123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2008-03-23 (Sun)
yata04.jpg
寺町通り商店街にあるお寺。
提灯の灯りに赤っぽく照らされ、ちょっと幻想的な感じです。



ここのお寺でまず注目したいのは代受苦地蔵
ナント、地獄の火に焼かれてるお地蔵様なんです!
伝説はこうです。

昼は宮中で働きながら、夜は地獄の閻魔大王に仕えてた
小野篁(おののたかむら)という人がいました。
ある日、篁は閻魔大王を三熱苦という苦しみから助けてあげようと
人間界から満慶上人を地獄に連れていきました。
上人は見事、閻魔大王を苦しみから救い、閻魔大王はお礼として
上人に地獄を見学させました(←地獄見学ってお礼になるんやろか??)
そこで上人は地獄の炎に焼かれながらも働く生身のお地蔵様に出会います。
その姿に心を打たれた上人は、人間界に戻ってからお地蔵様の姿を
彫らせました。


・・・・・という話です。


さすがに本尊に「ハイ、ポーズ♪」と写真を撮るわけにいかないんで、
拡大写真なんですけど、炎があるのがわかりますでしょうか?
もともと炎は背中に背負ってたらしいんですけど・・・・取れたんですかね??
地獄で苦しむ人を救うお地蔵様だそうですよ。
身にやましいことがある人は生きてる間にお参りしておきましょうね(笑)
できれば地獄でお会いすることがありませんように・・・・・



ぬいぐるみのお地蔵様(500円)がいっぱいです。可愛い~vv
こんだけ沢山奉納されているあたり、現世の人にもご利益アリなんかな?



矢田寺のもう1つの見所は送り鐘です。
死者の魂をあの世に送るための鐘で、8月16日にはたくさんの人が
お参りするんでしょうね。
送り鐘の反対で、六道珍皇寺には「迎え鐘」っていうのがあるんですけど
やっぱり8月の「六道まいり」の日には、ものすごい人数の人が
鐘を突きに集まってました。


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
 気付けばランキングが3位になっててビックリです!
 本当にいつも応援していただいてありがとございます(≧ω≦)


【宗派】 西山浄土宗
【山号】 金剛山
【場所】 京都市中京区寺町通三条上る天性寺前町523
【URL】 寺町通商店街ホームページ
      http://www.teramachi-senmontenkai.jp/
スポンサーサイト
* Category : 観光名所 (中京区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。