123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-02-16 (Sun)
2月14日の雪は凄かったですね。
でも私は・・・
雪のおかげでえらく忙殺されるハメになったにもかかわらず、
ようやく仕事が終わってみりゃ雪が全部溶けていて

全然雪で遊んでないっっ!!(TAT)

こんなん納得できるかぁっ(ノTДT)ノ
そうだ、大阪であんなに雪が積もったんだし、
京都ならもっといっぱい積もって、今日もまだ雪景色が残ってるかも・・・・

と、雪見たさに朝っぱらから京都にいざ出陣!!!

・・・・したのに

京都も雪の名残ゼロ(゜Д゜)

くそったれぇぇぇーーー!!!(ノTⅢT)ノ
ええい、ここまで来て引き下がれるかってんだ!
アタイは行くわ。
きっと平地よりは雪が積もっているであろうあの場所、
鞍馬寺へ!!


予想的中で鞍馬寺にはめっちゃ雪が残っていました(≧∀≦)
が、
鞍馬に到着するなり雨ザーザー・・・・・傘買っといてよかった。


屋根から落ちた雪が山のようになってます♪


ワクワクの瞬間。新雪にペトッ(≧∀≦)
嬉しくなってさらに雪の上に立ってみましたらば、その瞬間
ズボボボボボッと太股まで足が埋まってしまって残念なことに


ここまで来たんだから、奥の院まで行ってみたくなるのが人情。
入口に「凍結していて大変危険な状態です」との注意書きを無視して
ズンズン進みます。アホだから。


歩けど歩けど誰もいない山の中。
静寂が空間を包んで、たまに聞こえるのは鳥の鳴き声と雨の音のみ。
・・・・だんだん心細くなってきた(;A;)

ちなみに家を出た時はフラッとそのへんのお寺を観光する気でいたので、
私の装備はファッションスニーカーという、雪山を歩くと思えぬ超軽装。
持ち物は財布・傘・カメラのみなのが不安感を煽ります。
お腹すいたよぅ・・・・喉渇いたよぅ・・・・

 
義経の背比べ石まで来たところでようやく人の姿がっ(*T▽T*)
このドシャ降りの雨の中、私以上の軽装で傘もささずにズブ濡れで歩く
賑やかなギャルズの姿にホッと一安心。
義経堂まで行くと結構人がいてました。


上りよりも下りのほうが大変ですね。
階段の1段1段に深い水たまりが出来てるし、
水たまりを避けると凍結した雪でスッ転びそうになるし・・・・(泣)
右手に傘、左手に手すりを握り締め、靴に水が染みないように歩くのは
相当筋肉を使うようで、途中からは生まれたての小鹿の如く、
足がプルプルガクガクしてました。
でもこんなところで転んだら、尻がドロドロになるのは必至なので頑張るしかないっ!!


ヨレヨレになりながらも奥の院に到着。
でも既に参拝する気力も尽きて通り過ぎただけです(笑)
最初こそ自然パワーに癒されてたけど、自然に奪われた体力のほうが
精神的癒しを上回りました!

って、え?
ここから貴船神社までまだ400m近くもあるの?!!(゜Д゜;)
心がボッキリ折れそうヨ?!


ヒィヒィと山を下りてきて、貴船が見えてきた時の喜びはどんなにか!!!
ああ・・・・
縁結びで有名な貴船神社の神様に、この悪路の中でもエスコートしてくれるような
素敵な王子様と巡り合わせて下さいとお祈りしよう。


スポンサーサイト
* Category : 京都観光日記
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

* by みりおじ
相変わらず、行動力には頭が下がります。

雪の中、一人(?)山道をとなると心細かったと思いますが
貴船神社の御利益、きっとありますよ!

Re → みりおじ様 * by さくゆずき
返信が遅くなりました;

行動力というよりは、ただの考えなしです(笑)
今冷静に振り返れば雪山を普段街中を歩く時の格好そのままに歩くって
なかなか無謀なことしてんなーって思いました;
この頑張り(?)が貴船の神様に伝わればいいのですが・・・・

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。