123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2013-07-14 (Sun)

辻利で抹茶スイーツを食べて大満足で店を出たら、いきなりの大雨!!
だもんで急いでビニールパンプスを買いに新京極まで走ったのですが
すぐに止んで晴れてきました。

01_20130713235637.jpg 
それでも雨のせいでしょうか、14時からの久世駒形稚児の八坂神社参拝は
少し早めの13時45分に行われました。
早目に来ておいてよかったぁ~~

03_20130713235640.jpg 
久世駒形稚児は祇園祭の神幸祭と還幸祭で、中御座のお神輿を先導するお稚児さんです。
隣で 「あれはね、1人は長刀鉾の稚児で1人は予備の稚児なんだよ」 
全くのデタラメうんちくをドヤ顔で得意気に語っていたおじさんに

「全然違げーよ!!(ノ゜Д゜)ノ」

と、ツッコミを入れたくてずっとムズムズしてました(笑)


02_20130713235639.jpg 
今年の久世駒形稚児は初の双子ちゃんです!!
めっちゃ似てるーーo(≧∀≦)o

04_20130713235641.jpg
本殿の前というベストスポットに入り込めました。
お稚児さんが本殿に入る場面もパチリ☆


なーんて、不謹慎なことをやらかして神様の不興を買ってしまったのでしょうか??


05_20130713235634.jpg 
神事が始まったら、突然激しい雷雨に!!

楼門の下に避難したものの、近くにバリバリバリバリーーッッ!!って雷が落ちるし
排水口の水が溢れ出して楼門に流れ込んできたので、雷が鳴り響く中で
外に飛び出すハメになるし、散々でした( ̄☐ ̄;)
あ、でもビニールパンプス買っといて良かったぁ~~


06_20130714001635.jpg 
不思議なことに儀式が終わってお稚児さんたちが出てくると雨は小降りに・・・・
神事はつつがなく終了しました。


07_20130714001633.jpg 
これだけの衣裳が雨でズブ濡れにならなくてよかったです。
お稚児さんたちは長い神事にちょっと疲れ顔(^-^)

Theme : お祭り&行事 * Genre : 地域情報 * Category : 祇園祭
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-07-13 (Sat)
ただいまです!祇園祭から帰ってきました!!
いやぁ~
まだ宵々山にすらなってないというのにこんだけHP消費するとは
予想以上でした。いやいやたとえHPがゼロになっても
MPが無限回復できるのが祇園祭ですので、テンションだけで乗り切ります!!


そして前日の宣言通り、まず見に行ったのは長刀鉾稚児社参
長刀鉾のお稚児さんが「正五位少将」という10万石レベルの大名と
同じ格式の身分を八坂神社の神様からいただくための参拝です。

が、

家でまったり過ごしてたら八坂神社にお稚児さんが到着する時間に間に合わず
すでに儀式は始まっていました。
仕方ない。儀式が終わるまで大人しく待ちます。


私が立ってる場所から見える提灯、
見え方が中途半端である故に
気になって仕方がない。
本当の会社名が見えそうで見えない
チラリズム・・・・( ̄ω ̄)

まあ、どーでもいいことです。












あ、そんなアホなことを考えてる間に儀式が終わったようです。
禿(かむろ)さんが出てきました。
遅れてきたにも関わらず、以前見に来た時の経験をふまえて
まんまと最前列に躍り出ることができましたよー!フッフッフッ♪
立っていい場所と悪い場所を把握するのが重要なんだゼ☆



な~んて偉そうな事を言っておきながら、肝心の稚児が上手く撮れずです。
おっちゃんバッチリ被った~(笑)


こうなれば楼門から稚児が出てくるところだけでも押さえたい!!


といっても、私がいる場所にはロープが張られてるので楼門に行けない・・・・
かと言って神社の人が制止するのを無視してロープをまたいで追いかけて
いくような人の真似はしたくない。
なので


全速力で走りました!!



