自分自身ということなんですね。



本堂にも大小様々のくくり猿がわちゃわちゃとぶら下がってました。
くくり猿に埋もれてますが、三猿も並んでいます。
色のはげ具合が歴史を感じられて、なんとも言えずいい感じvv



東山花灯路の時なんかには夜間ライトアップもあります。
赤く照らされた庚申堂、昼とはまた違う雰囲気でした。


また、庚申堂では庚申の日に「こんにゃく炊き」が行われ、
ここで祈祷されたこんにゃくを病人の頭の上に下げておいたら
病気が治ると言われています!
でも病院で吊り下げたらお医者さんがビックリするかなぁ(^▽^;)
あと「指猿」っていうお守りが珍しいかも。
持ってると手先が器用になるそうですよ!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【山号】 大黒山
【本尊】 青面金剛
【開基】 浄蔵貴所
【創健】 平安時代(本堂は1679年に再建)

【URL】 http://www.geocities.jp/yasakakousinndou/
【場所】 京都市東山区金園町390
     
大きな地図で見る

スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (東山区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。