12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-13 (Mon)
【宗 派】 律宗
【山 号】 五位山
【本 尊】 阿弥陀如来像
【時 代】 平安時代初期
【歴 史】 ・平安時代、右大臣・清原夏野(きよはらのなつの)の
       山荘清原夏野の死後に「双丘寺」という寺になる。
      ・が、火災などで寺は荒廃。。。
      ・1130年、待賢門院が荒れた寺を法金剛院として復興させる。
      ・1279年、円覚上人が寺の宗派を律宗に改める。



1617年に建てられた本堂(礼堂)
仏殿は新しすぎて建築物としては見ごたえなしですが(オイ)
安置されてる仏像は相当古くて、中には平安時代のものもありました。
本尊である座高2mのビッグな阿弥陀如来像はもちろん必見ですが、
僧形文殊菩薩像もおもしろい仏像なので見てみてください。
文殊菩薩像なのに、どこからどう見てもシワシワのお坊さんです。


庭は平安時代に作られた浄土式庭園。
蓮がいっぱいあるので、法金剛院は別名「蓮の寺」とも言われています。
その種類はなんと90種類近くとのこと!
この時はまだ蓮のシーズンではありませんでしたが、
6月末~7月初旬あたりには満開の蓮が咲き、極楽浄土の景色が見られると思います!
蓮の盛りには早朝から拝観できる日も設けられてますよ♪


蓮で有名な法金剛院ですが、桜・菖蒲・紫陽花・白彼岸花・椿など、
1年を通じて花を楽しめるお寺です。
今からの季節なら、珍しい白彼岸花が見られるのではないでしょうか。


庭園の隅の方に残る青女の滝の石組み。
水こそ流れてませんが、現存する平安時代の滝の石組みでは
これが最大級なんだとか。


*******************************************************************
待賢門院・璋子
 ◆鳥羽天皇の奥さん
 ◆にも関わらず、なんと養父(白河上皇)の子どもを産んでしまう。
 ◆その子どもは崇徳天皇となり、待賢門院は絶大な権力をゲット!
 ◆でも白河上皇の死後は権力も失墜。
  その挙句、旦那に浮気され、子どもには先立たれ、散々な目に。。。。
 ◆結果、待賢門院は仏の道へ進むことになる。
  法金剛院を復興させ、自らも出家した。
 ◆45歳で亡くなる。
*******************************************************************

にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑お気に召しましたらポチッとお願いします!
  いつも励みにしています♪



【場 所】 京都市右京区花園扇野町49
【最寄駅】 JR「花園」・市バス「花園扇野町」
【拝観料】 400円(小~高校生300円/団体割引あり)
【時 間】 9:00-16:00 (受付終了16:00)
【駐車場】 有(25台)
【地 図】 地図を表示

スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (右京区)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。