お稚児さん達は楼門の外に出るのに間に合うように!
されど神社の言いつけは守りつつ!!
ドワーーッ!!と坂を登って、ズシャーーッッ!!と坂を下って、
楼門の前に辿り着いた時にはすでに虫の息(/_ _)/
あのあたりの地理をご存知の方にはこの疲労感がわかるはず!!
・・・・これだけの頑張りを仕事に発揮できたなら、今頃社会に貢献する
人間になれてたはずなのに。



なんとか記念撮影と出発には間に合いました!
今年のお稚児さんはキュートな笑顔が多くてベリグーです



さて、これから長刀鉾町会所にでも帰るのかな??と思いきや
楼門の隣にある二軒茶屋中村楼に入っていきました。近っ!!
まあいいや。
見るものは見たし、次は「辻利」に行こ~っと♪



目的は鉾と曳山をモチーフにした祇園祭限定メニュー「都路里のされい」
3連休で行列もえげつないのでは??と思われるかもしれませんが簡単です。
辻利はみんながお昼ごはんを食べる時間帯に行けば待たずに入れるんです!!
お昼に甘味を食べて、昼ごはんをおやつ時に食べても結局は同じことだもんね~

美味しい抹茶スイーツを胃袋にチャージして、午後からも祇園祭を楽しむぞーー!!


Theme : お祭り&行事 * Genre : 地域情報 * Category : 祇園祭
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-07-13 (Sat)
さぁさぁさぁ!!
今頃は四条烏丸周辺に山鉾が立ち並んでる頃でしょうか??
いよいよ祇園祭が盛り上がってきましたよー(≧∀≦)
もうここ最近は寝ても覚めても仕事してても心は祇園祭!!(オイ)
夢の中ではもう既に2日間も宵山に行ってきました(笑)


で、予習編のラストを飾るのは伯牙山



御神体人形の伯牙(はくが)は、中国の楚の国の琴ひき名人
だからでしょうか、伯牙山の飾りはすべて中国的です。



でも、伯牙がひく琴をよく理解してくれた琴聴き名人の友達が他界してしまいます。
嘆き悲しんだ伯牙は、

もう二度と琴なんてひくもんかぁーー!!!(TДT)

と、琴を斧で叩き割り、二度と琴をひかなかったという故事があります。
伯牙山はまさに琴を叩き割ろうとする伯牙の姿を表わしています。
「琴割り山」という名前でしたが明治時代に伯牙山に改名されました。
 

余談ですが、他の山鉾は組み立てにワラの縄を使って毎年使い捨てにしてますが
伯牙山だけは麻縄を使い、使用後は丁寧に手入れして来年も使っています。

でも他の山鉾が使用済みの縄をそのままゴミとして捨ててるかと言えば
それは「NO」です。

山鉾建てに使用する縄の長さは山鉾1基に対し約5km
軽トラック2台分の縄が廃棄されることになるので、それはもったいない!!
なので、九条ネギを栽培するわら底として農家で再利用されているようです。
世界遺産でもある祇園祭にはゴミ祭ではなくエコ祭であってほしいですね♪


そして、本日13日の行事は下記の通り!

 長刀鉾稚児社参 (八坂神社 11:00)
 久世駒形稚児社参 (八坂神社 14:00)
 鉾曳き初め (15:00~ 北観音山・南観音山・放下鉾・船鉾・岩戸山)
 会所飾り (完了してるところもあれば、今日から飾りつけに入るとこもある)

鉾曳き初めは誰でも参加できるので、山鉾を曳く貴重な体験ができますよ!
中に曳き初めの時に山鉾搭乗券が配られるところもあるので、
周囲の様子もよく観察してみるといいです。
人ごみにまぎれて搭乗券を配ってる人がいるかもvv
Theme : お祭り&行事 * Genre : 地域情報 * Category : 祇園祭
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-07-05 (Fri)

今回は恋する乙女必見の保昌山(ほうしょうやま)を紹介します!

