12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-01-04 (Mon)

京都の正月風景を求めて四条あたりをふらふら散歩してみました。
京都は日本の和を代表する地域ですから、
こ~んな立派な門松が飾られているところが多いのかと思いきや・・・・



祗園あたりにいくと、こんなヒョロッとした門松がやたら多い。
テープで貼り付けてあるだけのところも・・・・( ̄□ ̄)
調べてみたら、この門松は根っこの部分がポイントのようで、
「根がついた門松→根をはる」という縁起があるそうです。
(母も実家でこんな門松を飾っていたとのことなので、
京都に限ったものではないのかもしれませんが)



祗園を歩いてると、六波羅蜜寺と書いた札を下げた稲穂を持った人が
たくさん歩いていたので、六波羅蜜寺まで行ってみました。
六波羅蜜寺に行くと、弁財天の前で稲穂の授与が行われてました。
稲穂と札までは無料でいただけるとのこと。
ぶらさげる縁起物は有料ですが、中には全種類ぶら下げて、稲穂が
超にぎやかになってる人もいます。



空也上人が疫病を鎮めるために病人に飲ませたという
皇服茶の授与も行われてました。
昆布と梅が入ってて、私は苦手なので飲まなかったのですが、
健康祈願に飲んでる人が多かったです。


スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by 0510552
この前、四条で稲穂を持った人を目撃して不思議に思ったのですが、
六波羅蜜寺の授与品だったのですね!

皇服茶が苦手ってのわかります(^^)ゞ

ヒョロッとした門松…
お詳しいですね~

* by さくゆずき
Re → 0510552様

あけましておめでとうございます!
四条あたりは多いですよね、稲穂を持ってる人。
六波羅蜜寺って清水寺なんかに比べると観光客人気が少なそうなんで
正月に訪れるのは地元の人が多いのかなと思ってたんですけど、
会話を聞いてると、私のように人が持ってる稲穂が気になってなんとなく来たという人も
結構いるようです。

皇服茶も飲めたらよかったんですけど・・・・苦手な味に300円払って
挑戦する勇気はでませんでした(笑)

ヒョロヒョロの門松に関しては、道端に落ちてるところも目撃してしまいました!
セロハンテープで貼っていた家のが転がってきてたようです。
この門松を飾る時は、固定方法に注意が必要みたいです( ̄▽ ̄;)

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。