12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-08-07 (Fri)
雅な京都ですが、
激しい行事は潜んでいるものですね。



8月6日、下鴨神社の御手洗池で矢取神事が行われました。
本殿での本殿祭も終わり日もトップリ暮れた頃、矢取神事が始まります。



矢取神事・・・・
神事の意味などはおいておいて、この行事を一言で表わすならば
矢・争奪戦!
池の中央に据えられた串を男たちが奪い合うのです!(゜▽゜)



まずは御祓い。
暗いのでスポットライトで照らされてます。



御祓いの後は子どもたちの太鼓奉納があります。
ズンドコズンドコと太鼓が鳴り響くなか、遠くからなにやら声が近づいてきます。
エイサ!エイサ!エイサ!!
御手洗池の前に集合したのは裸男
って、なんだ裸じゃないじゃん( ̄з ̄)なんて微妙な不満はさておいて、
彼らが矢を奪い合う、本日の主役です。



なんて言ってるうちに始まりました!
これはまさに下鴨バイオレンス!
神様も意外と争奪戦とかOKなんですね。



四方から神職の方が人形を投げ入れ、派手な水しぶきが上がり・・・と
池の中はもう何がなんだか!
興奮した裸男たち、見事矢をゲットしてもそこからまた奪い合いが始まってたり。
何がどうなって矢をゲットしたと言えるのか、もはやルール無用状態!(ノ≧◇≦)ノ



1分もしないうちに神事は終了。
裸男たちの家族すら「お父さん、どこにいるかわからんかった~」という激しさでした。



静寂を取り戻した御手洗池に残ったのは、大量の人形。
・・・・・掃除、大変だろうナ( ̄ω ̄;)



最後に茅の輪をくぐって厄を落とします。
下鴨神社流の夏越祓ですね。


神事の始まる1時間前に下鴨神社には、最前列は人で埋まってましたが
2列目ぐらいで見るのなら1時間前で十分でした。
御座も敷いてあるので座って待つことができます。
直前の天候が悪かったこともあると思いますが、想像してたよりは
人は多くなかったです。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪

スポンサーサイト
* Category : 行事&イベント
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

ほんの1・2分の為に~ * by 沙都
矢取りに行ったんだね~
ほんの、1・2分の為に、
1時間も2時間も前から場所取りが~
こちらも以前に撮った時は、2時間前に最前列を確保。
御手洗池の斎串(50本)が立っているのは綺麗でしょ。
このあと、氏子さんの争奪戦になりますが…

着実に、歳時記が増えていくね~
こちらは、京都市の行事を500以上撮ったので、
※まだまだ撮っていない所も多いですけど。
最近は、京都府にも出没…
8日は、バチ供養に和知まで行ってきました~

8月は、お盆・万灯関連と六斎念仏の時期ですね。
大文字五山送り火が一番有名ですが~
夜の行事が多いので、撮りやすいのでは…

* by 管理人:ゆず太郎
Re → 沙都様

本当に一瞬ですね(笑)
雨がパラつくなか、矢の奪い合いが始まるまで約90分待って、
矢取自体はほんの1分あるかないかの勢いでびっくりしました。
てっきり2回戦3回戦もあると思いましたよ。

特に歳時記を増やすつもりはないのですが、「どうせ遊びに行くなら
何か行事も見たいな~」と京都巡りをしていたら、塵も積もればなんとやら。
増えてましたねー!
でも沙都さんの500には遠く及びませんっ!
京都府全域をターゲットにしたらいつか1000を超えるのでは??!

実は夜の行事は撮りにくいのですよ!
写真どうこうと言うよりも、現地に足を運ぶことが困難なんです。
夜遅くに乙女(?)の一人歩きは危ないということで外出許可がおりないので、
行くならば親引率のもとでないとダメなのですが、いかにうまく親を口説いて
連れていくかが関門となります。大体はついてきてくれますけどね。
今は台風が来ないことを祈るばかりです。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。