01_20130705211051.jpg 
保昌山の主役は平井保昌(ひらいやすまさ)
パッと見た目 「わぁ!!梅の花がキレイ~♪」 ぐらいにしか思わないかもしれませんが、
この山が表わすシーンは情熱的な恋心!!


・・・・・なのですが、

私は保昌山を見るたび
女に骨抜きになった男のおバカさんな部分と、
そんなピュアな男心につけこむ女の小悪魔な部分が浮き彫りになった
なんだかシニカルな山だなぁ~と感じるのです( ̄▽ ̄;)



平井保昌は宮中に勤めていた和泉式部に恋をして猛アタック!!
すると和泉式部は保昌にこんなお願いをします。


「私のことが好きなら、紫宸殿の梅を盗んできてくれる?」

まあ、現代に置き換えるなら
「皇居に侵入して梅を盗んできてvv」ということです。
今なら見つかっても逮捕で済まされるでしょうが、昔は天皇の家に忍び込んだ挙句
梅を盗むなんて殺されたって文句は言えません。
それを考えると、どーゆー意図かはわからないけども
この和泉式部の発言が心底怖い・・・・


それでも恋する男もおバカさんなもので、

保昌ってばのこのこと梅を盗みにいっちゃったんです!!

保昌山が表わしてるシーンはまさに

02_20130705211048.jpg


「紫宸殿で梅盗んでる、なう。」

人形の後ろにある建物が現在も京都御所に残る紫宸殿です。
まあ、その甲斐あって保昌は見事、和泉式部と結婚することができました!!
なので保昌山のお守りは縁結びのご利益があるとされ、
ちまきには梅の花があしらわれています。

Theme : お祭り&行事 * Genre : 地域情報 * Category : 祇園祭
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2013-07-04 (Thu)
祇園祭で多くの人が買い求めるものと言えばちまきです。

端午の節句で食べるちまきとは違って食べられません
お札とかお守りとかそういった類のものですので、食欲から購入しないようご注意ください。
今日はそんなちまきにまつわる話を紹介します。

01_20130704001603.jpg
 

★ちまき作りと販売
 ちまきが販売されるようになったのは昭和22年から。
 祇園祭宵山の1ヵ月ぐらい前になるとちまき作りが始まります。
 上賀茂周辺の農家に委託してできたちまきを八坂神社で祈祷して、
 町内の人の手で飾りつけをしていくパターンが多いそうです。

 ちまきの総数は約20万本

 うち約10万本は販売用、残りは身内への配布用になるとのこと。
 値段にバラつきはあれど、大体700円~2000円ぐらいのものなので
 ちまきだけでも祇園祭で動くお金は相当なものですね。
 貴重な文化遺産を守っていくにはお金もかかります。


★ちまきイロイロ
 ちまきのご利益や装飾は各鉾町によって様々です。
 長刀鉾のちまきはやっぱり人気でさっさと売り切れてしまいますし、
 黒主山では本数限定で黒糖味の「食べられるちまき」が販売されるのですが
 大人気すぎてまだお目にかかったことがありません(>_<)
 ちなみに北観音山のちまきは非売品で身内にしか配られませんので
 激レアものです!!


★ちまき投げ
 滋賀県の大津祭では、鉾の上からちまきをばら撒く風習が残っていますが
 昔は祇園祭でもちまきを鉾の上から投げるということが行われていました。
 でも、昭和51年にちまきを取るのに夢中で鉾の車輪に轢かれる事故発生!!
 「投げる本数を減らす」「人の多いところでは投げない」という規制のもとで、
 ちまき投げは継続されましたが、昭和57年に事故が再発し
 ついに昭和58年にちまき投げが禁止されてしまったそうです(;ω;)
 昭和58年て私が生まれた年ぢゃないか!!
 マナー低下が目立つこの時代、もう復活することはないんでしょうねぇ・・・・


Theme : お祭り&行事 * Genre : 地域情報 * Category : 祇園祭
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。