12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-01-31 (Sat)
【竣工】 1878年9月7日
【歴史】 新島襄は高松保実の屋敷(幕末期は御用大工棟梁・中井家の屋敷)の
      半分を借りて、明治8年に同志社英学校を開校。
      同志社が現在の場所に移った後、新島襄は高松邸を買い取り
      住居を建築




パッと見た感じは神戸の異人館を思わせる洋館ですが、
中は和をベースに洋を取り入れた建築様式なんだそうです。
めっちゃ西洋!文明開化万歳!って感じの部屋もあれば、
茶室があったり、畳の上に西洋家具が並べられてたりもします。



1階部分は特に、新島襄が生活していた当時の感じがそのまま残ってました。
当時、この書斎には本を求める学生が自由に出入りしていたとのこと。
本棚には難しそうな本がズラリ(※本はハリボテです)



ここは応接間
会議室や事務室、職員室にまで、かなり幅広い用途で使われたみたいです。



応接間には新島襄の奥さん・八重が弾いたオルガンが。
なんと自由に弾かせてもらえるんですよ!!!いいんデスカ?!
ドキドキして弾いてみたら、全然狂うことない綺麗な音色が聞けました。



台所にはカマド・流し台・室内井戸があり、床は板張りでした。
土間や外井戸が中心だった当時の最先端キッチンです。



2階はあまり家具がないのですが、寝室にはベッドが残されてました。
現在のベッドに比べると寝心地は悪そうですね



【新島襄旧邸のポイント】
  ①家具

    新島襄旧邸の家具は全て新島襄が住んでた当時のもの。
    全てが有形文化財です。

  ②暖炉(セントラルヒーティング)
    応接間にある暖炉は、その温風を1階の他の部屋や2階の部屋にも
    送れるような工夫がされている、当時の最新暖房器具です。
    他にも先に紹介した台所や板張りの洋式トイレなども、当時の最先端。
    新島襄は新しいモノ好きだったのかもしれませんね。



他にも茶室や食堂などのお部屋がありますが、後は訪問してのお楽しみ♪
同志社の施設なので無料で見学できますが、公開日が限られてますので
ご注意下さいね。



にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


【場所】 京都市上京区寺町通丸太町上ル松蔭町
【最寄駅】 市バス「河原町丸太町」
       京阪「丸太町」

【公開日】 3月~7月、9月~11月の水・土・日曜日(祝日は除く)
       春・秋 御所の一般公開期間
       11月29日 同志社創立記念日
【公開時間】 10:00~16:00
【入場料】 無料
【駐車場】 無
【URL】 http://www.doshisha.ac.jp
     (教育→研究所→同志社社史資料センター)
スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (上京区)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。