12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-02-10 (Tue)
【宗派】 曹洞宗
【山号】 鷹峰山
【本尊】 釈迦牟尼仏
【創建】 徹翁義享(てっとうぎこう)
【沿革】 1343年 徹翁義享の隠居所として創建。宗派は臨済宗。
      1694年 卍山道白により再興。曹洞宗に改宗。




初めて源光庵に来たーーーっ(≧∀≦)/



・・・と、喜んだのも束の間。
門の前には「法要中」の看板が・・・・・( ̄◇ ̄;)
法要終了まで中に入れず、しばし近辺で時間潰しする羽目に



1時間後、気を取り直していざ拝観!
松の木が立派ですねぇ。
そういえば、門のところに植わってた杉(?)の木も面白い形をしてました。


こちらの庭園は紅葉がキレイなことで知られていますが
冬は枝が丸坊主でなんか寂し~(T_T)
まあそのぶん借景の山がよく見えたから良しとしよう。
と言って自分を慰めてみるものの、次来る時はやっぱ紅葉シーズンがいいと
思わずにいられない・・・・



源光庵と言えばコチラ、悟りの窓迷いの窓です!
それぞれの窓の前に座った感じの違いを味わうのが醍醐味ですが、
私はどっちの窓の前も落ち着いて座ってられませんでした!!!



その理由は、頭上にある血天井
ここの天井、伏見城で自害した380人の血が滲み込んだ床板が
使用されてるんです!!!!
上を見上げれば、そこにはくっきり浮かび上がる足跡や手形Σ(T□T;)!!!!
絵の具をペタペタ塗って押した手形じゃないですよ。
血の跡ですよ。ホンモノです。
頭上にただならぬ威圧感を感じる、凄まじい血天井でした(T◇T)
先程、次に来る時は紅葉シーズンだー!と言いましたが
次に来る勇気・・・・・無いかも(´◇`;)
情緒のある素敵な寺ではありますが、苦手な方にはオススメできません



 【源光庵のポイント】
  ①鳥居元忠と血天井

    徳川家康が会津に出兵するのに、鳥居元忠は伏見城の留守番を
    頼まれますが、石田三成軍40000人に攻め込まれます。
    伏見城にいる兵はわずか1800人。
    多勢に無勢で10日目に鳥居元忠軍は力尽き、残った380人余りの兵は
    みんな自刃してしまいました。
    その時の血が滲み込んだ床板は、京都のいろんな寺の天井に移されて
    供養されています(源光庵・宝泉院・養源院・正伝寺・興聖寺)
    本堂廊下のつきあたりには、鳥居元忠らが祀られていました。

  ②悟りの窓・迷いの窓
    本堂にある2種類の窓
     悟りの窓・・・・丸窓
             何事にも囚われないおおらかな境地と大宇宙を表す。
     迷いの窓・・・・角窓
             人間の生涯(生老病死)の四苦八苦を表す。

  ③稚児井
    創建者の徹翁義享が水に困っていた時、徹翁義享の夢枕に
    池にすむ龍が子どもの姿になって現れ、水が湧き出ることを告げます。
    井戸から水が湧き出たことで、多くの人が水不足から救われたという話
    ・・・・・なのですが、稚児井がどこにあったのか分からない
    見落としたかも?!!



にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑ランキング参加中!
  観光のご参考になりましたらポチッとクリックお願いします♪

【場 所】 京都市北区鷹峰北鷹峰町
【最寄駅】 市バス「鷹峰源光庵前」
【拝観時間】 9:00~17:00
        (寺の行事がある時は、拝観できない場合あり)
【拝観料】 400円
【駐車場】 有(観光目的では使えるのかどうか・・・)
【HP】 無

スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (北区)
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by ひこぼし
血天井は見れば見るほどぞっとしますね
でも源光庵は好きな場所です
なかなか悟りも開けませんが
この窓の前でじっと座って見つめますよ

* by ゆずき
Re → ひこぼし様

宝泉院の血天井は「え?どれが血の跡?」ってぐらいだったんで
源光院も同じようなものだとすっかり油断してましたよ。
まさかあんなにハッキリとした手形とか足跡があるなんて・・・・
思い出しただけでもゾッとします!
写真で見たら本当にキレイな風景ですし、迷いの窓や悟りの窓の前にも
ゆっくり座ってみたかったんですけどね;
どうにも頭上の足跡が気になって、とても悟りを開ける心境じゃなかったです(笑)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。