12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-02-20 (Fri)
【宗派】 臨済宗妙心寺派
【本尊】 釈迦如来
【創建】 萬海慈源
【開山】 大愚宗築禅師
【開基】 荒木光品宗禎
【沿革】 1718年 萬海慈源和尚が創建
      1933年 伊山和尚を迎える。
           伊山和尚は起き上がり達磨禅を奨励。
           起き上がり小法師をもって禅の大衆化をはかる。


「達磨寺」と呼ばれるお寺はいろいろな地域にあることと思いますが
京都の達磨寺をご存知でしょうか?
京都の達磨寺・法輪寺は観光情報誌などにはあまり掲載されていない、
住宅街の中にある静かなお寺です。



入ってすぐのところで、さっそく達磨さんがお出迎え。
10月初旬に行った時には、きれいなピンクの花が咲いてました。



こちらの建物が8000体の達磨を祀ってるとウワサの達磨堂ですね。
中に入らずとも、たくさんの達磨がこっちを睨んでるのがわかります。
では、いざ!8000体の達磨さんに、にらめっこを挑んできますっ!!!
だ~るまさん、だ~るまさん、に~らめっこしましょ♪



にらめっこ・・・・無理です惨敗です(笑)
8000体の達磨のド迫力と言ったら!
右を見ても、左を見ても、前も後ろも、頭上でさえも達磨・達磨・達磨!
新しいものから古いものまで、様々な達磨が納められていました。
同じ達磨でも、いろんな達磨があって面白いですよ(≧∀≦)



私的に1番インパクトがあったのが、達磨のおさい銭箱(写真左)です!
写真じゃわかりにくいですが、めっちゃ大きいんですよ~!
お寺の手作りなんでしょうかねぇ?
天井画と絵馬も達磨でした。



本堂の障子は閉じていたんですけど、ちょっと失礼して隙間から中を拝見したら
ゴロ~ンと寝転がる仏様と目が合った!
等身大の寝釈迦木像です。
そのゴロ寝姿はまさにテレビ見てるおっちゃんで、妙に親しみを感じました(笑)
無尽庭はコケがきれいなお庭ですが、モミジが色付く季節には
いっそう風情が増すかと思います♪



衆聖堂は閉まっていて、拝観はできないようでした。
映画関係者600名余りを祀るキネマ殿十六羅漢像などがあると
聞いてたので残念です(´ω`)


本堂・庭園の拝観は拝観料が必要ですが、達磨堂は無料で
誰でも自由に出入りできます。
西大路通沿いを散策する時には、ふらりと立ち寄ってみて下さい。
節分には数万人がお参りして、境内が達磨で埋め尽くされるそうですよ!



 【法輪寺の予備知識】
  ①達磨(達磨大師)

    禅宗の開祖。
    中国の少林寺で、手や足がなくなってお尻も腐るほどの修行をした。
    その根性を1000分の1でもいいから分けてほしい;
  
  ②達磨三福人
    戦後、以下の3名が達磨三副人と言われた。
      収集日本一 → 木戸忠太郎
      説法日本一 → 伊山和尚 (法輪寺先代和尚)
      画数日本一 → 樋口文勝 (達磨堂の天井画を書いた)
    
  ③他の見ドコロ
    白幽子の旧墓石 
     京都の白川山中で数百年生きたらしい仙人の墓
    


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


【場 所】 京都市上京区下ノ下立売通紙屋川畔
【最寄駅】 市バス 「北野中学校前」「西ノ京円町」
       JR 「円町」
【拝観時間】 ?
【拝観料】 300円
【駐車場】 ?
【HP】 無
スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (上京区)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。