12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2009-01-27 (Tue)
【祭神】 木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
【沿革】 平安時代初期は北山にあり、足利義満が金閣寺を
      建てた時に、綾杉の神木がある現在地に移された。
【ご利益】 安産、子授、家内安全、災難厄除、開運必勝、心願成就



わら天神宮は安産にご利益のある神社です。



祭神の木花開耶姫命は一夜で3人の子どもを妊娠した上に
火の中で出産したと言われる、なかなか壮絶な神様。
この神様に祈れば子どももスポーンと生まれそうな気がしますね( ̄▽ ̄)



賽銭箱の前には、安産祈願やお礼参りのよだれかけがいっぱい!
ミルクの缶も置かれてました。
どの子もすくすく育って欲しいなぁ。



わら天神が北山から移転してきた時、この地にあったとされる綾杉の神木
今残ってるのは根元だけとは言え、その迫力に圧倒されます!
めっちゃ太い・・・・



六勝稲荷社は試験合格のご利益があるそうですよ!
受験生はしっかり拝んでおきましょう!



【わら天神のポイント】
  ①わら占い

    お守りとして授けられるわらに筋が入っていれば男の子、
    入ってなければ女の子が生まれる
とする占い。
    もともとは神様にお供えする時に使われたわらの器から、
    わらの一部を持ち帰って身につけた風習からきているとか。

  ②安産までの道のり
    妊娠5ヶ月の戌の日に参拝して、安産のお守りや腹帯などをゲット☆
    妊娠9ヶ月9日に再び参拝し、授乳祈祷された甘酒をゲット!
    これで母乳対策もOKです。
    お礼参りはやっぱりよだれかけ?

  ③うぶ餅
    わら天神の名物菓子
    戌の日と、毎月9日には境内にうぶ餅茶店が出るそうですよ!
    私はこれを知らずに行って食べそこねてしまいました(TAT)
    (販売元:笹屋守栄 http://www.sasayamorie.com)

  ④清盛塚
    どこにあるのかわかんねーーーー!!!!
    地図で見たら最初の鳥居からスグの左手なのですが・・・・
    見つけられた方、どこにあったのか教えて下さい!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑観光のご参考になりましたらポチッとクリックお願いします♪

【場所】 京都市北区衣笠天神森町10
【最寄駅】 市バス「わら天神」下車
【HP】 無

Return

* Category : 観光名所 (北区)
* Comment : (0) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-10-29 (Wed)
【宗派】 臨済宗相国寺派
【山号】 北山
【本尊】 聖観世音菩薩
【創建】 足利義満
【開山】 夢窓疎石


日本国民でこの場所を知らない大人はほぼいないでしょう!
超メジャーな観光地、金閣寺でございますよ。やっぱりすごい人気ですね。
次から次へと大型観光バスが入ってきて、あっちもこっちもツアーの
団体さんでいっぱいです(国籍もいろいろ)



皆様金閣に目がいって注目してない(てか気付いてない?)感じですが
拝観券を買うまでにも、舟形石(写真左上)や鐘楼、江戸時代初期からある
イチイガシの巨木(※京都市指定天然記念物)なんかがあるんですよ!
・・・・・・と、一応存在を主張しておきます。



入ってすぐのところに見えました!教科書でもお馴染み、金閣です!
わ~ピカピカやー!ゴージャスやー!この金全部でおいくらやー?!
金の眩しさに圧倒されずにはいられません。



金閣は下から法水院、潮音堂、究境頂の三層構造。
法水院は遠目でかろうじて見えるけど、上の二層は
全く見えないのが残念!
写真集を見たら、壁は金ピカ・床は漆塗りでめっちゃ綺麗なんですよ~!



後ろの方から見たらこんな感じ。
突き出したところは昔、舟を停めてたところらしいです。
てことは、この池に舟を浮かべて金閣を眺めてたってか?!!
さすが3代将軍義満、大贅沢してますね!



