12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-08-26 (Tue)
夏休みのイベントとして、夜の太秦映画村で「妖怪大祭」が開催されました。
イベントは2日間あって私が行ったのは2日目です。



メインストリートに並ぶのは妖怪グッズや、妖怪本など、妖怪関係の店ばかり♪
妖怪会議(有料イベント)に出演されていた作家さんが直接店頭で販売をしたり
サインをしたりする光景も見られましたよ!私は荒俣宏さんを見かけました。
作家さんに直接会えるなんて、ファンには興奮モノでしょうね。



他にも妖怪イベントはもりだくさん!

  ★写真上段は百鬼妖怪展(妖怪藝術展)
    手作りの妖怪や妖怪関係のアートが並んでて、近くで見るとなかなか
    気持ち悪いものもありました(><;)
    そして妖怪と言えば忘れてはならない「ゲゲゲの鬼太郎」の原作者
    水木しげる先生直筆の絵も見ることが出来ましたよ♪
 
  ★写真左下は幽霊電車
    よく見ると行き先は「地獄」で、ふと横に目をやると閻魔様が電車を
    睨みつけているのデス。車内のあちこちに幽霊の写真が張られており
    ブラックライトで照らされています。

  ★写真右下はあるお店で見つけた妖怪のお面。
    妖怪を見るだけじゃなく、自分も妖怪になって記念撮影はいかがでしょ。

写真にはないけど妖怪ライブも行われてました。妖怪がバンド結成?!
食堂では「ゲゲゲの鬼太郎」にちなんだメニューも用意されてて
なにもかもが妖怪です(鬼太郎ラーメン、砂かけばばあアイス等)



夜間ということで見学できない場所が多いのは残念ですが
こういう機会でもないと見れない夜の映画村は新鮮で、見てるだけで楽しいです。


そして本日のメインイベント妖怪百鬼夜行



妖怪達が太鼓の音とともに映画村を練り歩きます。
ぬぼーんと歩く妖怪、撮影に快く応じる妖怪、ウガーーッと脅かしてくる妖怪など
様々な妖怪の行列に人だかりができていました。
あっ!鬼太郎もいる!タスキを見たら映画の宣伝っぽい。
子ども・大人を問わず大人気で、行列からはぐれてしまう場面もありました(笑)



観客を引き連れた妖怪達が広場に到着。
何が始まるの?



ギャー!一斉に踊り出した(゜□゜)!



今宵は妖怪も人間も、鬼太郎音頭にあわせて盆踊り!
子ども達はもう大はしゃぎ!妖怪に追いかけられて走りまわってます。



あ、そーれ♪踊る阿呆に見る阿呆~同じ阿呆なら踊らにゃ損ソン♪
妖怪も楽しそうですね。
ちなみに私は見る阿呆・・・ってか撮る阿呆。
え?私も踊れって?妖怪が不気味に手招きをして誘ってくれます。



楽しい夜はあっという間に更けて、妖怪達は帰っていきました。
妖怪大祭、それは妖怪に恐怖を感じるためのお祭りじゃなく
妖怪と人間の交流会でした☆
来年は是非とも妖怪になって参加してみたいものです(≧ω≦)


P1050881
・・・・びっくりした


ちなみに以前「絶対入るぞ!」と意気込んでたお化け屋敷はどうしたかと申しますと、
同行してた母が嫌がったため諦めました。
要は他に客もいないお化け屋敷に一人で入るのにビビって敵前逃亡。
小心者と笑いたくば笑うがいいさ!(TAT)ノ


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪
スポンサーサイト
* Category : 行事&イベント
* Comment : (4) * Trackback : (0) * |

結構、面白かった。 * by 沙都
こんばんは。
妖怪百鬼夜行、行かれたようですね。
四条大宮で、あんなにも行列が出来ているとは~
こちらは、もう一つの車両の電車でしたので、違う妖怪でした。

百鬼夜行を撮りに行きましたが、
あんなに多くの妖怪が練り歩くとは、思っても見ませんでした。
年々、大将軍商店街の方や、妖怪愛好家さんなど、
参加規模が大きくなっているように思えます。

映画村の背景は綺麗ですが、人が多いから難しいですね。
最後には、盆踊りが。何故か人気があったのは、鬼太郎でした。

妖怪じゃないけど、地蔵盆の頃に行願寺(革堂)で、
幽霊絵馬供養って行われているのですよ。
撮影禁止でしょうから、行ったことはないですが。

8/31日は、下京ルネッサンスですかね。
事前予約の時間予約しか入れない飛雲閣と書院が、
この日だけは、一般に開放されますから貴重です。
たぶん、知らないであろう情報を一つ。
八坂神社で神前模擬挙式が11:00~と14:00~の2回、
約30分ですけど行われます。ブログネタにはなるかも。
夜にあれば、綺麗だったんだけど。

ルネッサンス、神前は昼・夜両方とも撮っているので、
こちらは、マイナーな行事を行きます。
では、また~

* by isshy
さくゆずきさん
家からも近い映画村。いつもはそんなに興味ないんですが、夏休みのナイターとこのお化けイベントには前から家族でと思っていましたが今年もいけなかったのです。面白そう・・・でも怖そう・・・
電車がまた妙に怖いです。笑

* by ゆずき
Re → 沙都様

四条大宮からということはもしや同じ電車に乗っていたのでしょうか?!
四条大宮であの行列は普段ならありえない光景ですよね。
通行人が「え?誰かいるの?」とキョロキョロしてましたもん!
映画村でも老若男女問わず皆楽しまれてる様子で、「妖怪」というジャンルの
根強さと人気をうかがい知ることができました。

幽霊絵馬と言えば、以前革堂まで行った時「どこにあるんやろ~」と
狭い境内を隅々まで探しまわった記憶がありますが、まさか地蔵盆限定の
公開だったとは・・・・見事に労力を無駄に使ってますね、私。

8/31の神前模擬挙式、もちろん知りませんでした!ああっ見に行きたい!
ですが・・・・
31日は本物の結婚式に参加するんですよ。
この日は京都遊びをお休みして、友人のために「てんとうむしのサンバ」を
熱唱してきます!

* by ゆずき
Re → isshy様

ご家族で映画村、楽しそうですね!実現したらお子さんもきっと喜びますよ。
特に妖怪イベントは大人も子どもも盛り上がってましたしね♪
妖怪大祭の1日目は別料金にはなりますが、怪談も行われたようですし・・・
小さいお子さんに限らず「おもしろ怖い」体験ができますよ。
ちなみに、映画村のお化け屋敷は純粋に「怖い」です。
悲鳴をあげる男子高校生もいるぐらいですから(笑)
暑い夏、ご家族で冷や汗を流すのも一興かもしれません。
来年は妖怪ツアーを企画してみては?

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。