123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2013-06-08 (Sat)
宇治の縣神社で行われるお祭りと言えば、暗夜の奇祭「縣祭」
こちらは真夜中に行われるので、大阪から・・・しかも 勤めながら見に行くのは
至難なお祭りなのですが、 縣祭のラストの神事・大幣神事を見に行ってきました。


縣神社には「良縁」「安産」のご利益があるとのことですが、
こちらに祀られてる木花開耶姫(このはなさくやひめ)の逸話を聞くと
「良縁」のご利益があるかはすっごい疑問です。

 【サクヤ姫の出産劇】
   サクヤ姫はニニギという神様と結婚して妊娠しますが、夫のニニギは
   「え?1回寝ただけで妊娠?!それホンマに俺の子なん??!」
   サクヤ姫の浮気を疑います。
   サクヤ姫は「浮気を疑うんやったら、今からこの小屋を燃やして
   火の中で出産したるわ業火の中でも無事に生まれたら、
   神の力を持つアンタの子やで!!その目でよく見とけ!!」
と、
   燃え盛る小屋の中で見事に出産して、浮気の疑いを晴らしました。

こんな話なのですが(詳しくは「古事記」をご覧ください)
安産のご利益はともかくとして、

ニニギ、最低じゃね? って思うのは私だけ?・・・・良縁???



10時から神事が30分ほど行われます。
ああ・・・・待ってる間は紫外線チリチリ。今日は暑かったですねー



10時30分頃、巡行が始まります。
これが今回の主役の大幣
神主さんがお祓いで使う祓串の巨大版みたい。梵天ともちょっと違うのかな?



大幣神事の巡行ルートを繋ぐと三角形になっていて、巡行することで
三角形の結界を張り疫神を閉じ込めるんだって。
隣にいた人の会話を盗み聞き~♪
周囲に小さな御幣を持ってる人がいて「御幣ください」と声をかけると
ちぎって分けてもらえますよ☆



三角形の頂点にあたる場所それぞれでお祓いの儀式を行います。
最後に縣神社に戻ってきた時に、疫神をひっつけた大幣を3回まわして
地面に叩きつける
のですが、それを見ていたら祭のハイライトを 見逃すことに
なってしまうので、巡行列とはここでしばしお別れしました。



で、1時間ほど時間があるので商店街をブラブラしてましたらば

なんとまたしても


ツバメのヒナを拾いました!!!

1月にオカメインコ
5月にスズメ
そして6月にはツバメとは、本当に小鳥とのご縁が深いようで(笑)


さすがに夜までずっとヒナを手に持って観光するわけにもいかんので
巣の近くにあった丸五薬品さんに脚立を借りに行き巣に戻しました。
まさかここをご覧になってるとは思いませんが
丸五薬品の店長さんにはお仕事中にも関わらずご協力いただいて感謝感謝です


そういえば7年ほど前にも宇治でケガをして瀕死のメジロを拾いました。
警察に行って動物病院の場所を聞いてる間にメジロが死んでしまって、
宇治川のほとりで号泣したのも懐かしい思い出だなぁ。



ツバメを巣に戻してほっとしたところで11時45分、いよいよお祭りのハイライト。
「ワッショイ!ワッショイ!」と掛け声をかけながら 大幣をひきずり全力ダッシュしてきます!!!



ぬおーー!!一瞬で通りすぎたーーー!!
ちなみに大幣を引きずっている彼らを後を馬が追いかけてきてるのですが
そこを見てたらさらに大事なシーンを見逃してしまうので
大急ぎで宇治橋に移動しますっ!!!



追いついたと思ったらすでに大幣が持ち上げられて・・・・・



そのまま橋の上から宇治川にドボン!!
疫神をひっつけた大幣を叩きつけて、引きずりまわして、川へ投棄。


これが大幣神事です!!!


川に落ちた大幣を見ようかと思いましたが、宇治川の流れは速く
信号待ちしてる間にはるか遠くまで流されてしまってました。
なんか怒涛の勢いやったなぁ。


スポンサーサイト
Theme : お祭り&行事 * Genre : 地域情報 * Category : 行事&イベント
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。