12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-09-25 (Thu)
【宗派】 真言宗
【山号】 智福山
【本尊】 虚空蔵菩薩
【沿革】 713年 行基が葛井寺を創建(元明天皇の勅願による)
      829年 道昌が虚空蔵菩薩を本尊とし、法輪寺に改称



十三まいりってご存知ですか?
数えで13歳になったら虚空蔵菩薩にお参りして知恵を授けてもらうという
習わしで、ここの本尊がその虚空蔵菩薩なんです。だから法輪寺は京都では
十三まいりのお寺として知られています。



十三まいりの帰り道、渡月橋を渡る際には気をつけましょう。
なにがあろうが絶対に後ろを振り返らないのがルールです!
なんでって、授かった知恵が逃げてしまうから。
・・・・って、寺の入口にあるこの橋は振り返っても大丈夫なんだろうか?



若干高い場所にあるので、参拝には階段を上らねばなりません。
うう・・・階段を回避する術はないものか(※ありません)



階段の中腹にあるのが電電宮。
電気の安全や発展を祈願するお社ということで、電気関係の
会社の人がよく参拝に来るそうですよ。
下の写真は電電塔です。



法輪寺の参道には、なんか碑とか塚といった類のものが多いなぁ

 ★針塚(写真左上)
  使用済みの針が納められています。
  昔はお堂もあったそうです。
 
 ★針供養塔(写真右上)
   法輪寺では年に2回,針供養が行われてます。
   針がすごく大事に扱われてる感じですね。

 ★人形塚(写真左下)
   建立は昭和6年で、そんなに歴史の古いものではないけど
   人形供養祭の時には全国から集まった人形がここにズラリと並ぶとのこと。

 ★獣魂供養塔(写真右下)
   法輪寺の供養の幅はジャンル不問?!!
   こちらは食肉とされる動物達の供養塔です。
   ここに来る直前に牛肉食ったので、よく拝んでおくことにしよう・・・・


レイアウトの都合で写真は載せてませんが、裏参道には童話塚ってのも
ありました。実際は塚というより「碑」みたいですけど、日本のアンデルセンの
異名を持つ久留島武彦が建てたものだそうです。



牛と虎とはまた珍しい組み合わせだなと思うのですが、本尊の
虚空蔵菩薩が丑年生まれの人と寅年生まれの人の守り本尊だって
ことに関係してるらしいです。



多宝塔は透明なパネルで覆われてるから、相当古いもの
なのかなと思いきや、昭和に建立されたものでした。
多宝塔は渡月橋の方からも見えますよ。



嵐山を一望できる展望台からの眺めは最高!
左手の山には、五山の送り火の鳥居形が見えます。
頑張って階段を上ってきた甲斐があるというものですね。


【虚空蔵法輪寺HP】 http://www2.ocn.ne.jp/~horinji/


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (嵯峨・嵐山)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。