12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-06-22 (Wed)
山鉾紹介第9回は祇園祭でも注目の的になる、函谷鉾(かんこくほこ)です!


やっぱり鉾は大きいしひときわ華やかなので、鉾の周辺は常に人だかりです。


鉾のテーマ
  ◆中国の孟嘗君は秦の宰相をしていたが、陥れられて秦を逃げ出すことになる。
   秦から逃げるにはいくつかの関所を通過しなくてはならないが
   その中の函谷関は一番の難所だった。
   しかし、函谷関が鶏の鳴き声で開くことを知った孟嘗君は、
   食客に鶏の鳴き真似をさせて函谷関を通過した・・・・・という場面
  ◆鉾の先端は、函谷関から見た暁の山を表わす
  ◆天王人形は、孟嘗君が函谷関から月を眺めている姿を表わす。


稚児人形・嘉多丸
 

  ◆天明の大火で焼失した函谷鉾はなかなか復興できずにいた
  ◆天保10年に鉾が復興
   復興後初の稚児に左大臣の息子・一条実良を稚児として乗せるはずだったが
   健康上の理由で無理になり、代わりに人形(嘉多丸)を乗せることになった。
  ◆嘉多丸は一条実良の等身大


函谷鉾の風習
  ◆宇多野の龍源寺に墓参りに行く
    → 明治時代、鉾で見物人をひいて死亡させたので
      戒めのために現在も墓参りを続けている
  ◆祇園祭が安全に行われることを祈願しに、愛宕神社にお参りする。


宵山の様子
  ・・・・実は写真がないのです(TωT)
  函谷鉾は駅から近く混雑するので「写真は後で撮ろ~」と後回しにして
  結局毎年写真を撮るのを忘れて帰ってたことに、今気付きました(汗)
  フォルダ見て函谷鉾の宵山の写真が1枚もないことに仰天・・・・


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑ランキング参加中☆
  励みになるのでよろしければポチッと応援お願いします♪

スポンサーサイト
Theme : 京都 * Genre : 地域情報 * Category : 祇園祭
* Comment : (3) * Trackback : (0) * |

造詣の深さに敬意です。 * by すま海岸
〉管理者さん

はじめまして。

 神戸市在住のすま海岸と申します。

今年5月だったか「葵祭」の由来探しでネット辞書を検索したら、管理者さんの日記ブログが近く
にあり、分かりやすい解説を拝見させて頂きました。

有難うございます。
私は祭りの由来と申しますか、祭りの有り様や、様式に現れる異国の文化、そして文化の伝播に面白さ興味を感じます。
こう申し上げは致しますが、私はただの素人でございます。
その道の学者さんでも研究者さんでもございません。

例えば現在ご説明中の祇園祭を拝見させて頂きますと、
中国文化の伝播、影響を強く受けている様に思えますがいかがでしょう。

うる覚えですが、いにしえの京都文化は、中国仏教のふたつの流れだったか、仏教と儒教のふたつの流れとかで形成されてきたと、何かの本で読んだことがあります。

管理者さんの古都京都の祭りのご説明はそのことを裏付けるように思えるで、興味深く面白く感じる次第です。

又、単純に平安時代や明治の服装(大原何とか祭り)にその時代が偲ばれて、
「へぇ!その昔はこんなだったんや」と興味をそそられます。

お話しの角度は違いますが、葵祭の率直かつ軽妙なご感想など

続 敬意 * by すま海岸
〉管理者さん

続きです。

 お話しの角度は違いますが、葵祭の率直かつ軽妙なご感想など、
「京都在住でなおかつ由緒も歴史もてんこ盛り・・・云々」とかあっぱれお見事と敬服しました。

又、お便りを寄せさせて頂いてもよろしいでしょうか。

「大原何とか祭り」は改めて拝見すると、京都大原時代行列でした。

失礼しました。

* by さくゆずき
Re → すま海岸様

長らく放置していたにも関わらず、コメントを賜りましてありがとうございます。
実際のところ、すま海岸様が仰られるほど深く何かを考えていないので
なんだか恐れ多いですねー;
すま海岸様が「ただの素人」であれば、私なんかは「筋金入りのド素人」
といったところでしょうか。
もう本当になんとなく京都の雰囲気が好きでフラフラ歩いてるだけなんですよ。
ここで書いてることも、駅においてあるフリーマガジンや、立ち読みした本に
書いてあったこと、たまたま話しかけてきた地元の人から聞いた話などを
さも自分の知識として吸収してるかの如く書いただけのことですしね。
でもこんなブログを楽しんでいただけたのでしたら幸いです。
更新は気まぐれですが、よろしければまたご覧ください。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。