123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-07-12 (Sat)

ただ今、山鉾町では鉾建てが行なわれていて、着々と宵山の準備が進んでおりますvv
巡行では見られない骨組み部分やけど、縄の結び目もまた芸術的!


14時、函谷鉾から鉾の試し曳きといいますか「鉾曳き初め」が行なわれます。
若い頃は鉾曳きたさに炎天下の中、1時間前から待ち続けるという根性を
見せておりましたが、おばちゃんとなった今そんな体力気力があるはずもなく
5分前に行きました。当然やけど曳けませんわな~


狭い通りで行なわれる菊水鉾の鉾曳き初めはこんなド迫力の光景です。


あう、電柱に激突!!


私も鉾曳きに混じり込むことができたぁ(≧∀≦) 棚ボタ♪


でも何と言っても注目度が高いのは生き稚児を乗せて巡行のトップを行く長刀鉾!
あんだけいろんなところでテレビカメラが撮影してたのに、結局ニュースで使われるのは
長刀鉾の映像だけやしな(゜A゜;)
ここは人の数が半端なくて縄に近寄れもしなかった;
長刀鉾を曳くには他の鉾曳きを諦めて、長刀鉾の前で待ち続けとかなあかんね。


泰平の舞、近くで見ると恐ろしい角度です。
落ちる、その角度、手離したら絶対落ちるっっ!!
どーでもいいけど、
私の後にいたカップルが「花魁かわいいなぁ」とつぶやいてるのに
「吉原か!!」と心の中でタカアンドトシがひたすら叫んでいた。
稚児です。稚児なのですよ。


信号を折りたたむのも祇園祭ならではの光景。
スポンサーサイト
* Category : 祇園祭
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。