12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-04-27 (Mon)
毎度おなじみ京都御所の一般公開ですが、今回の一般公開は一味違います!


天皇皇后両陛下の御成婚50周年記念ということで、天皇・皇后にまつわる
こんなものが展示されてました。そう、お二人が結婚の時に乗車された馬車です!
テレビで「ふ~ん」て感じで見てたものが、目の前にあるのは不思議な感じ。




大正天皇即位の時につくられた高御座。
より近くで見たいけど、近づきすぎると高い位置にある高御座は
角度的に見えにくくなるんですよね。
きっと地面に膝をついたなら、天皇の顔なんて見えなかったろうな。
思わぬところで、庶民と天皇の距離感を感じることができました。




今回の人形展示は「管弦」でした。
こんなところで管弦の生演奏を聴いてみたいわぁ~と思いますが、
残念ながら人形なんで☆



もう一つの展示は「三献の儀」
女御が入内する時に自らお酌をして天皇に献上し、天皇がお酌した酒を
いただくという儀式のようです。



庭はサツキが真っ赤に色付いてます。



さて、ここからが御成婚50周年スペシャルですよ!
なんと今回は通常の一般公開では見れない場所も公開されてるんですっっ!!!
見逃しちゃだめですよ~



ここに展示されてるのって、両陛下が御成婚の時に着た着物なんでしょうか?
説明を見たらそんな感じに書かれてたんですけど・・・・??



朱塗りの門の前には牛車も展示されてましたが、残念ながら
雨のためビニールに覆われてました(-_-;)



ここは藤壺。
中庭に植えられた藤にちなんで藤壷と呼ばれてるそうですが、
今まさに藤の季節じゃないですかっっ!
くそ~っ!中庭の藤も見たいぃぃっ(≧з≦)



若宮・姫宮御殿には、明治天皇も小さい頃に住んでいたとか。
御殿の前には広い庭がありますが、明治天皇もこの庭をかけまわって
遊んだりしたのでしょうか?



なんの輿かと思えば、徳川幕府が無血開城した後、静寛院(和宮)が京都に
戻るのに使用した輿だそうです。
紋は天皇家の紋ではなく、徳川家の紋が刻まれてます。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

スポンサーサイト
* Category : 行事&イベント
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。