12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-08-29 (Fri)

寺田屋騒動の現場となり、また坂本龍馬を匿った船宿「寺田屋」
伏見を訪れた修学旅行生のほとんどはここを見学するのではないでしょうか?



寺田屋の前には「寺田屋殉難九烈士之碑」が、庭の方には
「寺田屋騒動記念碑」が建っています。

<寺田屋騒動ってナニヨ?>
 寺田屋には倒幕派の薩摩藩士が集まっていました。
 彼らは「幕臣も佐幕派の有力者も殺してしまえー」と、倒幕に燃えてましたが
 薩摩藩自体は倒幕の意思はないのに、そんなことされちゃ藩的には具合が悪い。
 そこで島津久光は 「そんなことはやめろよ」と、9人の藩士を説得に派遣。
 しかし説得に応じなかったため、薩摩藩士同士で斬り合いになりましたとさ。


まあこれが寺田屋騒動の大体の流れです(超適当)



寺田屋の庭は無料で入れました♪
「坂本龍馬像」、写真で見た時は円山公園にある像ぐらいに大きいものと
思ってましたが、ちっこいですね・・・・40cmぐらいでしょうか?
右の写真は「坂本龍馬の碑」らしいですが、何て書いてあるのか分からない汗



写真左は「女将お登勢と寺田屋由来碑」
思えば碑の多い庭だなぁ・・・・
写真右の井戸は維新当時からあったものだそうです。



中に入るとそこはもう龍馬まみれの世界です。
竜馬が竜馬の竜馬で竜馬だらけって感じ!
龍馬ファンには堪らないでしょうね!
写真下が龍馬が泊まっていた「梅の間」



レプリカではありますが、龍馬が使っていた刀やピストルが飾られています。
空いてる時間だったので、あぐらかいて座ったり、ゴロ寝してみたりして
龍馬気分を味わってみました☆



柱に目をやると生々しい弾痕や刀傷が!
(って、刀傷はちゃんと写せてないですけど)
ちょっと触ってみたら、やっぱり他の人もみんな触っていくんでしょうね、
磨耗してツルツルでした(笑)



これがかの有名な風呂と階段ですねっ!
龍馬の恋人・お龍が風呂に入っている時、龍馬を捉えようとする捕り方が
来たことに気付き、スッポンポンで階段を駆け上がって龍馬に危機を
知らせたとされています。愛ですね~
ためしに階段を駆け上がろうとしてみましたが、結構急なんですよコレ。


1階には寺田屋女将・お登勢の部屋はまた賑やか。
色紙やらポスターやら目をひくものがいろいろ飾られていました。
観光客の憩いの場にもなっているようです。
お土産売り場もあるのですが、何故か新選組グッズまで・・・・
龍馬からしたら敵なのに?( ̄A ̄;)


今でも宿として使われていて、予約したら宿泊することもできるそうですよ♪
龍馬ファンであれば一度は泊まってみたいお宿ですね!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪



【見学料金】 大人400円  学生300円  小学生200円
        (幼児は中に入れないのでご注意下さい)
【宿泊料金】 6500円(要予約)
【見学時間】 10:00~15:40
【定休日】 1/1~1/3 月曜不定休
【場所】 京都市伏見区南浜町263
     
大きな地図で見る
スポンサーサイト
* Category : 幕末史跡
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。