12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-10-13 (Mon)
【宗派】 真言宗大覚寺派
【山号】 槇尾山
【院号】 平等心王院
【本尊】 釈迦如来立像


平安時代に嵯峨天皇の離宮・嵯峨院として造営された門跡寺院です。
なかなか広くて見ごたえアリですよ~
式台玄関から中を覗くと、狩野永徳の「山鳥図」が見えます。
金色がキラキラしてゴージャス!



入口のとこにある松、スゲェ!(゜◇゜;)
横にもさーっと広がってるよ!
こんな松、確か仁和寺にもあったなぁ。



宸殿は徳川秀忠の娘・東福門院和子が使用した女御御所の宸殿とのこと。
中は豪華絢爛!狩野山楽の紅白梅図・松・牡丹etcの襖絵で飾られてます。

この時、たまたま団体旅行のガイドさんが説明してる場面に遭遇。
たぶん聞かなかったら全然気付かなかったと思うけど、写真左上の
格子戸のとこにセミがひっついてるんですよ(写真右上)
しかも全部種類が違うんだって!
昔はこういうことで夏を演出してたのでしょうか?

前に来た時は庭に牛車が飾られてたけど、この日はなくて残念(´ω`)
右近の橘・左近の梅があったけど、左近の「梅」なんや!「桜」でなく?



宸殿の裏手にまわると、平安時代の装束が展示されてました。
前に来た時と違うので、展示内容は定期的に変わるのかもしれませんね。



大正時代に御所から移築された御影堂
中には弘法大師・秘鍵大師・嵯峨天皇・御宇多法皇・恒寂法親王の像が
祀られているのですが、厨子に入ってて見れない~(T◇T)
年に何日かしか公開されないとのことですヨ。
うーん、閉じた厨子だとなんか拝み甲斐がないな・・・・・



御霊殿は明治時代に安井門跡蓮華光院の御影堂を移築したもの。
・・・・なんか移築が多い寺やなぁ。
等身大の御水尾天皇の像が安置されてました。



五大堂の裏手は絶景ポイント!
テラスみたいになってるところから大沢池が一望できるんです。
写経ができるので、時間があれば心を落ち着けて写経に勤しんでみては
いかがデショ?



御影堂からのびる村雨の廊下は、ジグザグの床を稲妻
柱を雨に見立てたものだそうです。
廊下を渡ったところが正寝殿で、そこに後宇多法皇が院政を
行った御座所があります。狩野山楽の墨絵や「四季花鳥の図」
「野兎の図」が見れますよo(^-^)o



飢饉の時、弘法大師にすすめられて嵯峨天皇が般若心経を写経したら
飢饉が解消されたと言われ、その時写経したものが勅封心経殿(写真左上)
残っているとのことです。建物の形は法隆寺の夢殿がモデルだって。
霊明殿(写真右上)は床が漆(?)でめっちゃピカピカ!
スカートの人は中が映らないか心配なぐらいです(笑)

視聴覚スペースやお土産コーナーもありました。
お土産は大覚寺オリジナルのものが充実しています♪


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


【場所】 京都市右京区嵯峨大沢町4
【URL】 http://www.daikakuji.or.jp/
【拝観料】 500円 (祗王寺共通券600円)
【拝観時間】 9:00~17:00
【駐車場】 有
スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (嵯峨・嵐山)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。