12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2010-09-20 (Mon)
【祭 神】 応神天皇・比売大神・神宮皇后
【ご利益】 交通安全



むかしむかし、首途八幡宮は天皇が住む内裏の北東(鬼門)にあったので、
王城鎮護の神様として信仰されていました(別名:内野八幡宮)
また、平安時代の伝説の商人・金売吉次の屋敷がここにあり、
その鎮守社だったとも言われています。


何故この狭い境内に階段を2つも詰め込んでしまったんだろう・・・・?
ここの神社は妙に階段がゴチャゴチャしてる印象があります(笑)
やはり左側の階段から鳥居をくぐって参拝するべき?
それとも右側の階段からまっすぐに本殿を目指すべき?
まあそのあたりは皆様のお好みで( ̄▽ ̄)


そしてここは義経伝説が残る場所でもあります。
当時、平家に追われていた源義経。
平家から逃れて奥州平泉に向かう時に
ここに立ち寄って道中の安全を祈願したと言われています。
今でも交通安全のご利益が得られると言われていますので、
京都にお越しの際にはここで旅の安全を祈願されてはいかがでしょうか?


*************************************************
金売り吉次
  ◆平安時代の伝説上の商人
  ◆奥州で採れる金を京都で売っていた。
  ◆その繋がりで、平家に追われる源義経を奥州平泉の藤原秀衡のもとへ
   逃れさせるための手配をした。
  ◆首途八幡宮は金売り吉次の屋敷跡と言われる。

首途(かどで)八幡宮の名の由来
  ◆平家に追われていた源義経は、平家から逃れるために
   奥州平泉の藤原秀衡のもとへ向かう。
   奥州に出発する前に、義経はこの神社に参拝して道中の安全祈願をする。
   そこから門出→かどで→首途となり、
   首途八幡宮と呼ばれるようになった。
  ◆平家追討の門出として、この神社に宇佐八幡宮の神様を勧請したのが
   由来とも言われる。
**************************************************


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑お気に召しましたらポチッとお願いします!
  いつも励みにしています♪








【場 所】 京都市上京区智恵光院通今出川上ル桜井町102-1
【最寄駅】 市バス「今出川大宮」
【H P】 首途八幡宮のHPを表示
【地 図】 地図を表示
スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (上京区)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。