123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-02-27 (Sun)
 【宗 派】 臨済宗妙心寺派 
 【本 尊】 釈迦如来坐像
 【創 建】 1616年
 【開 山】 夬室智丈(かいしつちじょう)




妙心寺塔頭の海福院は、普段は非公開のお寺ですが、
「第45回 京の冬の旅」で26年ぶりに一般公開されました。



小さいお寺ですが、昔は等持院の現・客殿がここに建っていたそうです。
では本堂の見どころを紹介させていただきます。


◆蘆雁の間
   普段は何の変哲もない普通の部屋なのですが
   押入れの中にはお茶の道具が仕込まれており
   襖を開ければ茶室としても使えるという面白い仕組みがあります。
   妙心寺ではお茶は修行の妨げになると考えられていたので、
   こんな風に押入れに隠されていたのかも・・・・という話でした。

   また、茶釜が置かれている炉は通常四角い形をしているのですが、
   海福院の炉は丸い形をしていて、非常に珍しいものだそうで
   京都でも丸い炉が残ってる寺は数箇所しかないそうです。


◆福島正則の槍
   福島正則は「賤ヶ岳の七本槍」として知られていますが、
   賤ヶ岳の戦いで副島正則が敵の首を討ち取った槍が、
   今も海福院に残されています。
   この3mほどの大きな槍を振り回せたというだけでもスゴイ!!
   福島正則がどれだけ勇猛な武将だったのかがうかがえます。
   賤ヶ岳の戦い以降、福島正則はその槍をもってどんどん出世していきました。


◆狩野探幽が怒られた!猿回しの図
   海福院には、妙心寺法堂に雲龍図を描くため、狩野探幽
   寝泊りしていました・・・・・が、ある日
   住職が寺を留守にした時に探幽はやらかしてしまいます。
   あろうことか、

   酔っ払って新調したばかりの襖絵に墨で落書きしちゃった(爆)

   しかも金箔が貼られた超豪華な襖絵に!!!
   それが今なお襖に残る「猿回しの図」です
   当然、探幽は帰ってきた住職にボロクソ怒られましたとさ。

   また、何代か前の住職が猫好きで猫を飼っていたのですが、
   猫が襖をブチ抜いてしまったため、襖の下の部分は模様が消えてたりします。


円山応挙もここに来ていたようで、応挙作の6代目住職の肖像画や、
手水鉢が残されています。



福島正則の菩提寺だけあって、福島正則関係の品が多く残っていました。
(血痕付の陣中杯とか、肖像画とか、書状とか・・・・)

庭の向こう側には福島正則と家臣のお墓もあります。
福島正則の墓は全国に5ヶ所ありますが、そのうちの1つがここの墓です。
孫が公家と結婚したとのことで、墓地は武家の墓と公家の墓が
入り混じっていました。


今回の一般公開は26年ぶりとのことで
この機会を逃したら、次は何年先の公開になるやらわかりませんので
拝観するならこの機会を逃されませんように!
公開期間は2011年3月21日までです!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑ランキング参加中☆
  よろしければポチッと投票お願いします♪

【場 所】 京都市右京区花園妙心寺町54

【最寄駅】 市バス「妙心寺北門前」「妙心寺前」
       JR「花園」

【地 図】 地図を表示

【時 間】 2011年1月8日~3月21日(10:00-16:00)

【拝観料】 600円

スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (右京区)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。