解体修理が行われてた方丈も復活~!
以前見たのは解体前の方丈やけど、どこが変わったかわからない。
正解は杉戸絵が変わったらしい。
ちゃんと見てる人なら、きっとすぐ分かるんだろうなー。



陸舟の松。なるほど、陸の舟ですね!
もともと足利義満の盆栽だったのを移植したそうです。
えええええっ?!!!これが元盆栽?!盆栽ですって?!
いや~年月が経てば盆栽も見事な松に成長するもんですねぇ。



写真左上は「神雲」って場所らしいけど、何かはよく分からない。
しかも下に売店があるからよく見えない。
んで、右上の写真が義満がお茶を点てる時に使った水(銀河泉)で
下の写真が義満が手を洗った水(巌下水)なのです。
・・・・同じ水脈と違うん?使い分け??(´ω`;)




<写真左上>
何やら石仏が並んでいたのですが、日本人って不思議ですねー
石仏の前にある石のくぼみに小銭をシュートしようと必死ですよ。
皆小銭を投げていってます・・・・習性?
おかげで石仏の前は小銭まみれです(笑)

<写真左下>
龍門滝。真ん中にある石は「登竜門」になぞらえて鯉を現してるとか。
ちなみに登竜門ってのは、鯉が滝を登ったら龍になれるっていう
中国の故事です。

<写真右上>
白蛇塚。どんな由来があるのでしょう?

<写真右下>
夕佳亭の周りには人がいっぱい!
南天の床柱が有名なようですが、外観もいい感じの数寄屋造ですvv
ちょっと小高いところにあるので、昔はここから左大文字が見えたのかも。



不動堂の周辺は茶席や売店が並んで賑やかです!
さすが有名な観光地だけあって、お土産も種類豊富ですねぇ。
一休さんの絵馬は顔が印刷されてるものと、自分で描き込むものの
2種類が販売されてました。
なかなか秀逸な作品(?)がたくさんで、いい腹筋運動になりました(笑)


境内は紅葉だらけなんで、紅葉シーズンはオススメですよ!
ただし入るのにすっごい行列ですけどね;
去年はあまりの行列に入るのを諦めたぐらいです(^_^;)


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


【場所】 京都市北区金閣寺町1
【URL】 http://www.shokoku-ji.or.jp/kinkakuji/
【拝観料】 400円 (小・中学生300円)
【拝観時間】  9:00~17:00
【駐車場】 有

Return

* Category : 観光名所 (北区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-06-11 (Wed)
大田神社に行こうとして迷い込んだ深泥池(みぞろがいけ)。
一見どこにでもある池ですが、なんと国の天然記念物なんだそうです!


どこがどう天然記念物なのか

 ①氷河時代以来の動植物が生息中
 ②冷温帯にできるはずの高層湿原が、なぜか温暖帯の京都にある


植物についての詳しい知識どころか基本的な知識すら持ち合わせてないですが
案内板にこう書かれていると、なんだかスゴイんだなぁと妙に納得。
池の中央には、池全体の1/3の大きさを占める「浮島」が浮いてるそうなのですが
池が大きくてどこが中央だかわから~ん(´A`;)
浮島は14万年前から既に存在していたそうですよ!
古都の伝統文化なんて相手にならんほど長い歴史ですねぇ~


さてさて、ここからは背筋の凍る話をば・・・・・・


実はこの深泥池、京都の怪談スポットなんですって
貴船の奥深くに棲む鬼の出入口・・・・という伝説はさることながら
現代でも幽霊目撃談があって、池の北側の道は「幽霊街道」と言われてるとか・・・・


ヒーーーーッΣ( ̄Д ̄;;)
迷い込んだのが昼間でヨカッタ!


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪


【地図】
     
大きな地図で見る

Return

* Category : 観光名所 (北区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
個別記事の管理2008-05-19 (Mon)

上賀茂神社から少し歩いたところ、北区の住宅街の中に大田神社はあります。


上賀茂神社の境外摂社で、祭神は天鈿女命(あめのうずめのみこと)です。
小さな神社ではありますが、緑に囲まれて心地いい空気が流れています。


この神社で注目したいのが大田ノ沢のカキツバタ群落。
国の天然記念物に指定されている名勝です (※拝観料300円)

 神山や大田の沢のかきつばた ふかきたのみは色に見ゆらむ
                                       藤原俊成


このように五社百首に詠われていることから、この場所には平安時代から
カキツバタが咲き乱れていたと言われています。


カキツバタ群落の見頃は5月中旬から下旬にかけてです。
これは18日の写真ですが、ちょうど見頃でしたよvv


大田神社前では上賀茂神社の門前名物「やきもち」が
販売されていました。カキツバタを眺めながら食べる
やきもちはまた格別♪


にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
↑励みになりますので、お気に召しましたら
  ポチッとクリックお願いします♪




【場所】 京都市北区上賀茂本山
     
大きな地図で見る

Return

* Category : 観光名所 (北区)
Comment : (-) * Trackback : (0) * |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。